2014年を振り返って
モンスターズ: 現代アメリカ傑作短篇集 ミステリマガジン700 【海外篇】 (ハヤカワ・ミステリ文庫) SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF) 不思議屋/ダイヤモンドのレンズ (光文社古典新訳文庫) 郵便局と蛇: A・E・コッパード短篇集 (ちくま文庫) 大いなる不満 (新潮クレスト・ブックス) パインズ -美しい地獄- (ハヤカワ文庫NV)
 2014年のトピックでいちばん印象深いのは、やはり『ナイトランド』をめぐるあれこれ。年明け早々、≪ナイトランド叢書≫の予約者が集まらず、叢書が中止。そして雑誌『ナイトランド』の完全休刊と、ショックなニュースがありました。
 それが年後半になり、商業出版としての復活が告知され、ようやく年末寸前で復刊準備号が出ました。とりあえず、ほっとしました。
 本誌だけでなく、ぜひ≪ナイトランド叢書≫の企画も復活させていただきたいですね。

 さて、2014年に読んで面白かった本を、簡単に振り返っておきたいと思います。

 日本作家で印象が強いのは、矢部嵩の作品。『 〔少女庭国〕』 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)の突拍子のなさに驚き、『魔女の子供はやってこない』 (角川ホラー文庫)で、不覚にも感動させられてしまいました。デビュー作と2作目も読んだのですが、正直これが同じ作家の作品?と言うぐらい作品の質に差があり、逆にびっくりしました。何が出てくるかわからないという意味で、次回作が楽しみな作家ですね。
 他には、安定した幽霊屋敷ものである『どこの家にも怖いものはいる』(三津田信三 中央公論新社)、ドイツ・ロマン派を思わせる、奇妙なメルヘン『きんきら屋敷の花嫁』 (添田小萩 角川ホラー文庫)、新機軸のヒロイック・ファンタジー『スタープレイヤー』(恒川光太郎 角川書店)、カップリング作品が面白かった『牛家』(岩城裕明 角川ホラー文庫)などを面白く読みました。

 海外作品としては、やはり荒俣宏編の大アンソロジー≪怪奇文学大山脈≫全3巻の刊行が嬉しかったです。まだ3巻は未読なのですが、本邦初訳作品の多さ、充実した解説など、荒俣さんのまさに集大成的なアンソロジーだと思います。欲を言えば、もう少し立派な造本にしてほしかったというのはありますが。

 アンソロジーで一番良かったのは、馴染みのない作家が多かったにもかかわらず、なかなか楽しませてくれた、B・J・ホラーズ編『モンスターズ 現代アメリカ傑作短編集』(白水社)ですね。収録作品は軒並み良かったのですが、巻末のモスマンのコミックがとくに味わい深いです。
 あとは、『SFマガジン700 海外篇 創刊700号記念アンソロジー』 (山岸真編 ハヤカワ文庫SF)と『ミステリマガジン700 海外篇』(杉江松恋編 ハヤカワ・ミステリ文庫)の両雑誌のアンソロジーが粒揃いでした。

 クラシック作品としては、メイ・シンクレアの怪談集成『胸の火は消えず』(南條竹則編訳 創元推理文庫)、フィッツ=ジェイムズ・オブライエンのファンタジー集『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(光文社古典新訳文庫)、フランス怪奇小説のアンソロジー『最初の舞踏会 ホラー短編集3』(岩波少年文庫)、A・E・コッパードの短篇集『郵便局と蛇』(ちくま文庫)などが収穫。
 電子出版のみですが、『モーリス・ルヴェル短篇集1・2』(中川潤訳 Amazon kindle)とステファン・グラビンスキの作品(芝田文乃訳 パブー)も良かったです。ちなみにグラビンスキは来年度、単行本化の予定があるとかで、実にうれしいニュースです。

 個人短篇集としては、オーソドックスながら味わい深いSF短篇集『霧に橋を架ける』(キジ・ジョンスン 創元海外SF叢書)、ブラックな笑いの横溢する『大いなる不満』(セス・フリード 新潮クレスト・ブックス)、奇妙な味の現代小説『口のなかの小鳥たち』(サマンタ・シュウェブリン 東宣出版)、拾遺集とは思えないレベルの高い作品集『はい、チーズ』(カート・ヴォネガット 大森望訳 河出書房新社)が印象深いです。

