FC2ブログ
12月の気になる新刊と11月の新刊補遺
11月18日刊 『別冊映画秘宝 決定版ゾンビ究極読本』(洋泉社MOOK 予価1980円)
11月20日刊 イーデン・フィルポッツ『赤毛のレドメイン家』(創元推理文庫 予価1320円)
11月20日刊 後藤護『ゴシック・カルチャー入門』(Pヴァイン 予価3080円)
11月22日刊 木犀あこ『ホテル・ウィンチェスターと444人の亡霊』(講談社タイガ 予価759円)
11月22日刊 J・S・フレッチャー『バービカンの秘密』(論創社 予価3740円)
11月24日刊 パオロ・コニェッティ他『どこか、安心できる場所で 新しいイタリアの文学』(国書刊行会 予価2640円)
11月26日刊 L・J・ビーストン/ステイシー・オーモニア『至妙の殺人 妹尾アキ夫翻訳セレクション』(論創社 予価3300円)
12月2日刊 ヴィクター・ラヴァル『ブラック・トムのバラード』(東宣出版 予価1980円)
12月4日刊 テッド・チャン『息吹』(早川書房 予価2200円)
12月7日刊 エレン・ダトロウ編『ラヴクラフトの怪物たち 下』(新紀元社 予価2750円)
12月12日刊 コットン・バレット 『CreepyCat 猫と私の奇妙な生活』(星海社COMICS 予価946円)
12月15日刊 三原幸久編訳『ラテンアメリカ民話集』(岩波文庫 1012円)
12月19日刊 ジェイムズ・デラーギー『55番目』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価1100円)
12月20日刊 ヒュー・ウォルポール『銀の仮面』(創元推理文庫 予価1100円)
12月20日刊 エリック・マコーマック『雲』(東京創元社 予価3850円)
12月26日刊 ルーシャス・シェパード『タボリンの鱗 竜のグリオール短篇集』(仮題)(竹書房文庫 予価1210円)
12月27日刊 ニコライ・レスコフ『魅せられた旅人』(河出書房新社 予価3080円)
12月27日刊 バレリア・ルイセリ『俺の歯の話』(白水社 予価3080円)
12月刊 ジェイムズ・ブランチ・キャベル『イヴのことを少し』(国書刊行会 予価3520円)


 毎回新規なアイディアで愉しませてくれる木犀あこの新作『ホテル・ウィンチェスターと444人の亡霊』は「幽霊ホテルもの」? これは楽しそうです。

 論創社から発売のJ・S・フレッチャー短篇集『バービカンの秘密』と、L・J・ビーストン&ステイシー・オーモニアの作品集『至妙の殺人』は非常にいい企画だと思います。江戸川乱歩を初めとした当時の探偵作家たちに人気のあった作家で、現在は容易に読めない作品だけに貴重ですね。ビーストンはかって創土社から出た作品集を読みましたが、どんでん返しのすごく好きな作家で、その種の仕掛けが好きな読者には楽しめる作家だと思います。

 ヴィクター・ラヴァル『ブラック・トムのバラード』は「アフリカ系アメリカ人作家がラヴクラフトの世界を語り直す」作品だそうで、これは気になります。

 創元社からは、国書刊行会から出ていたウォルポールの短篇集の増補版『銀の仮面』、エリック・マコーマックの幻想小説『雲』が要チェックですね。

 ニコライ・レスコフ『魅せられた旅人』は、岩波文庫にも翻訳が入っていたロシア作家の長篇の新訳。これ、すごく奇想天外で面白い冒険ユーモア小説?なので、新訳にも期待しています。お勧めです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

ビーストンは「霧雨の夜の唄」という短編が好きなんです・・・・(傑作集収録)
「銀の仮面」は増補版→買う予定です。「中国の馬」という短編が、自宅に満足しているハイミスが・・・・で泣ける話でした。
【2019/11/19 21:01】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
ビーストンって、B級かもしれないですが結構面白いんですよね。オーモニアも面白いですが、まとめられるのは初めてなんじゃないでしょうか。今月はあとフレッチャーの短篇集も出る予定なので、どちらも購入しようかと思っています。
『銀の仮面』も買いですね。
【2019/11/19 21:42】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1013-e2c9984b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』を2019年8月に刊行しました(完売しました)。
「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」、同人誌『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』を盛林堂書房さんで通信販売中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する