FC2ブログ
神秘の世界  ジョージ・マクドナルド『黄金の鍵』
黄金の鍵
 ジョージ・マクドナルド(1824-1905)の短篇集『黄金の鍵』(吉田新一訳 月刊ペン社)は、著者の代表的なファンタジー短篇を集めた作品集です。

「巨人の心臓」
 トリクシィ=ウィーとバッフィ・ボブの幼い姉弟は、森の中の巨人の住まいに迷い込んでしまいます。そこには巨人の食事として太らされた沢山の子どもが囚われていました。 巨人とその妻との会話から、巨人の弱点である心臓が、山の中のめすわしの巣で守られていると知った姉弟は、それを探しに出かけることになりますが…。
 民話によく登場する「心臓や魂を別の場所に隠している話」のモチーフを使った物語です。囚われた子どもたちの様子を始めコミカルなタッチも目立ちますが、所々の描写は結構残酷なところが面白いですね。

「かるい姫」
 王の姉である魔女マケムノイトにより、姫は心と体の重さがなくなる呪いをかけられてしまいます。肉体が軽くなってしまうだけでなく、性格も軽薄になってしまうのです。ただ水の中でのみ重みを取り戻すことが出来るのを知った姫は、湖で泳ぐことを好むようになりますが、たまたま彼女を見かけた王子は姫に恋をしてしまいます…。
 全てが「軽く」なってしまった姫を描く物語です。肉体だけでなく心にも「軽さ」が適用され、軽薄で何事も真面目に受け取れなくなってしまう…というのがユニークなところです。
 最終的に姫は「重み」を取り戻すことになるのですが、王子と恋に「落ちる」のが、重力を手に入れるのとかけられているようなのが洒落ています。また姫が王子に助けられるのでなく、自らの意思によって自分が王子を助ける…という展開も面白いですね。

「黄金の鍵」
 虹の先端には黄金の鍵が見つかるという伝説にならい、少年コケオは黄金の鍵を発見します。一方、少女ミダレは妖精にさらわれて森の中で迷いますが、親切な老婆の家で成長し、コケオと出会うことになります。共に旅立った二人は鍵の合う鍵穴を求めて様々な体験をすることになりますが…。
 あらすじを述べると上のようになるのですが、それだけでは収まらない作品で、象徴的かつ硬質な幻想小説になっています。著者の独特の死生観が反映されており、いろいろな寓意も含まれているようです。一度読んだだけでは解釈の難しい作品ですね。

「招幸酒」
 スコットランドの谷間に父親と住む少年コリンは、父親の留守に知恵を絞り、小川の流れを変えて家の中を通るようにしてしまいます。その成果に感謝した妖精の女王はコリンのもとを訪れ、一つ願いを叶えてあげようと話します。
 彼らの中に取り替え子として妖精にさらわれた人間の少女がいることに気付いたコリンは、彼女を解放して欲しいと頼みますが、女王は交換条件として「招幸酒」を手に入れてくるようにと命令します。コリンは親切な老婆の助力を得て「招幸酒」を手に入れるための旅に出ることになりますが…。
 少年が「招幸酒」を手に入れるまでの冒険はハラハラドキドキ感があり、楽しい童話作品になっています。二部構成になっており、後半はコリンの息子が妖精の女王の復讐でさらわれてしまうという展開になっています。
 さらっと描かれてはいますが、妖精にさらわれた者たちの時間が人間の尺度では何年も経過している…というのは、よく考えると怖いところですね。また、妖精の身勝手さ・残酷さが強調されており、ユニークな妖精像の登場する作品になっているように思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1102-0d64bdf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する