 あとは、最近ハヤカワ文庫NVで、ジャンルミックス的な作品が多く出るようになりましたね。「作られた町」的なテーマで、ハラハラドキドキさせてくれる良質なエンターテインメント『パインズ 美しい地獄』(ブレイク・クラウチ)、タイムトラベルをひねった『プリムローズ・レーンの男』(ジェイムズ・レナー)などが面白かったです。まだ未読ですが『スカウト52』(ニック・カッター)も楽しみです。

 コミックとしては、残酷なメルヘン『かわいい闇』(マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン 原正人訳 河出書房新社) 、生物的SF短篇集『田中雄一作品集 まちあわせ』(講談社KCデラックス アフタヌーン) 、幻想小説の漫画化のある種の極致ともいえる『五色の舟』(近藤ようこ エンターブレインビームコミックス)、クールさと叙情味の同居する『夜とコンクリート』(町田洋 祥伝社)が良かったです。

 それでは、来年もよろしくお願いいたします。

1月の気になる新刊
1月7日刊 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(河出文庫 予価886円)
1月7日刊 植草甚一『雨降りだからミステリーでも勉強しよう』(ちくま文庫 予価1512円)
1月10日刊 フェルディナント・フォン・シーラッハ『禁忌』(東京創元社 予価1836円)
1月21日刊 キリル・ボンフィリオリ『チャーリー・モルデカイ3 ジャージー島の悪魔』(角川文庫 予価864円
1月21日刊 キリル・ボンフィリオリ『チャーリー・モルデカイ4 髭殺人事件』(角川文庫 予価864円)
1月刊 ジョナサン・スウィフト『「召使心得」 ほか』(平凡社ライブラリー 予価1620円)
1月22日刊 D・M・ディヴァイン『そして医師も死す』(創元推理文庫 予価1080円)
1月23日刊 ロバート・A・ハインライン『輪廻の蛇』(ハヤカワ文庫SF 予価972円)
1月23日刊 ポール・クリーヴ『殺人鬼ジョー 上・下』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価各972円)
1月27日刊 ミュリエル・スパーク『寝ても覚めても夢』(河出書房新社 予価1994円)


 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』が早くも文庫化です。文庫化にあたり、とくに増補はされていないようですね。
 キリル・ボンフィリオリは、4部作の残りが1月に刊行。3巻は、かってサンリオSF文庫に『深き森は悪魔のにおい』のタイトルで刊行された作品です。
 ハインラインの名作『輪廻の蛇』が復刊です。なぜ今?と思ったら、映画化に合わせての復刊のようです。主演はイーサン・ホーク、監督はスピリエッグ兄弟、映画化名は『プリデスティネーション』です。(公式サイトはこちら
 ハインライン作品では、『時の門』とならび、タイムパラドックスを扱った名作だと思います。初読の方は驚くんじゃないでしょうか。新編集でなければ、同じ短篇集に収録されると思うのですが、『ジョナサン・ホーグ氏の不愉快な職業』『かれら』『歪んだ家』など、秀作が目白押しなのでオススメです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

本の保護について考える その1 環境編
●色褪せに驚く

 僕は書店で本を購入するときに、いつも紙のカバーをつけてもらいます。読み終わった後は、カバーをつけたまま、本棚にしまっていました。
 先日、ふと目に付いた本のカバーを取って、背表紙を見てみると、なんと、かなりの色褪せが! 本を保管している部屋は、直射日光も当たらないので、カバーをつけたままにしておけば、保護になると思ってました。
 原因はおそらく紫外線です。部屋の蛍光灯から出る紫外線が、何年もかけて紙のカバーごしに当たり続けた結果、背表紙を劣化させたのでしょう。とくに赤系・ピンク系の色は褪せやすいので、アガサ・クリスティーの本などは、惨憺たる有様です。
 今まで本については、集めて、読むだけ。あまり保護については、考えてきませんでした。この辺で、もう少し蔵書の保護について考えたいと思います。


