《奇妙な味》のショーケース  中村融編『街角の書店 18の奇妙な物語』
4488555047街角の書店 (18の奇妙な物語) (創元推理文庫)
フレドリック・ブラウン シャーリイ・ジャクスン 中村 融
東京創元社 2015-05-29

by G-Tools

 『怪物ホラー傑作選 千の脚を持つ男』『ロマンティック時間SF傑作選 時の娘』など、好アンソロジーをいくつも編んでいる中村融氏の最新アンソロジー『街角の書店 18の奇妙な物語』(創元推理文庫)は、《奇妙な味》に属する作品を集めたという作品集です。
 江戸川乱歩が名づけたという《奇妙な味》は、もともとはミステリ寄りの概念でしたが、現代では、とぼけた味わいや、ブラック・ユーモア、非日常的な不思議さなど、ジャンル分類不能な作品の総称として使われています。非常に定義の広い概念といっていいかと思います。
 面白かったものを、いくつか紹介していきましょう。 

ジョン・アンソニー・ウェスト『肥満翼賛クラブ』
 夫を太らせることがステータスとされる世界で、歯牙にもかけられていなかった女性が作り上げた夫の姿は皆を驚かせますが…。
 徹頭徹尾、冗談のような筆致で描かれる物語です。結末のブラックさには唖然とさせられます。

シャーリイ・ジャクスン『お告げ』
 ふとしたことから祖母がなくしてしまったメモが、一組のカップルの運命を変える…というラブコメディ。『くじ』のジャクスンからは想像しにくい、微笑ましい一篇です。

ジャック・ヴァンス『アルフレッドの方舟』
 ある日、洪水が世界を沈ませるという啓示を受けたアルフレッドは、方舟を作り始めます。冗談だと受け取る周りの人間たちでしたが、やがて豪雨が降り始めて…、
 奇人だと思われていた人間が実は真実を知っていて…というタイプの作品かと思いきや、もうひとひねりしてきます。ことが終わった後の人間関係はどうなってしまうのか、想像するのも面白いですね。

ハーヴェイ・ジェイコブス『おもちゃ』
 立ち寄った骨董店で、子どものころ遊んだおもちゃを見つけた男は、なつかしさに惹かれ、そのおもちゃを購入しようと考えます。ふと周りを見渡した男は、その店にある品物すべてが自分の思い出のつまった品物であることに気づきますが…。
 過去への郷愁と悔恨を扱った、ほろ苦いファンタジー。名作です。

ミルドレッド・クリンガーマン『赤い心臓と青い薔薇』
 病院で出会った中年の女は、自分の家に転がり込んできた不気味な男の話を始めます。最初は身寄りのない男をやさしく迎え入れますが、やがて男の態度はエスカレートしていきますが…。
 ヒュー・ウォルポールの『銀の仮面』を思わせるストーリー。集中でも、江戸川乱歩の提唱した《奇妙な味》にいちばん合致するタイプの作品といっていいでしょうか。不気味さは比類なく、強烈な印象を与える力作です。

ロナルド・ダンカン『姉の夫』
 車中で出会った男と意気投合した青年は、姉の待つ家に男を招待します。やがて姉と結婚することになった男でしたが…。
 「姉の夫」とはいったい何者なのか? 終始不穏な雰囲気を漂わせるゴースト・ストーリー。

カート・クラーク『ナックルズ』
 善神に対する悪神がいるように、サンタクロースに対する神として「ナックルズ」が存在する。父親は、子どもたちにその存在を教え込んでいきますが、やがて「ナックルズ」の存在感は厚みを増し始めて…。
 想像力が実在を呼び起こす…というテーマのファンタジー。サンタクロースの対極的存在という立ち居地がユニークですね。

テリー・カー『試金石』
 男が骨董店で手に入れた「試金石」は、常にさわっていたくなる奇妙な魅力を持っていました。その石を触っているうちに、男は何に対しても興味を失っていきます…。
 「試金石」とは何なのか? 結末に至ってもその由来も意味も明かされず、妙な読後感を残す一篇です。

