FC2ブログ
最近観た映画と「怪奇幻想映画ベスト」
 最近観た映画について、感想をまとめておきたいと思います(といってもホラー映画ばかりですが)。


ハッピー・デス・デイ ブルーレイ+DVD [Blu-ray]
クリストファー・B・ランドン監督『ハッピー・デス・デイ』(アメリカ 2017)

 主人公が何度も同じ一日を繰り返すという「ループもの」に、殺人鬼と犯人探しの要素を加えた作品です。
 性悪なヒロインがパーティーの翌日に見知らぬ青年の部屋のベッドで目を覚ましてから、同じ一日がずっと繰り返されるという物語。しかも最後には必ず仮面をかぶった殺人鬼に殺されてしまい、その結果、もとの時間・場所に戻ってしまうのです。
 ヒロインの性格が悪いため、必然的に協力者はおらず、そのため何度も殺人鬼に殺されてしまいます。やがて自らの行動を振り返ったヒロインが改心しつつ、純粋に恋をするようになる…という流れは上手いですね。
 ループとはいいつつ、殺されるたびにヒロインの体にダメージが蓄積されていく…という設定も秀逸。無制限のループというわけではないのです。コメディ的な演出もありながら、ループの性質や殺人鬼の正体を探っていく過程はサスペンスたっぷりで楽しめます。



ハッピー・デス・デイ 2U ブルーレイ+DVD [Blu-ray]
クリストファー・B・ランドン監督『ハッピー・デス・デイ 2U』(アメリカ 2019)

 『ハッピー・デス・デイ』の直接的な続編になっており、ループから逃れたばかりのヒロインが再び同じ一日のループに巻き込まれてしまいます。面白いのは「平行世界」のアイディアを持ち込んでいることで、ヒロインが新たに巻き込まれたループ世界は、元の世界とは違う世界だったという設定。
 登場人物は共通しているものの、性格や行動が異なっていたり、人間関係も少しづつ異なっているのです。こちらの世界では、前作で主人公が殺される原因になった事件が起きておらず、それゆえ、前作と殺人鬼の正体が異なる…というのも面白い仕掛けです。
 結果として、前作を観ていると、先入観によるミスディレクションが発生してしますのです。主人公は元の世界に戻ろうとしますが、そこである葛藤に巻き込まれてしまいます。元の世界に戻るのか、今の世界にとどまるのか…? 主人公の決断がどうなるのかという部分も興味深く観れますね。
 一作目では、ループもの映画の名作『恋はデジャ・ブ』、二作目では、タイムトラベル映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイトルが作中で言及されるのですが、それらを含め、ところどころに過去のジャンル映画の影響やオマージュ的な表現が見られるところも面白いです。
 殺人鬼がかぶる仮面が、スラッシャー映画『スクリーム』の殺人鬼を思わせるなと思っていたら、デザインしている人は同一らしいです。
 わざとループさせるために主人公が自ら死ぬ…というブラックなシーンもありますが、基本コメディ調に展開される物語で、残酷シーンなども控えめです。ストーリーの面白さで見せる作品で、これはお薦めしたいですね。
 特に二作目は、一作目の内容自体を伏線とした話になっており、ミステリ好きの人にも楽しめる作品だと思います。



霊的ボリシェヴィキ [DVD]
高橋洋監督『霊的ボリシェヴィキ』(日本 2017)

 廃工場に集められた数人の男女、彼らは皆何らかの形で「死」に触れたことのある人間でした。子供の頃に数ヶ月神隠しにあったことのある由紀子は、婚約者に連れられて会合に参加します。彼らの目的はそれぞれの怪異を語ることにより「あの世」を呼び出そうというものでした…。
 基本的には「百物語」といっていいのでしょうか。怪を語ることにより怪を呼び出そうとする…というテーマなのですが、演出が斬新です。それぞれの登場人物の語りが回想シーンにはならず、ほとんど人物が話すだけ、という地味な展開なのですが、音響の上手さもあり、見ていて「怖い」のですよね。
 話と話の合間に、ふとした違和感や怪異現象のかけらのようなものが挟まれていくのが雰囲気を高めています。主人公由紀子の話を含め、正直なところ、物語の真相ははっきりわからないのですが、とにかくすごい作品を観た、という感覚があります。
 ネットの評を見てもあんまり指摘している人がいないようなのですが、これもしかしてアーサー・マッケンの影響があるんじゃないでしょうか。ところどころマッケン的なモチーフが現れるのと、「パンの大神」を思わせる部分もあります。
 幽霊や怪異の描写もあるのですが、基本的には地味な演出なので、明確なホラー映画を求める人には物足りないかもしれません。ただ「行間を読む」と、いろいろ面白い演出や展開にあふれた映画作品です。古典怪奇小説が好きな人にはすごく面白い映画じゃないでしょうか。
 タイトルもそうですが、突然歌を歌いだしたり、怖い話をしている最中に笑い出したりと、妙な「笑い」の要素があるにもかかわらず、全体としては「怖い」という稀有な作品です。
 シュールかつ前衛的なホラー映画で、観る人は選びそうですが、個人的には面白く観れました。



ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談 [DVD]
ジェレミー・ダイソン、アンディ・ナイマン監督『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』(イギリス 2017)

 幽霊現象を暴くのが仕事の合理主義者グッドマン教授が、失踪していた高名な同業者のキャメロン博士から連絡をもらいます。キャメロン博士は自分の仕事は間違っていた、心霊現象は全て存在すると主張します。
 懐疑的なグッドマンに対して、キャメロン博士は3つの超常現象の事件の調査を依頼しますが…。
 探偵訳の教授が3つの事件を順番に調査していくという、いわゆる「ゴースト・ハンターもの」風の展開なのですが、その後が斜め上の展開で、説明しにくいのですが、ここら辺の感覚、小説作品で言うとジョナサン・キャロルっぽいのです。
 この映画については賛否両論で、否定派が結構多いようですね。3つの心霊現象事件がありふれていて「陳腐」であるという意見もありました。でもこの映画、事件がありふれているのはわざとであって、それが結末につながっている感覚が強いのですよね。
 観ているときよりも、観終わって反芻すると評価がぐんと上がるタイプの作品です。ジョナサン・キャロル作品が好きな方とか、幻想小説とミステリとのハイブリッド作品なんかが好きな方は、すごく気に入る作品だと思いますのでお薦めしておきます。



人喰いトンネル MANEATER-TUNNEL [DVD]
マイク・フラナガン監督『人喰いトンネル』(アメリカ 2010)

 アメリカの田舎町、隣町に続く小さなトンネルのそばに住む主婦トリシアは、七年前から失踪した夫ダニエルをずっと探し続けていましたが、捜索をあきらめ死亡証明書を出してもらおうとしていました。そんな折、かって麻薬中毒だったトリシアの妹キャリーが数年間の放浪生活から家に帰ってきます。
 キャリーはジョギングの最中、トンネルで浮浪者のような男から助けを求められますが、そのまま走り去ってしまいます。トリシアは失踪事件の担当の刑事マロリーと恋仲になっており、お腹には赤ん坊もいました。
 マロリーとの新生活を始めようとするトリシアでしたが、日常生活のあちこちで、夫ダニエルの幻影が見えるのです…。
 中盤までは、失踪した夫をあきらめ、新しい恋人と生活を始めようとしている姉、麻薬中毒から更生した妹と、どこかシリアスなホームドラマのような雰囲気で話は進みます。その間に、モチーフにもなっているトンネルの不気味な描写がはさまれますが、あまり物語は進展しません。
 主婦トリシアがやたらと夫の幻影を見るシーンが挿入され、おそらく夫は死んでいるのではないかと思わせます。死者の幻影に悩まされる女性の話なのかなあと思っていると、中盤から意想外の展開に。夫の生死が判明するのですが、そこからが奇想SFのような展開になります。
 とはいいつつ、終始、派手なエフェクトもビジュアルもない低予算の作品で、あくまで登場人物たちの心理を地道に描いていくのがメインの作品になっているので、はっきりしたホラー作品を好む人には不評かもしれません。
 たぶんお話のネタとしては、ありふれたB級のそれなのですが、シリアスな演出や語り口で装い直した…というタイプの作品です。こんな語り口もあるんだ、という面白さがありますね。かすかなクトゥルー風味もあったりなど、見所のいろいろある作品だと思います。 地味ではあるのですが、面白い発想・演出の作品でした。



(r)adius/ラディウス [DVD]
キャロライン・ラブレシュ、スティーヴ・レナード監督『(r)adius ラディウス』(カナダ 2017)

 交通事故で記憶を失った男リアムは、近くの町を訪れますが、その町の住民は皆死んでいました。ようやく生存者を発見するも、彼が近づこうとすると、突如として目の前で死んでしまいます。やがて分かったのは、リアムの半径50フィート以内に近寄った人間は死亡してしまうということ。
 人間を避け家に隠れ潜んでいたリアムでしたが、家を訪れた女性が即死しないのを見て驚きます。リアムと同じく記憶喪失だという女性ジェーンがそばにいる限り、リアムの能力は抑えられることがわかります。二人はこの能力の謎について調べようとしますが…。
 なぜか近づくだけで即死してしまうという能力を持った男を描いたSFホラー作品です。記憶喪失の男が、人に助けを求めようとしてもどんどん目の前で死んでしまう…という序盤の情景はインパクト充分です。主人公の能力を抑える女性が登場してからは、いかに引き離されずに行動できるか、というのがポイントになります。
 殺人の容疑者となってしまった二人が警察に追われてしまう…という展開もお約束ながらサスペンスたっぷりです。説明不足なところもあるので好き嫌いは分かれると思いますが、アイディアの優れた面白い作品ですね。


 ついでに、以前に考えてtwitter上に公開した「怪奇幻想映画ベスト」を挙げておきたいと思います。オールタイムベストの他に、ジャンル別にいくつかベストを作ってみました。


