FC2ブログ
孤独と復讐  ステフェン・ギルバート『ウイラード』
uirado.jpg
 ステフェン・ギルバート『ウイラード』(村社伸訳 角川文庫)は、孤独な青年が飼育したネズミを利用して犯罪に手を染めていく…というサスペンス作品です。

 かって社長だった父親のもと裕福な生活を送っていた「ぼく」は、父の死後零落し、かっての父の部下ジョーンズのもとで、一事務員として働いていました。家にネズミが出るということで、母親から駆除を頼まれた「ぼく」は罠をしかけますが、哀れみから彼らの命を助けます。
 「ぼく」になつくようになったネズミたちの中で、飛び切り知能の高い特殊なネズミが生まれ、「ぼく」は、そのネズミに「ソクラテス」と名付け特別に躾けます。やがて「ソクラテス」は仲間を率いて集団で行動するようになります。
 経済的に行き詰った「ぼく」はネズミたちを使い、食料や金を奪うようになりますが…。

 物語が始まった段階で、主人公の青年は非常に虐げられた環境に置かれています。家は経済的に没落しており、それにも関わらず母親のプライドから広大な屋敷は手放さずにいます。また父親のかっての部下ジョーンズは、主人公に対して屈折した感情を抱いており、安月給でこきつかっているのです。
 友人や恋人もいない主人公は、知能の高いネズミ「ソクラテス」と出会い、彼を親友とも思うようになります。やがて「ソクラテス」がネズミの群れをコントロールできることがわかると、彼らを使って盗難を繰り返すようになるのです。

 あらすじや表紙からは、ネズミが人間を襲うホラーのような印象を抱きがちなのですが、そういう感じではありません。確かに人間を襲うシーンもあることはあるのですが、それは一部で、大部分は屈折した青年がネズミとともに社会に復讐していく…という内容で占められています。
 その意味で、全体としては「ピカレスク小説」的な要素が強い作品だと思います。また、青年の犯罪計画の他、ネズミの飼育や躾けに対する試行錯誤、ネズミ飼育を周りに隠していることに対するサスペンスなど、いろいろ読みどころがあります。

 クライマックスに至るとホラー味もかなり強くなってくるので、ホラー小説として読んでも楽しめる作品かと思います。動物が人を襲うという、いわゆる「動物パニックもの」作品の中でも、ちょっと毛色の変わった作品で、一読の価値ある作品ではないでしょうか。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1010-7fd1af02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』を2019年8月に刊行しました(盛林堂書房さんでの通販分は完売。2019年11月に開催の「文学フリマ東京」にて少数ですが販売予定です)。
2019年10月に作成した「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を盛林堂書房さんで通信販売中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する