ジョン・スタインベック『M街七番地の出来事』
 息子が大好きなガムを噛み続けるのにいらつきを隠せない父親は、ある日ガムを噛んでいる息子に怒りを爆発させますが、ガムを噛んでいるのは息子ではなく、息子がガムに「噛まれて」いたのです。やがてガム自分の意思を持ち始めますが…。
 意思を持ったガムを扱った、なんとも人を食った作品。W・F・ハーヴィー『五本指の怪物』を思わせる、パロディ的な怪奇小説です。

ロジャー・ゼラズニイ『ボルジアの手』
 体の一部を付け替えることができるという行商人に、絶大な能力を持つという「ボルジアの手」を移植された少年は…。
 結末で少年の未来を暗示させる技巧的な一篇です。

フリッツ・ライバー『アダムズ氏の邪悪の園』
 女性のグラビアで財を築いたアダムズは、自らの秘密の庭で、女性たちの体を植物として再現させる魔術を行っていました。魔術にかけられた女性たちは、精神的なエネルギーを吸い取られてしまうのです。ある時、間違えて自らの体の一部を使って魔術をかけてしまったアダムズは…。
 「プレーボーイ」誌の社主ヒュー・ヘフナーをモデルにして描かれた怪奇小説。魔術の扱い方がライバーらしい作品ですね。

ブリット・シュヴァイツァー『旅の途中で』 
 旅の途中で体から頭を落下させてしまった男。口だけで体をよじのぼり、元の位置に帰ろうと考えますが…。
 頭が自分の体をよじのぼるだけ、という冗談のような小説。よじのぼる過程がやけにリアルなのが笑えます。

ネルスン・ボンド『街角の書店』
 作家の男が街角の書店で見たのは、著名な作家による聞いたこともないタイトルの作品ばかりでした。その中に、自分が構想中の作品が本として存在しているのを見つけた男は、作品が理想的な形で著されているのを知ります…。
 現実にはありえない理想的な形で自分の作品が結実する書店、という魅力的なガジェットを扱った作品。結末もこれ以外ありえないという形の理想的なファンタジー。

 いろいろな味わいの作品が楽しめる、まさに《奇妙な味》のショーケースといえるアンソロジーです。もともと明確な定義のない《奇妙な味》だけに、アンソロジーとしての一貫性という面では弱いのですが、このアンソロジーの場合、逆にその一貫性のなさが魅力にもなっています。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

6月の気になる新刊と『シュオッブ全集』のこと
6月2日刊 シェリー・ディクスン・カー『ザ・リップッド 上・下』(扶桑社ミステリー)
6月4日刊 トマス・フラナガン『アデスタを吹く冷たい風』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価907円)
6月4日刊 レイ・ブラッドベリ『歌おう、感電するほどの喜びを! 新版』(ハヤカワ文庫SF 予価1188円)
6月5日刊 ロマン・プエルトラス『エッフェル塔くらい大きな雲を呑み込んでしまった少女』(小学館文庫 予価756円)
6月11日刊 スティーヴン・キング『ドクター・スリープ 上・下』(文藝春秋 予価各1944円)
6月11日刊 エミール・ゾラ『オリヴィエ・ベカイユの死 ゾラ短篇集』(光文社古典新訳文庫)
6月20日刊 『別冊太陽/こわい絵本100 おとなと子どものファンタジー』(平凡社 予価2376円)
6月26日刊 『マルセル・シュオッブ全集』(国書刊行会 予価16,200円)
6月25日刊 フィオナ・マクファーレン『夜が来ると』(早川書房 予価2376円)
6月24日刊 グレッグ・イーガン『ゼンデギ』(ハヤカワ文庫SF 予価1188円)
6月25日刊 『諸星大二郎 『妖怪ハンター』 を旅する』(平凡社 〈太陽の地図帖〉 予価1296円)
6月25日刊 マーク・トウェイン『マーク・トウェイン ユーモア傑作選 スケッチと短編』(仮題)(彩流社 予価2700円)

