7月の気になる新刊
7月2日刊 チャールズ・ウィルフォード『拾った女』(扶桑社文庫 予価1026円)
7月8日刊 スティーヴン・キング『ジョイランド』(文春文庫 予価907円)
7月9日刊 ウィリアム・ゴドウィン『ケイレブ・ウィリアムズ』(白水Uブックス 予価1944円)
7月9日刊 イーヴリン・ウォー『イーヴリン・ウォー傑作短篇集』(白水社 予価2592円)
7月11日刊 東雅夫編『怪談入門 乱歩怪異小品集』(平凡社ライブラリー 予価1728円)
7月11日刊 フェルディナント・フォン・シーラッハ『テロ』(東京創元社 予価1728円)
7月11日刊 J・G・バラード『ハイ・ライズ』(創元SF文庫 予価994円)
7月12日刊 フケー 『水の精(ウンディーネ)』(光文社古典新訳文庫)
7月19日刊 ザーシャ・アランゴ『悪徳小説家』(創元推理文庫 予価1058円)
7月20日刊 ミュリエル・スパーク『あなたの自伝、お書きします』(河出書房新社 予価2376円)
7月21日刊 グレアム・ジョイス『人生の真実』(創元海外SF叢書 予価2700円)
7月22日刊 ディーノ・ブッツァーティ『古森の秘密』(東宣出版 予価2052円)
7月25日発売 『ミステリマガジン9月号 特集=ロアルド・ダール生誕100周年』 (早川書房 1296円)
7月28日刊 パット・マガー『四人の女 新版』(創元推理文庫 予価1080円)


  『イーヴリン・ウォー傑作短篇集』は、初訳5篇を含め、15作品を収録した短篇集。長編の邦訳はけっこうあるものの、短篇集の刊行は初めてじゃないでしょうか。ウォーの短篇はブラック・ユーモアが効いているものが多く、<奇妙な味>の短篇として読めるものも多いので、これは楽しみです。

 東雅夫編『怪談入門 乱歩怪異小品集』は、乱歩の怪奇小説関連の随筆・エッセイをまとめたものに、怪奇系の短篇をいくつか収録したもの。以前、映画とのタイアップ的に刊行された『火星の運河』(角川ホラー文庫)の増補版、といった感じのようですね。

 J・G・バラード『ハイ・ライズ』は、映画公開の恩恵での再刊でしょうか。
 バラードといえば、創元社のメルマガで、バラードの短篇を集成した《J・G・バラード短編全集》全五巻の刊行が予告されていました。
 97の短編を執筆順に収録する決定版全集で、ハードカバーでの刊行になるようです。1巻は8月刊行とのこと。

 ディーノ・ブッツァーティ『古森の秘密』は、岩波少年文庫で刊行されたばかりの 『古森のひみつ』 と同一作品の邦訳のようです。偶然なのかわかりませんが、ファンとしてはせっかくの機会、別の作品の邦訳を出してほしかったな、というのが正直なところですね。

 『四人の女 新版』は、パット・マガーの名作の新版。マガーの作品は、どれも趣向を凝らしているのに加えて、メロドラマ部分が面白いんですよね。マガーは短篇も面白いものが多いので、いつか短篇集もまとめてもらいたいものです。
《ドーキー・アーカイヴ》の2冊を読む
 国書刊行会から刊行の始まった、異色作を集めたシリーズ《ドーキー・アーカイヴ》。さっそく読んでみましたが、最初の2冊からして、すでに独自の味わいのある作品で、これからの刊行作品も楽しみになりました。



4336060576虚構の男 (ドーキー・アーカイヴ)
L.P. デイヴィス Leslie Purnell Davies
国書刊行会 2016-05-27

by G-Tools

L・P・デイヴィス『虚構の男』(矢口誠訳 国書刊行会)
 舞台は1960年代、小さな村で生まれ育ったアラン・フレイザーは、小説で生計を経てていました。村人たちは皆知り合いであり、隣には幼馴染が住んでいるという、落ち着いた環境のなか、アランは新機軸として、50年後を舞台にしたSF作品にとりかかろうとしていました。
 時を同じくして、日常生活で不思議なことが起こり始めます。そして、村の外から来たらしい一人の女と出会うに及び、アランの人生は変化することになりますが…。

 単純に言うと、主人公が信じていた世界が本当のものではないことに気付く…というテーマの作品ではあるのですが、その凝り様が尋常ではありません。次から次へと、新しい要素が投入され、ジャンルも変転していくので、確かに「分類不能」というのも頷けます。
 仲間だと思っていた人間が敵であり、また敵であると思っていた人間が味方だったりと、人間関係もめまぐるしく変わり、飽きさせる暇がありません。いったい何が真実なのか? タイトルにある通り、どこからどこまでが「虚構」なのか分からなくなってしまうのです。
 多用な要素が投入される割には、物語の道筋自体は整理されており、意外と読みやすいのも好感触ですね。その意味で、エンタテインメントとしても非常に優れた作品だと思います。



