FC2ブログ
不合理な物語  ディーノ・ブッツァーティ『怪物 ブッツァーティ短篇集Ⅲ』
怪物 (ブッツァーティ短篇集 3)
 ディーノ・ブッツァーティ『怪物 ブッツァーティ短篇集Ⅲ』(長野徹訳 東宣出版)は、著者の未訳短篇を集成する傑作集の第三弾にして最終巻です。前二巻に劣らず、秀作が集められています。

 腰の低かった男が豹変するという「もったいぶった男」、強大な兵器を開発した男を描く「天下無敵」、エッフェル塔の建造には隠された秘密があったという「エッフェル塔」、不健康で不幸な幼い子供の物語「可哀そうな子!」、戦争終結の知らせを受け村から若者たちを迎えにきた老人を描く「偽りの知らせ」、熱烈なラブレターを書こうとしている男がその度に邪魔され続けるという「ラブレター」、隠者から兄弟全員が同じ場にいると悪魔に命をさらわれると聞かされる「五人の兄弟」、海賊襲撃を防ごうとかっての有名な将軍を訪れると彼は小鳥になっていたという「最後の血の一滴まで」、手術のため一般人と一緒の病棟に入院した王の物語「イニャッツィオ王の奇跡」、生き別れた息子を見かけた父親がなぜかリンチにあってしまうという「挑発者」、突然二人の幽霊から話しかけられるという「二人の正真正銘の紳士―そのうちのひとりは非業の死を遂げた―への有益な助言」、ふとしたことから皇帝を批判してしまった男が密告を恐れ同僚に確認をして回るという「密告者」、幻想的な掌篇集「夕べの小話」、かかるのは政府の敵だけという官製インフルエンザの話を信じ込んだ男の物語「流行り病」、屋根裏部屋で怪物を目撃した家庭教師の女性を描く「怪物」など。

 どれも秀作ですが、中でも面白く読んだのは「エッフェル塔」「五人の兄弟」「イニャッツィオ王の奇跡」「怪物」などでしょうか。

 「エッフェル塔」は、本当は際限なく空まで建設するための塔だったという物語。熱に浮かされた男たちは、計画者が死去した後も建設を続けますが…。
 まるで「バベルの塔」を思わせる物語です。いつ終わるともしれない作業を繰り返す…というのはブッツァーティお得意のモチーフですが、諦念に満ちたその種の作品に比べて、この作品では、建設者たちが熱狂的に作業を続けるというのが面白いところですね。

 「五人の兄弟」は、父親が隠者から、五人の息子がそろっていると悪魔がやってきて命をとられてしまう、と聞く物語。話を聞いた息子たちは集まるのを恐れ始め、やがてそれが兄弟間の不和と恐怖をもたらしていきます…。
 信じ込んだ「事実」によって、人生を無駄に過ごしてしまう…という寓話作品です。

 「イニャッツィオ王の奇跡」は、手術のため、一般市民に混じって入院した王を描く物語。術後の痛みのため、毎夜うなり声を上げ続ける王に対し、病院関係者はうんざりしますが、逆に入院患者たちはどんどんと健康を回復していきます…。
 王の苦しみが一般人には救いになるという、逆説的な物語。超自然的な結末も印象的ですね。

 「怪物」は、家庭教師の女性がたまたま入った屋根裏部屋で異様な怪物を目撃するという物語。逃げ出した女性は周りの人間に訴えますが、信じてもらえません。しかしその部屋にはすぐに鍵がかけられ入れなくなってしまうのです。女性は周囲の人間を疑い始めますが…。
 「怪物」そのものの脅威を描くのではなく、それを通して周囲の人間や状況の不気味さを描くという、非常にブッツァーティらしい不条理小説です。結局、真相は明かされず、読者は置き去りにされると言うタイプの作品で、リドル・ストーリーとしても読むこともできますね。

 これで東宣出版の<ブッツァーティ短篇集>シリーズが完結したわけですが、三巻とも秀作・傑作揃いで、本当に面白いシリーズでした。小味な作品を集める、いわゆる「拾遺」的な作品集ではなく、代表作といってもいいレベルの作品が多く含まれた傑作集なのには驚かされます。
 訳者によれば、まだ未訳の傑作が眠っているそうで、そうした作品の企画も何となくあるようです。これは期待したいところですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1043-9b43e410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』を2019年8月に刊行しました(完売しました)。
「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」、同人誌『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』を盛林堂書房さんで通信販売中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する