 シェリー・ディクスン・カー『ザ・リップッド』は、なんとジョン・ディクスン・カーの孫娘が書いたミステリ、らしいです。
 トマス・フラナガン『アデスタを吹く冷たい風』は、過去のポケミス復刊などでも人気の高かった一冊ですが、とうとう文庫化。名短篇集だと思うので、この機会にぜひ。
 ブラッドベリの『歌おう、感電するほどの喜びを!』も新版で登場。ブラッドベリの作品集の中では、それほどの出来ではないと思うのですが、『明日の子供』『夜のコレクト・コール』『火星の失われた都』などの良質なファンタジーが含まれるので、読んで損はないと思います。

 6月の新刊の中でいちばんの要注目はやはりこれ、『マルセル・シュオッブ全集』。けっこうな価格なのですが、この作家の全作品を読めると思えば、むしろ安いと思います。

 マルセル・シュオッブ( 1867年~ 1905年)は、ボルヘスにも多大な影響を与えたフランスの小説家です。作品の大部分は短篇ですが、膨大な学識に裏打ちされた凄みがあります。作品の舞台は古代だったり、超未来だったりと、融通無碍。大部分の作品は、短いながらも奥行きの深さが感じられます。
 本格的な紹介としては、古くは矢野目源一の翻訳になる『黄金仮面の王』があります。表題作は、江戸川乱歩の『黄金仮面』のインスピレーション元にもなりました。
 戦後はアンソロジーなどでぽつぽつと訳されています。『列車081』(澁澤龍彦編『怪奇小説傑作集4』創元推理文庫収録)、『木乃伊をつくる女』(日影丈吉編『フランス怪談集』河出文庫収録)、『吸血鳥』(種村季弘編『ドラキュラドラキュラ』河出文庫収録)など。
 1970年代の終わりに南柯書局から《シュオブ小説全集》が企画され、何冊かは刊行されましたが、結局途絶してしまいました。
 近年の翻訳としては、国書刊行会の『黄金仮面の王』(大濱甫訳 フランス世紀末文学叢書2)や、『少年十字軍』(多田智満子訳 王国社)あたりが挙げられるでしょうか。これらも既に絶版になって久しいようなので、今回の全集刊行はじつにうれしい限りです。
 本造りには定評のある出版社だけに、装丁や造本にも期待が膨らみますね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

『ナイトランド・クォータリーvol.01 吸血鬼変奏曲』感想など
488375202Xナイトランド・クォータリーvol.01 吸血鬼変奏曲
アトリエサード
書苑新社 2015-05-12

by G-Tools

 昨年末に、創刊準備号が出てはいましたが、今回、本格的に復活することになったホラー専門誌『ナイトランド』。一号である『ナイトランド・クォータリーvol.01 吸血鬼変奏曲』が刊行されました。

 まずは全体の感想から。
 翻訳短篇の数は8篇、日本作家の創作が3篇、あとはコラムやエッセイといった構成になっています。以前の本誌に比べると、翻訳の数を増やし、コラム・エッセイを減らしたような印象を受けます。
 掲載されているコラムやエッセイも、ほとんど特集内容である《吸血鬼》に関連したものになっています。以前のような連載コラムがなくなっているのが残念ですね。樋口ヒロユキ氏によるエッセイ(評論?)『魔の図像学(1)』は、「1」となっているので、続き物なのでしょうか。今回は吸血鬼特集に合わせて、ムンクの《吸血鬼》について語っています。

 翻訳作品の質はかなり高いと思います。E・F・ベンスンの古典的名作『塔の中の部屋』の新訳を初め、使い古された吸血鬼テーマを扱っていても、面白く読める作品を集めています。
 西部劇と吸血鬼を融合させたアクションもの『復讐の赤い斧』(エドワード・M・アーダラック)、破滅した世界で君臨する謎の吸血鬼を描く『長い冬の来訪者』(ウィリアム・ミークル)、死を間近にした少女と吸血鬼の女性との友情を描くハートフルな『エイミーとジーナ』(セシル・カステルッチ)などが面白く読めます。
 巻末の作品、スティーヴ・ラスニック・テム『家族の肖像』は、なんと衰弱する吸血鬼の家族を救おうとする父親を描く、異色の吸血鬼介護小説で驚きました。
 日本作品では、耽美的な『In the gathering dusk』(石神茉莉)が力作ですね。