4336060584人形つくり (ドーキー・アーカイヴ)
サーバン Sarban
国書刊行会 2016-05-27

by G-Tools

サーバン『人形つくり』(館野浩美訳 国書刊行会)
 イギリスの覆面作家サーバンによる中篇、『リングストーンズ』『人形つくり』を収めた作品集です。

 『リングストーンズ』
 田舎の屋敷に家庭教師として雇われた女子大生が、そこで出会った子供たちと過ごすうちに、現実ならざる世界に誘われるという物語です。

 語り手が直接の体験者ではなく、体験者の手記を読むという、伝統的な枠物語の形式になっています。ヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』との類似も指摘されていますが、本作品では子供たちが「魔」に憑かれるというよりは、子供たち自身がすでに「魔」であり、それに囚われたヒロインの彷徨を描くといった感じになっています。
 後半、手記に魅入られた語り手たちが、実際の現場を訪れる…という展開になりますが、物語の客観性を補強するという意味でも優れた構成だと思います。

 『人形つくり』
 寄宿舎学校に過ごす少女が、人形つくりが趣味の青年に出会い、彼の人形のモデルになる…という物語。
 孤独な少女が、師と仰ぐべき女性と出会ったものの、すぐに死に別れることになり、鬱々としていたところに出会ったのが、教養豊かな中年女性と、その息子である、人形つくりを趣味とする魅力的な青年でした。彼の人形に惹かれると同時に、少女自身も青年の意のままになっていきますが…。

 『リングストーンズ』に比べ、『人形つくり』は初めから、明確な怪奇小説を志向している感じを受けます。ただ、ヒロイン自身をモデルにした人形が作られ始める…という辺りから、ストーリーは予想できてしまいます。その意味で「王道」の怪奇小説ではあるのですが、その筆致が非常に洗練されているのもあって、退屈することはありません。何より、人形たちの描写が素晴らしい。深夜に繰り広げられる人形たちの饗宴のシーンは、じつに魅力的です。
 また、ヒロインが青年に対し、邪悪なものと知りつつ惹かれ続けるという点も見逃せません。そのため、これがハッピーエンドになるのかバッドエンドになるのか、最後までわからないのです。


 L・P・デイヴィスとサーバン、どちらも邦訳はあるものの、日本では忘れられた作家といっていいかと思います。これだけ魅力的な作品が未訳だったとは驚きです。これを気にもっと邦訳の進んでほしい作家ですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

最近読んだ本

4041039991三丁目の地獄工場 (角川ホラー文庫)
岩城 裕明
KADOKAWA/角川書店 2016-04-23

by G-Tools

岩城裕明『三丁目の地獄工場』(角川ホラー文庫)

 ホラー小説大賞佳作を含む作品集『牛家』で強い印象を残した、岩城裕明の新作短篇集です。
 村の活性化のために、村人たちが体の一部を「改造」するようになった村を描く『怪人村』、死者を漬けると数日後に甦る瓶をめぐる『女瓶』、本当の「地獄」に仕事に行くことになった男を描く『三丁目の地獄工場』、突然自宅に現れたキグルミの男をめぐる家族を描く『キグルミ』などを収録。
 『女瓶』は、前作『瓶人』と同じ世界観を持つ前日譚です。事故死した妹の友人を甦らせる青年が描かれます。『瓶人』ほどのインパクトはありませんが、異色の恋愛小説としても読める作品。
 『三丁目の地獄工場』では、本物の「地獄」の獄卒となった男の日常生活が描かれます。設定自体はリアリティのかけらもないのですが、男が体験する「地獄」の様子は非常に詳細かつ緊迫感があり、そのアンバランスさが魅力です。
 『キグルミ』は、崩壊した家庭を、SF風味の前衛劇の手法で描いた作品、とでもいうのでしょうか。傑作だと思います。
 この作家、ユーモアたっぷりにさらっと描きますが、それでいて救いのない状況を描くのが上手いですね。
 


4334753124オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集 (光文社古典新訳文庫)
ゾラ 國分 俊宏
光文社 2015-06-11

by G-Tools

ゾラ『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集』(國分俊宏訳 光文社古典新訳文庫)

 フランス自然主義の代表的作家ゾラの、物語要素の強い作品を集めた短篇集です。身体の硬直で死んだと判断され、埋葬されてしまう男を描いた『オリヴィエ・ベカイユの死』、打算で結婚した利己的な夫婦の生活を描く『ナンタス』、年齢差のある夫婦を風刺的に描く『シャーブル氏の貝』、幻想小説的な要素の強い『呪われた家―アンジュリーヌ』、芸術家の夫妻を描く『スルディス夫人』の5篇を収録しています。
 どれもストーリーテリングが上手く、面白く読めますが、哀愁漂う『オリヴィエ・ベカイユの死』と、芸術家小説といえる『スルディス夫人』の2篇がオススメでしょうか。
 技術的には繊細な腕を持ちながらも閃きにかける妻が、真の天才である夫を精神的に飲み込んでしまうという『スルディス夫人』は、ある意味ホラー作品としても読めそうです。



