FC2ブログ
2020年度新年のご挨拶
 2020年最初の更新になります。今年もよろしくお願いいたします。
 昨年は同人誌やグッズを作成したり、「文学フリマ東京」に出店したり、商業誌に記事を書いたりと、例年になく活動的な年でした。今年もその勢いでいろいろ新しいことができたらいいなと考えています。
 昨年から引き続き作成中の同人誌『海外怪奇幻想小説叢書ガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』に関しても、実際の刊行に向けて進めていきたいと思います。

 年末から読んでいるのは、フィリパ・ピアスの怪談集とイーディス・ネズビットのファンタジー作品。どちらも面白く、追いかけたい作家となりました。
 もともと子供の頃から児童文学系の作品にはあまり触れずに来た関係で、幻想小説系の作品に限っても年少向けの作品はたくさん読み残しがあります。このあたりの作品に関しても、追々読んでいけたらなと思います。

 毎年恒例ですが、年末の文学イベント「読んでいいとも!ガイブンの輪」で公開された各出版社の「来年の隠し球」リストと新年に公開された東京創元社の近刊ラインナップから、気になった新刊について書いておきます。

 一番気になるのが、A・N・L・マンビー『アラバスターの手 マンビー古書怪談集』(羽田詩津子訳 国書刊行会)。M・R・ジェイムズの衣鉢を継ぐとも言われた作家ですが、まさか怪談集が一冊の本として出るとは驚きです。

 あと気になるのは、ベルンハルト・ケラーマン『トンネル』(秦豊吉訳 国書刊行会)、E・T・A・ホフマン『ホフマン作品集成』(石川道雄訳 国書刊行会)、R・L・スティーヴンソン『爆弾魔』(南條竹則訳 国書刊行会)など。『爆弾魔』はおそらく『新アラビア夜話』の続編ですね。訳者も古典新訳文庫で正編を訳した南條竹則さんということで楽しみです。

 <ベル・エポック怪人小説叢書>全3巻(国書刊行会)というのも面白そうです。こちらは、レオン・サジ『ジゴマ』(安川孝訳)、R・スヴェストン&M・アラン『ファントマと囚われの女』(赤塚敬子訳)、ガストン・ルルー『シェリ=ビビとセシリー』(宮川朗子訳)の三巻構成とのこと。

 あとは昨年初頭から予告は出ていた、浅倉久志訳『ユーモア・スケッチ大全』(全五巻)とか、ウッドハウスの新シリーズなども気になります。

 以上は、全部国書刊行会の本です。以下は東京創元社から。

ケイト・マスカレナス『時間旅行者の心理学』(茂木健訳 創元SF文庫)
 1967年のイギリスで、4人の女性科学者がタイムマシンの開発に成功。時間移動を厳格に管理すべく、国家からも独立した〈コンクレーヴ〉と呼ばれる巨大なタイムトラベル運用組織が誕生した。そして2018年、ロンドン郊外において身元不明の射殺体が密室状態で発見される。タイムトラベル絡みの殺人だと判明した事件の真相を突きとめるべく、遺体の第一発見者オデットはタイムトラベラーとしてコンクレーヴに潜入を図る。時間線のもつれを解いた先に現れる真実とは?

ジョーン・エイキン『月のケーキ』(三辺律子訳 四六判上製)
 幼い娘が想像した「バームキン」を宣伝に使ったスーパーマーケットの社長、だが実体のない「バームキン」がひとり歩きしてしまい、世間を大騒ぎさせることに……『バームキンがいちばん』。ヴァイキングの侵略者が攻めてきた。これまでは魔女である祖母が城を守っていたが、祖母亡き今、城の守りは孫のコラムに託された。果たしてコラムはどんな手段を使って城を守るのか?『にぐるま城』など、奇妙な味わいの14編を収めた短編集。

フランシス・ハーディング『幽霊熊憑きの少女』(児玉敦子訳 四六判上製)
 英国、17世紀半ば。幽霊が憑依する体質の少女メイクピースは、暴動で命を落とした母の霊を取り込もうとして、旅の一座に虐待されて死んだクマの霊を取り込んでしまう。クマをもてあましていたメイクピースのもとへ、会ったこともない亡き父親の一族から迎えが来る。父は死者の霊を取り込む能力をもつ旧家の長男だったのだ。屋敷の人々の不気味な雰囲気に嫌気が差したメイクピースは逃げだそうとするが……。ハーディングの最新作。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1030-2351b91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』を2019年8月に刊行しました(完売しました)。
「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」、同人誌『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』を盛林堂書房さんで通信販売中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する