 以前からの『ナイトランド』の路線を忠実に受け継いでいて、怪奇小説ファンとしては安心して読める、非常に上質な仕上がりになっていると思います。唯一、要望を挙げさせてもらうと、以前連載されていたようなコラムを、もう少し増やしていただきたいな、というところでしょうか。

 さて、噂になっていた《ナイトランド叢書》復活の件ですが、新たに第1期シリーズ刊行の予告がなされていました。内容は以下のようなもの。

ロバート・E・ハワード『失われた者たちの谷 ハワード怪奇傑作集』(中村融訳)
ブラム・ストーカー『七つ星の宝石』(森沢くみこ訳)
アリス&・クロード・アスキュー『心霊探偵エイルマー・ヴァンス』(田村美佐子訳)
ウィリアム・ホープ・ホジスン『<グレン・キャリグ号>のボート』(野村芳夫訳)
ウィリアム・ホープ・ホジスン『異次元を覗く家』(荒俣宏訳)
ウィリアム・ホープ・ホジスン『幽霊海賊』(夏来健次訳)

 昨年中止になった企画の中からは、ハワード傑作集のみが採用されているようです。ストーカーの作品は結構有名な古典的名作で、たしか《幻想文学大系》だったか《ドラキュラ叢書》あたりでも刊行候補に挙がっていました。
 アリス&・クロード・アスキューの名前は僕も初耳なのですが、タイトル通り心霊探偵もののようです。ブラックウッドの《ジョン・サイレンス》とか、あのあたりの作風なんでしょうか。
 一番うれしいのは、ホジスンの《ボーダーランド三部作》の全訳刊行です。『異次元を覗く家』は再刊のようですが、他の2作は本邦初訳! まさか翻訳が出るとは、感無量です。
 とりあえず、第1期は、割と知名度のある作家の未訳作品を揃えてきた…といった感じでしょうか。それでも、これ全部出すのはかなり冒険だと思いますが、以前の企画のラインナップよりは、まだ一般向けと言っていいと思います。

 以下は余談です。
 商業出版枠での刊行になったので、ネット書店で購入しようと思っていたのですが、発売日(5/12)から、ネット書店がどこも軒並み取扱い未定になっていました。取扱いになっているAmazonでも、刊行予定日からずっと在庫切れの表示になっています。
 結局、大手書店(ジュンク堂)で購入しました。ネットで購入するなら、版元のアトリエサード(http://athird.cart.fc2.com/)から直接注文するのが、今のところ確実なようですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

移りゆく物語  ミハル・アイヴァス『黄金時代』
4309206654黄金時代
ミハル アイヴァス 阿部 賢一
河出書房新社 2014-11-26

by G-Tools

 小説作品の内部に、さらに別の「本」が登場する…。それが実在の本であれ、架空の本であれ、本好きの読者にとっては、何とも魅力的なテーマです。
 ただ、この種のテーマの本を読んでいて、いつも不満に思っていたことがありました。それは作中に登場する「本」の魅力が、あまり感じられないこと。作中で「読み始めたら止めることができないほどの魅力を持つ本」であるとか「魔性の本」などと描写されていても、その「本」の中身が実際に語られると、それほど魅力的には感じられないことが多いのです。
 考えると、それも無理からぬ話です。そんなにも魅力的な「本」が語れるなら、作中の「本」にせずに、その内容そのものを物語として書いてしまえばいいのですから。その意味で、魅力的な「本」を描くのは、魅力的な物語を描くよりも難しいような気がします。
 そんなことを考えたのも、チェコの作家、ミハル・アイヴァスの小説『黄金時代』(阿部賢一訳 河出書房新社)を読んだからです。ここまで、厚みのある「本」の造形を成し遂げた作品には出会ったことがありません。
 
