FC2ブログ
大殺戮!  ハリー・アダム・ナイト『恐竜クライシス』

恐竜クライシス (創元推理文庫) (日本語) 文庫 – 1994/11/1


 イギリスの作家、ハリー・アダム・ナイトの長篇『恐竜クライシス』(尾之上浩司訳 創元推理文庫)は、田舎町の人々が復活した恐竜に襲われるという、パニック・ホラー小説です。

 イギリスの片田舎で、農夫が正体不明の獣に襲われ惨殺されます。また、議員の息子、主婦やその娘など、犠牲者が連続するに及んで、地元で私設動物園を経営する資産家の貴族ペンワード卿は、事件は動物園から逃げ出したシベリア虎のせいであると発表し謝罪します。
 虎の射殺で幕を閉じたかに見えた事件でしたが、殺害現場の証拠隠滅など、怪しげな面を見て取った新聞記者パスカルは、ペンワード卿が何か秘密を隠していると感じ取り、彼の周辺を調査し始めますが…。

 復活した恐竜に人々が襲われる…というホラー作品です。序盤では、主人公の記者パスカルには謎の獣の正体が分からず、その秘密を探っていくわけですが、読者には既に恐竜が人々を襲っていることが明かされてしまっているので、そのあたりの謎解きの面白さはあまりありません。
 この作品の一番の面白さは、圧倒的な攻撃力を持つ恐竜が、一方的に人間を蹂躙していく、という部分にあります。この恐竜たちが本当に凶悪で、人間を餌としてしか見ておらず、生きながら食べられてしまったりする人たちも描かれます。戦おうとしても、鉤爪で攻撃されたらほぼ一撃で死亡してしまうという強烈さ。
 銃など、強力な兵器を使えば倒せないことはないのですが、それでも油断したらあっという間にあの世送りになってしまうのです。
 後半、ある理由で大量の恐竜たちが町中にあふれ出し、酸鼻を極めた展開になるのですが、ここは作者の筆も乗っていますね。彼らに襲われた人々が次々恐竜の餌食になっていく展開には、爽快感さえ感じられます。

 非常に面白いB級ホラー作品といえるのですが、残念なのは、主人公パスカルとその同僚で恋人のジェニーが、キャラクターとしての魅力に欠けるところでしょうか。特にパスカルの性格は、ひがみっぽく利己的なので感情移入しにくいですね。
 作品が始まった時点で、もともと恋人だった二人が、感情のもつれから別れかかっているという設定で、事件を通して二人の仲が元通りになる…という展開なのですが、この二人、どちらも浮気っぽく、作中でそれぞれ他の相手と浮気をしているのです。
 主人公カップルの恋愛パートがかなり下世話な感じになってしまっているのが目立つのですが、そもそも作品全体がB級に徹した作りではあるので、その意味では作品のカラーに合っているとはいえるでしょうか。
 逆に、パスカルの浮気相手となるペンワード卿夫人のジェーンは、その情熱的な性格から後半の物語を動かす原因ともなる人物で、このキャラクターの方が主人公カップルよりもよほど魅力的に描かれていますね。
 ただ、恐竜がこれでもかとばかりに暴れるシーンがたっぷり描かれており、それが主眼のお話ではあるので、人物描写部分が多少荒くとも、あまり欠点とはなっていないように思います。
 豪快なモンスター・ホラーがお好きな方にはお薦めしておきたい作品です。


テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1169-d759bae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する