●LEDを導入

 まずは、紫外線をどうにかしたいです。蛍光灯は、紫外線を蛍光材に当てて光を出す仕組みなので、その原理上、紫外線が必ず出ます。表面の加工で紫外線を減らした蛍光灯もあると聞きますが、現在なら、蛍光灯にこだわる必要もありません。LED照明なら、紫外線がほとんど出ないということで、LEDの導入を決めました。
 LEDなら寿命も長く、10年前後使えます。熱が出ないので暑くならないし、紫外線が出ないので虫も寄ってこない。消費電力も少なくなる。しかも値段も随分と安くなっています。1万円出せば、それなりの質のライトが買えます。品物によっては、調色・調光機能のついたものもあるようです。
 結局、パナソニック製の1万ちょっとのモデルを購入しました。調色・調光機能付きです。今まで使っていた蛍光灯はペンダント型でしたが、今回は円盤型のシーリングライトです。以前よりも明るくなり、読書環境向上です。占める空間も少なくなったので、部屋も若干広くなったような気がします。
 調色・調光機能については、確かにいろんな色に調整できますが、お気に入りの色と明るさに一度調整した後は、いちいち変更することがないので、あまり使わないように思います。


●ブルーライトカット眼鏡

 寿命が長い、熱が出ない、虫が寄ってこない、電気代が安くなる、といいことづくめのLEDですが、やはりデメリットはあるもので、ブルーライトの放出が多くなるようです。ブルーライトは、可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っている光。LED照明だけでなく、パソコンのディスプレイなどからも放出されています。
 この際、対策として眼鏡も新調しておこう、ということで、眼鏡屋さんでブルーライトカット加工の眼鏡を新調しました。
 ところが、ここで落とし穴が。青い光を反射するための加工のため、その眼鏡をかけると視界が黄ばんで見えるのです。これは青の補色が黄色のため、レンズが黄色味を帯びているからです。
 最初は気になりましたが、時間が経つにつれて慣れてしまいました。店員は「世界が明るく見えるようになる」と、大げさなことを言っていましたが、黄味を帯びると、たしかに物が明るく見える傾向はありますね。


● 窓ガラスには紫外線カットフィルム

 さて、照明の紫外線対策はしましたが、日光による紫外線も問題になります。本を保管してある部屋は内側の部屋のため、直射日光は入りませんが、念のため、部屋の外側にある窓に、紫外線カットフィルムを貼ります。これは1メートル四方で1500円ぐらいのものを何点か買いました。紫外線を99%カット、熱もある程度防ぐので、真夏にもあまり暑くならないということです。
 この手のフィルムは水を使って貼るものが多いようですが、我が家のガラスはくもりガラスで凸凹があるので使えません。というわけで、透明シールを使って貼るタイプのものを購入しました。
 フィルムの規定サイズが決まっているので、我が家の窓のサイズを測って、切らなければなりません。1メートル四方のフィルムを切るために、事前に1メートル超のカッターマットを用意していたのですが、切る段になって気づきました。長い定規がない! しょうがないので、30cmの定規を使って、少しづつ切っていきますが、これが上手く切れず大変でした。
 少し曲がってしまいましたが、フィルムを窓に貼って出来上がりです。透明の両面テープが付属していたので、四方と真ん中に貼り付け、その上にフィルムを貼ります。はがすのも簡単そうですが、逆に言うと、とれやすそうでもあります。とりあえずお試しということで、作業終了です。


次回は、本そのものの保護について書きたいと思います。
最近読んだ本

4041021626牛家 (角川ホラー文庫)
岩城 裕明
KADOKAWA/角川書店 2014-11-22

by G-Tools

 『牛家』『瓶人』の2編を収録した短篇集です。

 『牛家』 特殊清掃員が同僚とともに訪れたゴミ屋敷。圧倒的なゴミの量を前に、一日で片付けきれず、翌日再び訪れた彼らの前に現れたのは、前日と全く同じゴミでした。やがて異様な幻覚も現れはじめて…。
 起承転結ははっきりせず、ムードと雰囲気で終始する作品なので、好き嫌いは別れる作品ですね。ゴミ屋敷の情景描写や幻覚の生々しさなどはインパクトがあります。語り手の妻が神経を病んでいて、現実でも幻覚でも語り手が苦しめられるという、悪夢めいたところが読みどころです。

