FC2ブログ
ブログ開設15周年
 2月7日をもって、このブログを開設してから、ちょうど15周年になります。
 細々とですが、なんとか続けてくることができました。いつも応援してくださる読者の方々には、あらためてお礼を申し上げたいと思います。

 ネットもすっかりSNS主体になってしまい、こちらのブログにコメントをくださる方もめっきり減ってしまいました。
 ホームページやブログがまだ主流だったころは、読書感想サイトや本の紹介ブログも沢山あり、賑わっていた印象がありますが、最近ではこの種のサイト・ブログも少なくなりました。
 ただ現在でも、まとまったレビューを読みたいとか、特定のジャンル作品を探したいとか、そうした用途に関しては、このブログもまだまだ需要があるのかな、という気もしています。
 また、このブログの方針として、古い作品やマイナーな作品の感想を優先的に上げるようにしてきました。ネットで探しても全然内容や感想が見つからない、といった珍しい作品の感想やレビューに関しても、多少お役に立てるのではないかと思っています。

 以前にも書いたと思うのですが、ここ数年、利用者の減ったホームページやブログサービスがまるごとサービスを終了してしまい、更新の止まっていたページがそのまま消滅してしまう、ということが続いています。
 そうしたページが消えてしまうのは、もったいないな、とよく思います。本に関しての文章は、時間が経っても古びるものはそんなにないと思うので、そうした更新の止まったページやブログも何らかの形で残していけないのかな、とはよく考えています。

 5年前、10周年を迎えたころから、ブログだけでなく、何か新しいことができないかと考え始めました。
 もともとブログでも中心的に取り上げていた怪奇幻想ジャンルを中心に据え、twitter上でのファンクラブ「日本怪奇幻想読者クラブ」を結成したり、オフラインの読書会「怪奇幻想読書倶楽部」で同好の士と交流したり、はたまた同人誌を何冊か作ったりもしました。
 いろいろ活動してみて思ったのは、怪奇幻想ジャンルのファン層は思った以上に沢山いるんだな、ということでした。ミステリやSFと異なり、このジャンルのファン層というのは、あまり表だってこのジャンルを愛好していることを公言しない(しにくい?)傾向にあるのかなという気もしています。
 twitterの「日本怪奇幻想読者クラブ」や、読書会「怪奇幻想読書倶楽部」では、少しながらそういう傾向を崩せたのではないかなと思っています。

 同人誌活動も含め、怪奇幻想ジャンル作品を広めることが個人的なライフワークになりつつあり、そうした面からも、これから新しいことができたらなと考えています。
 ブログも変わらず続けていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。


この記事に対するコメント
おめでとうございます!
15周年おめでとうございます!kazuouさんの膨大な知識量、記事を簡潔にまとめる文章力、SNSを使いこなしコンスタントに発信し続ける姿は驚異です!いつもとても参考にさせて頂いています。今はコロナ禍で、読書会もできない状態ですが、再開される日を心待ちにしています。今後とも、よろしくお願い致します。
【2021/02/07 12:52】 URL | hoshinoya #HfMzn2gY [ 編集]

>hoshinoyaさん
hoshinoyaさん、ありがとうございます。
ブログの方にコメントいただけると、ちょっと嬉しくなりますね。
もともと地道にこつこつと、がモットーでもありますので、これからも変わらず続けていきたいと思っています。
読書会もいずれ再開していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
【2021/02/07 13:08】 URL | kazuou #- [ 編集]


ブログ15周年おめでとうございます。わたしもブログを始めて14年弱になりますが、始めた頃にこのブログは参考になるなぁと思ったのが「奇妙な世界の片隅で」でした。TwitterやFacebookなど、色々な媒体はありますが、やはりブログなりの良さもあると思いますので、お互いに末長く続けられるといいですね。
ブログの更新が滞ってしまうのはともかく、運営会社がサービスを止めて、消えてしまうブログがあるのはわたしも残念に思います。ただ、みなさん、せっかくの書き溜めた記事なのに、なぜそのまま消すに任せてしまうのか、それも不思議なんですよね。もったいないことです。
【2021/02/07 21:23】 URL | sugata #8Y4d93Uo [ 編集]

>sugataさん
sugataさん、ありがとうございます。お互い老舗になってしまいましたが、長いこと続けられると良いですよね。twitterも随分使うようになりましたが、やっぱり長い文章は書きにくいなあ、というのが本音です(わざわざ、制限文字数に合うように文章削ったりとかしますし)。そういう意味で書き手にとっても読み手にとっても、ブログの需要はまだあるのかなとも思います。

ブログ・ホームページサービス消滅の際に、自分の過去のブログやページが消えても残さない人は結構いるみたいで(もう未練はないということなのかもしれないですが…)、内容のテキストだけでも残しておけばいいのにな、とはいつも思っています。
個人的な印象なのですが、エンタメ作品のレビューサイトやブログは、やっぱりその時代に刊行されたものが対象になっているのが多いのですよね。なので、いずれ古い時代(といっても数十年単位でしょうが)に刊行されたエンタメ作品のレビューを記したページも激減して、情報も手に入りにくくなってしまうような気もしています。
【2021/02/07 22:31】 URL | kazuou #- [ 編集]


15周年おめでとうございます!
怪奇幻想文学専門の数少ないブログとして10年近く拝読しておりますが、そのコンスタントな更新には頭が下がる思いです。
普段SNSでの発信が皆無な小生ですが、kazuouさんとあまり年齢が違わないことを昨年知って一念発起。『幻想と怪奇』に読者書評を投稿し、幸いにも掲載して頂くことができました。
私が荒俣宏氏や石堂藍氏の文章によってこのジャンルに深入りしてしまった如く、これからの若い世代が本ブログを善き導き手として読み継いでいくことを祈念しております。
【2021/02/07 23:34】 URL | 蘇民将来 #- [ 編集]

>蘇民将来さん
ありがとうございます。
このブログの更新も、日常生活の一部となりつつあります。長年続けていると、SNSなどでも、以前から見ていますというコメントを頂くこともあり、多少なりとも読書活動の参考にしていただけているのかな、という実感を抱くこともありますね。

書評が掲載されたのですね。おめでとうございます。僕の友人でも、50代、60代でもいろいろ活動されている方もおられるので、年齢的に何かをするのに遅すぎることはないと思います。

やはり若い世代の読者が増えないと、ジャンル全体が縮んでしまう、とは個人的にも危機感を抱いています。このブログが、そうした若い読者の参考にもなれば嬉しいところです。
【2021/02/08 12:26】 URL | kazuou #- [ 編集]


お久しぶりです。
15周年ですか。遠い目。
私もブログを始めて十年以上ですが、最近は家の都合(を言い訳にして)
ブログを全然更新していません。
ちょっと古い本の事を検索すると、kazuouさんのこちらがヒットすることが多いので、
こういった情報のブログは貴重です。

これからもよろしくお願いいたします。
【2021/02/14 18:58】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
振り返ってみると、本当にあっという間、という感じでした。
たまにブログのアクセスを調べてみると、古い記事を見てくれている人もいるようで、ちょっとは人の役に立っているのかな、と嬉しくもなりますね。
20周年を目指して地道に続けていきたいと思っています(それまでブログサービスがあるか分かりませんが…)

これからもよろしくお願いしますね。
【2021/02/14 19:05】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1249-dbb5858e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する