FC2ブログ
2月の気になる新刊
2月6日刊 二階堂奥歯『八本脚の蝶』(河出文庫 予価1320円)
2月11日刊 マーガレット・ミラー『鉄の門』(創元推理文庫 予価1144円)
2月18日刊 ギルバート・キース・チェスタトン『チェスタトン ショートセレクション ブラウン神父 呪いの書』(理論社 予価1430円)
2月20日刊 ジーン・ウルフ『書架の探偵』(ハヤカワ文庫SF 予価1100円)
2月20日刊 イーゴル・デ・アミーチス『七つ目の墓』(ハヤカワ文庫NV 予価990円)
2月21日発売 『幻想と怪奇1 ヴィクトリアン・ワンダーランド 英國奇想博覧會』(新紀元社 予価2420円)
2月25日刊 オーブリー・シャーマン『ヴァンパイアの教科書 神話と伝説と物語』(原書房 予価2200円)


 マーガレット・ミラー『鉄の門』は、かって江戸川乱歩も褒めていたサスペンス長篇。邦訳はあったものの長らく品切れで、かなりのプレミアが付いていましたが、ようやく新訳刊行です。

 イーゴル・デ・アミーチス『七つ目の墓』は、「偽の墓に名前を書かれた人々が、その通りに残虐な死を遂げていく」というサスペンス作品だそうで、これはちょっと気になりますね。

 『幻想と怪奇1 ヴィクトリアン・ワンダーランド 英國奇想博覧會』は、昨年アンソロジーも刊行された怪奇幻想専門誌「幻想と怪奇」の復活版です。

 オーブリー・シャーマン『ヴァンパイアの教科書 神話と伝説と物語』は、ヴァンパイアの解説書。現代の文化まで広く網羅した内容のようです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1042-54302754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』を2019年8月に刊行しました(完売しました)。
「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」、同人誌『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』を盛林堂書房さんで通信販売中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する