 『瓶人』 一族には死人を甦らせる秘法が伝えられていました。甦った人間は「瓶人」と呼ばれ、甦らせた人間に忠実に従うのです。母親は、死んだ父親を甦らせますが、生前とは異なる父親に失望し、家を出てしまいます。
 父親と二人暮らしをすることになった少年は、世話をしてくれる父親に感謝をしつつも、複雑な思いを抱きますが…。
 いわゆるゾンビものなのですが、甦った死人があっけらかんとしていて、日常生活や子育てを普通に行っているという、変にコミカルなところが面白いですね。死んだ父親の愛情が本物ではないという、鬱屈した思いを抱く少年の心理が丁寧に描かれています。傑作だと思います。

 表題作はともかく、『瓶人』はぜひ読んで欲しい作品ですね。



4041019249スタープレイヤー (単行本)
恒川 光太郎
KADOKAWA/角川書店 2014-08-30

by G-Tools

 くじ引きで一等賞を当て、その景品として異世界に飛ばされてしまった女性、夕月。その世界でのみ通用する、十の願いをかなえる権利を得た人間は「スタープレイヤー」と呼ばれていました。夕月は、自らの願いを次々とかなえますが、やがて同じ力を持つ「スタープレイヤー」と出会うに及び、生き方を変えていくことになります。
 何でも願いがかなうというテーマを聞いて、単純な願望充足的ファンタジーだと想像しがちですが、なかなか一筋縄ではいきません。そもそも元の世界に帰れば、願いの結果も記憶もなくなります。そして願い自体も、詳細な条件を満たしたうえでなければ、かなえられないのです。
 そもそも異世界自体が、原住民や社会などはあるものの、未発達な世界に設定されています。主人公や仲間の「スタープレイヤー」たちは、願いを使って社会を作っていこうと考えるのです。このあたり、開拓もののような要素もあり、単純なヒロイック・ファンタジーには終わりません。
 この作家の作品は、全作品読んでいます。叙情的な要素とクールな要素とが微妙に入り混じった作風が特徴ですが、今作は、今までの作品とはだいぶ毛色が変わっています。願い自体よりも、その願いによって何を変えることができるのか、他人や社会をどうやって動かしていくのかという、前向きなテーマが扱われており、読後感も非常にいいものに仕上がっています。



4150413215プリムローズ・レーンの男〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
ジェイムズ レナー James Renner
早川書房 2014-10

by G-Tools
4150413223プリムローズ・レーンの男 下 (ハヤカワ文庫NV)
ジェイムズ レナー James Renner
早川書房 2014-10-10

by G-Tools

 犯罪ノンフィクション作家、デイヴィッドは産後間もない妻が自殺してから、筆を絶っていました。しかし担当編集者のもちこんだ事件に興味をそそられ、再び調査を始めます。
 殺された老人は、「プリムローズ・レーンの男」と呼ばれた世捨て人でした。一年中ミトンをはめていたという老人は、指が全て粉々になっていたというのです。やがて死んだ妻の指紋が老人の自宅から発見されるに及び、デイヴィッドに殺人容疑がかかりますが…。
 これはなかなか面白いジャンル・ミックス小説です。上下巻になりますが、上巻では、謎の提出と地道な捜査がメインとなります。それなりに面白く読めますが、正直派手な展開はまだありません。本領は下巻になってから。怒涛の真相が次々と明かされていき、上巻で提出された伏線が回収されていくのは爽快です。
 かなりSF的な要素が強いので、本格的なミステリを期待すると、ちょっと期待はずれかもしれませんが、とにかく面白い小説ですので、オススメしておきたいと思います。



4885880831口のなかの小鳥たち (はじめて出逢う世界のおはなし―アルゼンチン編)
サマンタ シュウェブリン Samanta Schweblin
東宣出版 2014-10-18

by G-Tools

  アルゼンチンの若手作家による短篇集です。内容的には、起承転結のはっきりした「奇妙な味」の作品と、シュールなイメージに満ちた掌編とに分けられるでしょうか。
 小鳥を食べ始めた少女と娘に困惑する父親を描く『口のなかの小鳥たち』、人魚の男性と出会った女を描く『人魚男』、ある日大勢の子どもが消えてしまった村で、子どもを探すために大人がみな穴を掘り出すという『地の底』、異様に短気な男の人生を描いた『アスファルトに頭を叩きつけろ』など、面白い作品が収められています。
 おもちゃ屋に居ついてしまった厄介ものの青年、しかし彼が並べたおもちゃのレイアウトは子どもを引きつけ、店も繁盛するようになる、という『ものごとの尺度』、鬱病の弟が具合が悪くなるほど、一族が幸せになっていくという、ブラックな『弟のバルテル』などが、見事な出来栄え。