4150120552あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 影山 徹
早川書房 2016-02-24

by G-Tools

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『あまたの星、宝冠のごとく』(伊藤典夫・小野田和子訳 ハヤカワ文庫SF)

 晩年のティプトリー・ジュニアの短篇を集めた作品集です。どれも濃密な味わいがありますが、異星人が人類の信頼を勝ち得て、信仰の対象となっていくという『アングリ降臨』、現在と未来の自分を体ごと入れ替えるタイムトラベルを扱った『もどれ、過去へもどれ』、死後の世界を体験する男の物語『死のさなかにも生きてあり』などが印象に残ります。
 とくに、異色のタイムトラベルもの『もどれ、過去へもどれ』の読後感が強烈です。未来の自分と現在の自分とを、一定期間、体ごと交換することのできる技術が開発されます。しかし物質はもとより、記憶すらも持ち帰ることはできず、実質的な意味は持たないにもかかわらず、タイムトラベルを望む人間は絶えません。
 未来の自分が残した手紙から、自分がいずれどん底の生活に落ち込むこと、しかしある男によって救われる、ということを知った主人公ダイアンは、その事実にショックを受け、自らの人生を終わらせようと考えますが…。
 これ一篇で、長編を読んだかのような、重厚な読後感が味わえます。



B00R5TUQZ8わたしはサムじゃない (扶桑社BOOKSミステリー)
ジャック・ケッチャム ラッキー・マッキー 金子 浩
扶桑社 2014-11-28

by G-Tools

ジャック・ケッチャム&ラッキー・マッキー『わたしはサムじゃない』(金子浩訳 扶桑社ミステリー)

 結婚して八年を経過したパトリックとサムの夫妻は、幸福な生活を送っていました。しかしある夜突然、サムが自分は「サム」ではなく「リリー」であるといい始めます。しかも、リリーは、5、6歳の少女らしいのです。
 サムの人格を取り戻そうと、パトリックは様々な手段を試しますが、一向にサムがもどってくる気配はありません…。
 『わたしはサムじゃない』『リリーってだれ?』の前後編で構成される作品です。前編では、突如妻が豹変してしまった夫を描く不条理スリラー、後編では夫婦の関係性の変質を描いたテーマ性の強い作品になっています。
 別の人格になっている妻は、妻本人であると言えるのか?というアイデンティティーを扱った作品としても読めますね。読んでいて、別人の顔になった夫が妻を誘惑するという、マルセル・エイメの『第二の顔』を思い出しました。



4041015480見張る男 (角川文庫)
フィル・ホーガン 羽田 詩津子
KADOKAWA/角川書店 2015-09-24

by G-Tools

フィル・ホーガン『見張る男』(羽田詩津子訳 角川文庫)

 イギリスの小さな町で不動産仲介業を営んでいるヘミングは、幼い頃から、人の秘密を探ることに異常な執着を持つ人物でした。
 不動産の仕事に就いたのを機に、売家の合鍵を全て持ち、他人の家の秘密を探ることが日課になっていました。ある日、町で見かけた若い女性アビゲイルを見初めたヘミングは、彼女を手に入れるため、アビゲイルの交際相手を調べ始めますが…。
 「変質者」自身を主人公にし、しかも幼年時代からの彼の人生をじっくり描くことにより、彼に感情移入してしまうような作りになっています。
 犯人の側から犯罪を描写する、いわゆる「倒叙もの」の形をとっているのですが、後半、少年時代に起こした事件に対する「贖罪」が出てきたりと、何とも一筋縄ではいかない作品です。変わったサスペンスが読みたい方はぜひ。



4596550034よみがえり~レザレクション~ (ハーパーBOOKS)
ジェイソン モット 新井 ひろみ
ハーパーコリンズ・ ジャパン 2015-07-18

by G-Tools

ジェイソン・モット『よみがえり~レザレクション~』(新井ひろみ訳 ハーパーBOOKS)

 50年前に8歳の息子を亡くし、それ以来、寄り添って暮らしてきたハロルドとルシールの夫妻。彼らの前に、突然、息子ジェイコブが死んだ当時の姿で戻ってきます。息子を受け入れる妻に対し、ハロルドは本当に息子なのかが信じきれません。
 やがて世界中で大量の死者がよみがえりはじめ、彼らを排斥する動きも現れますが…。
 死者が生き返る現象に対しての説明は行われず、あくまでその現象に対する人々の側を描くヒューマン・ストーリーになっています。死んだ直後ではなく、数十年も経過した後に死者が戻ってくるという設定も秀逸ですね。
 世界的なスケールで現象が起こっているとしながらも、それを群像劇として描くのではなく、小さな田舎町に限定して描いているのも好印象です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する