FC2ブログ
引き裂かれる心  ピーター・ディッキンソン『エヴァが目ざめるとき』
エヴァが目ざめるとき
 ピーター・ディッキンソン『エヴァが目ざめるとき』(唐沢則幸訳 徳間書店)は、チンパンジーの脳に記憶を移植された少女を描くという、強烈なテーマの作品です。

 13歳の少女エヴァが昏睡状態から目が覚めると、自分がメスのチンパンジーの体の中にいるのに気がつきます。交通事故でエヴァの体が滅茶苦茶になり、両親の希望で実験的にエヴァの記憶をチンパンジーの脳に移植する手術が成功したのです。
 人間の心を持つチンパンジーとしてマスコミの寵児になったエヴァでしたが、チンパンジーの研究者である父親の提案で、飼育されているチンパンジーたちの群れの中で一時的に暮らすことになります。その生活のなかで、エヴァは人間ではなくチンパンジーとして生きていくことを決意しますが…。

 チンパンジーの体になってしまった少女を描く作品です。脳移植ではなく、あくまでチンパンジーの脳に人間の記憶を書き込む…という設定が面白いですね。主人公のエヴァは、肉体的・遺伝的には完全にチンパンジーであるわけです。
 もともと研究者の父親のおかげで、小さいころからチンパンジーたちと一緒に育ったという経歴もあり、エヴァ自身にはチンパンジーの体になってしまったことに対する驚きはあるにしても、違和感はあまりないのが特徴です。なので、人間とチンパンジー、二つの意識に引き裂かれる苦しみ、というのはほとんどなく、どちらかと言うとチンパンジーとしての生活に対して、人間的な視点から文化的な工夫を考えていこうとする、ポジティブな発想の物語になっています。

 物語の舞台は近未来で、野生生物は特別に保護されているチンパンジー以外はほとんど絶滅しています。人間たちもエネルギーを失ってゆるやかに滅びつつある…という中で、生きることに対して積極的であるエヴァの行動は光っています。
 チンパンジーの群れに潜り込んだエヴァは、群れのルールや野生動物のしきたりを尊重しながらも、新しい行動様式や文化を彼らの中に付け加えていこうとします。13歳の少女ながら、その視点は現実的であり、周りの大人たちと比較しても彼女の冷静さは際立っています。

 この作品、人間の愚かさを指摘し人類の後継者としてのチンパンジーを礼賛する…というわけでもなく、二つの種族が滅び行く様を慨嘆するわけでもないという、ユニークなスタンスの物語です。
 児童書のシリーズとして出版されていますが、いろいろ考えさせるテーマを含んでいて、これを読んだ年少読者はショックを受けるのではないでしょうか。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1007-63408e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する