4001146134最初の舞踏会 ホラー短編集3 (岩波少年文庫)
平岡 敦
岩波書店 2014-11-28

by G-Tools

 子ども向けに編まれたホラー作品集の3巻目は、フランス編です。全15編が収められています。収録作品を紹介しておきましょう。

シャルル・ペロー『青ひげ』
テオフィル・ゴーティエ『コーヒー沸かし』
ギ・ド・モーパッサン『幽霊』
ジュール・シュペルヴィエル『沖の少女』
レオノラ・カリントン『最初の舞踏会』
ギヨーム・アポリネール『消えたオノレ・シュブラック』
マルセル・エーメ『壁抜け男』
モーリス・ルヴェル『空き家』
アルフォンス・アレー『心優しい恋人』
エミール・ゾラ『恋愛結婚』
モーリス・ルブラン『怪事件』
アンドレ・ド・ロルド『大いなる謎』
ボワロー=ナルスジャック『トト』
ジャン・レイ『復讐』
プロスペル・メリメ『イールの女神像』

 ウィットに富んだ軽妙さ、洗練された語り口、とフランスらしい作品が集められた、いいアンソロジーだと思います。アポリネールとエーメ、壁抜けを扱った2作品を並べるところなどにくいですね。
 とはいえ、名作だけに、怪奇アンソロジーのファンにとっては、お馴染みの作品が多いです。ただ、本邦初訳として、モーリス・ルブラン『怪事件』とアンドレ・ド・ロルド『大いなる謎』といった作品もとられており、初心者にもマニアにも楽しめるアンソロジーに仕上がっていると思います。
 『怪事件』は、元検事が語る陰惨かつ不可思議な猟奇事件を描いた作品。ものすごく後が読みたくなる展開なのですが、オチがちょっと残念。
 『大いなる謎』は、死んだ妻が自分のもとを訪れていると信じる男に対し、真実を暴こうとする語り手を描いた作品。グラン・ギニョルの代表的作者らしい作風ですね。



4309274897恐怖の作法: ホラー映画の技術
小中 千昭
河出書房新社 2014-05-15

by G-Tools

 独自のホラー理論「小中理論」で知られる脚本家、小中千昭がホラー映画、恐怖を扱ったエンタテインメントについて語ったエッセイ集です。
 以前に刊行された『ホラー映画の魅力―ファンダメンタル・ホラー宣言』 (岩波アクティブ新書)が母体になっているので、かなりの部分で重複はありますが、ホラー作品に興味のある方なら読んで損はない本でしょう。
 タイトルからは、ホラー映画やホラー作品を創作する上での技術的な指南書みたいなものを想像すると思うのですが、実際はちょっと違います。確かに技術的なものを語った部分もありますが、むしろ著者個人の「恐怖とは何か」についての探求、といった要素が強いです。その意味で、現代のネット怪談や都市伝説について語った第二部の内容はひじょうに読み応えがあります。



4063883876アイリウム (モーニング KC)
小出 もと貴
講談社 2014-11-21

by G-Tools

 これはコミック。1粒飲めば24時間分の記憶が消える薬「アイリウム」が流通した世界を舞台に、様々な人間模様を描くオムニバス短篇集です。
 嫌なことを忘れるために使う人間、殺人の記憶を消すために使う軍隊など、エピソードごとにシチュエーションは異なります。どのエピソードも、それぞれ問題意識にあふれていて、読後いろいろと考えさせられる奥行きがあります。
 どのエピソードもよく練られているのですが、数年後に必ず自分のことを忘れてしまう妻との生活を送る男を描いた4話、見込みがない患者の手術を薬で忘れさせられる女医を描いた6話は、特に力作だと思います。
 これほど読み応えのあるコミックは久しぶりです。1話がWebで試し読みできるので、気になった方はぜひ。(http://morning.moae.jp/lineup/352


プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する