 ある架空の島に滞在した旅行者が、その島の独特の風習や奇妙な住人たちについて語ってゆく、断章形式の博物誌的物語。要約すると、そんな作品なのですが、これが何とも一筋縄ではいきません。
 島民の不思議な性質や風習が次々と語られていきますが、そのひとつひとつが魅力的なエピソードになっています。例えば、島民の性質について描写される、次のような文章があります。

 すでに触れたように住民たちは島に名をつけていなかった。固定した名前を嫌っていたため、自分の名前もしばしば変え、生涯のあいだに何十もの名前を持っていた。

 金や権力に興味はなく、人間関係にさえも絶対的なものを認めない、不思議な島民たち。彼らの上に君臨するはずの王でさえ、例外ではありません。王は選挙で選ばれますが、そもそも名前がころころ変わるので、誰が話題になっているかもはっきりしないのです。

 このように間違いだらけであったため、王の候補としてある時期話題になっていたのは、じつは存在しない人物だったというようなこともあった。けれども、島民たちはそんなことをまったく気にしていなかった。

 王という人物はある一定の尊厳を島で集めていたが、その尊敬は同情と結びついていて、そればかりかある種の侮蔑も混ざっているようにも思えた。

 転倒した価値観を持つ島民たち、彼らの間で読まれる「本」もまた、常識的な価値観では計ることができません。島には本がそれしか存在しないため、彼らの間では「本」とだけ呼ばれています。蛇腹状になったその「本」は、島民の間で回し読みされますが、誰がどのぐらいの期間持っていて、誰に渡すかなどのルールも全くありません。
 「本」のいちばんの特徴は、島民が自分たちで加筆をするところにあります。加筆を繰り返していくうちに、「本」の内容はどんどん変わっていってしまうのです。

 つまり、読者は受け取った本とは別物の本を次の読者に手渡していた。「本」が人の手から人の手に渡っている間に、島民は加筆に加筆を重ね、読者が何年かあとに「本」にふたたび遭遇するときには、以前手にしていたものとはまったく別の作品になっていた。

 最初は、島の不思議な風習の一つとして登場したかに見えた「本」が、だんだんと物語の中心にシフトしていきます。「本」自体の奇妙な性質だけではなく、変容する中身の物語もやがて語られ始めるのです。それは王族や英雄たちの胸躍る神話的な冒険物語。ギリシャ神話、あるいはアラビアン・ナイトを思わせるような香気あふれるエピソードです。
 「本」が登場するのが、だいたい中盤、それまでの淡々とした紀行文風の部分がかなり長いので、合わない人はそこで読むのをやめてしまいそうな気がしますが、「本」が登場してからの後半が圧倒的な素晴らしさです。
 この作品での「本」は、作中でのアイテムといった扱いを超えて、それ自体がテーマとなっています。ここまで「本」について語りつくした作品は今までなかったのではないでしょうか。「書物」や「物語」に興味を持つ方に薦めたい、知的なエンターテインメントになっています。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

最近観た映画

B00S9K5GFCドラキュラZERO [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-04-08

by G-Tools

ゲイリー・ショア監督『ドラキュラ ZERO』(2014年 アメリカ)
 吸血鬼ドラキュラの誕生を描く、いわゆる前日譚に類する作品です。あまり期待せずに観たのですが、これがなかなかの拾い物でした。
 ドラキュラのモデルとされる、実在のトランシルヴァニアの君主ヴラドを主人公に、彼がなぜ吸血鬼になったのかを描く、伝奇アクション映画になっています。オスマン・トルコの君主メフメト2世によって、亡国の危機を迎え、なおかつ最愛の息子を奪われたヴラドが、呪われた吸血鬼の力を手に入れて、復讐を果たすという物語です。
 怪物としてではなく、英雄としてのドラキュラをクローズアップしているところが見所でしょう。勇猛かつ義侠心にあふれる君主がなぜ怪物になったのか? 納得がいく理由付けを丁寧に描いているところが好印象です。
 脚本上の甘さが見られるところもありますが、それを補って余りあるのが、戦闘シーンの素晴らしさ。吸血鬼の特殊能力を生かした戦闘シーンなど、見栄えのする映像が多く展開されます。敵の軍勢をたった一人で蹴散らしたり、空を覆う大量のこうもりを操り、大軍を翻弄するシーンなどは迫力満点です。