顔のない眼 [DVD] サラゴサの写本 [DVD] ザ・チャイルド 30周年特別版 [DVD] ザ・ブルード/怒りのメタファー [DVD] サスペリア 4K レストア版 Ultra HD Blu-ray 通常版 ゾンゲリア [Blu-ray] ペーパーハウス/霊少女 [DVD] デモンズ ’95 -HDリマスター版- [Blu-ray] マウス・オブ・マッドネス [Blu-ray] アザーズ [DVD]
<怪奇幻想映画ベスト>
『顔のない眼』(ジョルジュ・フランジュ監督 1960)
『サラゴサの写本』(ヴォイチェフ・イエジー・ハス監督 1965)
『ザ・チャイルド』(ナルシソ・イバニェス・セラドール監督 1976)
『ザ・ブルード/怒りのメタファー』(デヴィッド・クローネンバーグ監督 1979)
『サスペリア』(ダリオ・アルジェント監督 1977)
『ゾンゲリア』(ゲイリー・シャーマン監督 1981)
『ペーパーハウス 霊少女』(バーナード・ローズ監督 1988)
『デモンズ'95』(ミケーレ・ソアヴィ監督 1994)
『マウス・オブ・マッドネス』(ジョン・カーペンター監督 1994)
『アザーズ』(アレハンドロ・アメナーバル監督 2001)


恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ Blu-ray イベント・ホライゾン デジタル・リマスター版 [DVD] ファイナル・デスティネーション [Blu-ray] -less[レス] [DVD] キャビン スペシャル・プライス [DVD] 恐怖ノ黒電話 [DVD] 私はゴースト [DVD] オキュラス/怨霊鏡 [DVD] ハウンター [DVD] パラドクス [DVD]
<奇想ホラー映画ベスト>
『恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ』(ジャック・ゴールド監督 1978)
『イベント・ホライゾン』(ポール・W・S・アンダーソン監督 1997)
『ファイナル・デスティネーション』(ジェームズ・ウォン監督 2000)
『-less レス』(ジャン=バティスト・アンドレア&ファブリス・カネパ監督 2003)
『キャビン』(ドリュー・ゴダード監督 2011)
『恐怖ノ黒電話』(マシュー・パークヒル監督 2011)
『私はゴースト』(H・P・メンドーサ監督 2012)
『オキュラス/怨霊鏡』(マイク・フラナガン監督 2013)
『ハウンター』(ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 2013)
『パラドクス』(イサーク・エスバン監督 2014)


たたり [DVD] チェンジリング [Blu-ray] インフェルノ [DVD] エンゼル・ハート [Blu-ray] スリーピー・ホロウ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] 回路 [DVD] 輪廻 プレミアム・エディション [DVD] フッテージ スペシャル・プライス [DVD] ジェーン・ドウの解剖 [Blu-ray]
<心霊・オカルトホラー映画ベスト>
『たたり』(ロバート・ワイズ監督 1963)
『リーインカーネーション』(J・リー・トンプソン監督 1977)
『チェンジリング』(ピーター・メダック監督 1979)
『インフェルノ』(ダリオ・アルジェント監督 1980)
『エンゼル・ハート』(アラン・パーカー監督 1987)
『スリーピー・ホロウ』(ティム・バートン監督 1999)
『回路』(黒沢清監督 2001)
『輪廻』(清水崇監督 2006)
『フッテージ』(スコット・デリクソン監督 2012)
『ジェーン・ドウの解剖』(アンドレ・ウーヴレダル監督 2016)


血みどろの入江 -HDリマスター版- [DVD] 影なき淫獣 完全版 -デジタル・リマスター版- [DVD] 悪魔のいけにえ 公開40周年記念版(価格改定) [Blu-ray] テラー・トレイン [DVD] 誕生日はもう来ない [DVD] シャドー -HDリマスター特別版- [Blu-ray] フェノミナ インテグラルハード完全版 デジタル・ニューマスター [DVD] アクエリアス -HDリマスター特別版- [Blu-ray] スクリーム [Blu-ray] ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]
<スラッシャーホラー映画ベスト>
『血みどろの入江』(マリオ・バーヴァ監督 1970)
『影なき淫獣』(セルジオ・マルチーノ監督 1973)
『悪魔のいけにえ』(トビー・フーパー監督 1974)
『テラー・トレイン』(ロジャー・スポティスウッド監督 1980)
『誕生日はもう来ない』(J・リー・トンプソン監督 1981)
『シャドー』(ダリオ・アルジェント監督 1982)
『フェノミナ』(ダリオ・アルジェント監督 1984)
『アクエリアス』(ミケーレ・ソアヴィ監督 1986)
『スクリーム』(ウェス・クレイヴン 1996)
『ミッドナイト・ミート・トレイン』(北村龍平監督 2008)

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

高橋洋監督はアーサーマッケンをこよなく愛してる方ですよ。
【2020/01/12 10:20】 URL | ノブ #- [ 編集]

>ノブさん
なるほど。そのようですね。そういわれてみると『恐怖』もマッケン的なモチーフの強い作品でした。
【2020/01/12 13:33】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1033-1aeab301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』を2019年8月に刊行しました(完売しました)。
「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」、同人誌『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』を盛林堂書房さんで通信販売中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する