B00S6C3UTWインターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-04-08

by G-Tools

クリストファー・ノーラン監督『インターステラ―』(2014年 アメリカ)
 近未来、植物の疫病や異常気象により、人類は絶滅の危機を迎えていました。NASAによる別の星への移住計画を知った元宇宙飛行士クーパーは、パイロットとして計画に参加することになります。謎の存在によって作られたワームホールを通じ、すでに出発した3名の科学者たちが、移住の可能性のある星の存在を知らせてきていたのです。
 クーパーたちは、可能性の高い星から順番に探索をすることを決めますが、その星には重大な問題がありました。星のそばに存在するブラックホールの影響で、時間がゆがめられ、そこで過ごす時間は地球で過ごす時間の何倍にもなるというのです。地球に置いてきた子供たちに再会するためには、余計な時間を過ごす暇はありません。しかし探索は失敗してしまい、何十年という年が流れてしまうのです…。
 人類絶滅の危機、ワームホールを作った謎の知的生命体、時間の進み方が異なる星、ブラックホールなど、魅力的なテーマやガジェットが大量に投入される、弩級のSF超大作です。
 しっかりした科学考証に基づいた絵作りが何とも魅力的です。とくにブラックホールの描かれ方が、従来のSF映画とは異なっているのに驚かされます。
 人類の絶滅が迫っているというリミットに加え、時間を無駄に過ごしたことにより、子供たちとも合えなくなってしまう可能性、そして不慮の事故や乗組員の死亡など、次から次へと困難が発生し、長丁場を全く飽きさせません。
 ブラックホールのそばの惑星で数十年間を無駄に過ごしてしまった主人公が、子供たちから送られてきた数十年分のビデオを一気に見るというシーンは、時間の残酷さを表した名シーンだと思います。
 歴史に残るSF映画ではないでしょうか。



B00TI2GZWIアバウト・タイム~愛おしい時間について~ [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-04-24

by G-Tools

リチャード・カーティス監督『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(2013年 イギリス・アメリカ)
 代々、その一族の男性には、タイムトラベルの能力が伝わっていました。成人した青年ティムは、父親からその能力の存在と使い方を教えられます。運命の女性と信じるメアリーに出会ったティムは、彼女と結ばれるために、タイムトラベル能力を駆使して、何度も過去に戻りますが…。
 タイムトラベルを使ったラブコメディ、といっていい作品なのですが、主眼は主人公ティムの成長に置かれており、超能力に関しては、ストーリーのメインにはなりません。そもそもタイムトラベル能力が、かなりご都合主義的な能力なのです。具体的な場所や時間をイメージできないとその時間には戻れない、という条件はあるものの、基本的に、何回でも戻ってやり直せるという代物。
 この映画の面白いところは、タイムトラベル能力によって失われてしまう時間の大切さ、というものをテーマにしているところにあります。それは、何かを選択することによって、選択しなかったものは消えてしまうということ。最初は、友人の苦境を救うために過去に戻ることにより、最愛の女性との出会いがなかったことになる、といった形で示されます。
 それが最終的には、子どもが生まれる前に戻って過去の出来事を変えた結果、自分の子どもの存在自体が変わってしまうという衝撃的な事件をうけて、ティムは時間のかけがえのなさに気づいていくのです。
 過去を単純になかったことにはできないということ。現在の時間を丁寧に生きるということ。恋人との恋愛だけでなく、家族愛、親子愛といったテーマも盛り込まれ、作品のメッセージが非常に強く伝わってくる作品です。
 SF映画というよりは、ヒューマンストーリーに近い作品です。まさか、タイムトラベルのこのような使い方があったとは。広く一般の人に薦めたい良作です。


プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する