2月の気になる新刊と1月の新刊補遺
1月28日刊 デイヴィッド・リンゼイ『アルクトゥールスへの旅』(文遊社 予価3465円)
1月31日刊 バロネス・オルツィ『隅の老人 完全版』(作品社 予価7140円)
2月6日刊 カミ『機械探偵クリク・ロボット』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価756円)
2月6日刊 アヴラム・デイヴィッドスン『どんがらがん』殊能将之編(河出文庫 予価998円)
2月7日刊 『もっと厭な物語』(文春文庫 予価683円)
2月13日刊 マシャード・ジ・アシス『ドン・カズムッホ』(光文社古典新訳文庫)
2月19日刊 諸星大二郎『稗田の生徒たち 1 夢見村にて 妖怪ハンター』(集英社 840円)
2月22日刊 ダリオ・トナーニ『モンド9 (モンドノーヴェ)』(シーライトパブリッシング 予価1890円)
2月24日刊 『文藝別冊 夢野久作』(河出書房新社 予価1260円)
2月26日刊 ブライアン・エヴンソン『遁走状態』(新潮社 予価2205円)
2月28日刊 メイ・シンクレア『胸の火は消えず』南條竹則編訳(創元推理文庫 予価1323円)
2月28日刊 紀田順一郎編『書物愛 (海外篇)』(創元ライブラリ 予価1050円)
2月28日刊 紀田順一郎編『書物愛 (日本篇)』(創元ライブラリ 予価1050円)


 バロネス・オルツィ『隅の老人 完全版』は、今まで未訳だった作品を含む、全38篇の全集。「シャーロック・ホームズのライヴァルたち」のなかでは、いちばん好きなシリーズなのですが、値段が値段だけに、購入は考えてしまいますね。
 『厭な物語』が好評だったようで、続編のアンソロジー『もっと厭な物語』が登場です。前回のアンソロジーも面白かったのですが、収録作品自体は手に入りやすい作品が多かったので、もっと珍しい作品を発掘してくれると嬉しいです。
 ダリオ・トナーニ『モンド9 (モンドノーヴェ)』は、現代イタリアSF作家の短編集だそうで、気になります。最近は、ヨーロッパ系のSFがめっきり紹介されることがなくなったので、貴重な翻訳ですね。
 2月のイチオシはこれでしょうか。メイ・シンクレア『胸の火は消えず』。怪奇小説ファンにはお馴染みのメイ・シンクレアの怪奇小説集です。シンクレアの怪奇小説は、単なる幽霊話に終わらないところが魅力的です。
 以前に晶文社から出た書物をテーマにしたアンソロジー『書物愛』が創元社から文庫化になります。本好きの人なら楽しめる作品揃いなのでぜひ。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

2014年の気になる新刊と《ナイトランド叢書》
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 
 新年早々、嬉しいニュースがありました。ホラー専門誌『ナイトランド』を刊行している出版社トライデント・ハウスより、《ナイトランド叢書》創刊のアナウンスがあったのです。
 非常にマニアックなホラー小説を集めたシリーズのようです。内容は以下のもの。

《ナイトランド叢書》第一期(タイトルは仮題です)

ジョー・R・ランズデール『死者の町』友成 純一・訳
ロバート・E・ハワード『失われた者たちの谷 ハワード怪奇幻想傑作選』中村 融・編訳
デニス・エチスン『ダーク・カントリー(自選版)』植草 昌実・訳

(続刊予定)(タイトルは仮題です)

ウィリアム・ミークル『幽霊狩人カーナッキの帰還』(連作短篇集)
グリン・バーラス&ロン・シフレット『ウェストという男』(連作短篇集)
サイモン・ストランザス『黒いモスリンの小さな穴』(短篇集)

 いちばん気になるのは、デニス・エチスンの短編集ですね。あとは、ハワード短編集とサイモン・ストランザス短編集でしょうか。
 ただ、マニアックなラインナップゆえか、予約が集まらないと刊行できないそうで、以下がその条件です。

 ・出版社直販、完全予約制
 ・予約は各タイトルのページから。
 ・限定2,000部
 ・予約が1,000部に達した時点で企画成立。

 ランズデールやハワードは余裕で予約が集まるでしょうが、エチスンあたりは微妙ですね。以前、雑誌の記事で、幻想文学のコアなファンは、日本で1000人ぐらいと言っていたような覚えがあります。その意味では、予約1000部は厳しい条件のような気がします。
 このシリーズ、将来的に入手困難になるのは、ほぼ確実ですので、ファンの方は今のうちに予約しておくことをオススメします。
 とにかく、予約が集まらないと始まらないので、ホラーファンの方は応援お願いします!
 紹介ページはこちらから → 《ナイトランド叢書》創刊!


 さて、2014年2月以降に刊行が予定されている本の中から、気になるタイトルを挙げておきます。

2月刊
メイ・シンクレア『胸の火は消えず』(南篠竹則編訳 創元推理文庫)
ブライアン・エヴンソン『遁走状態』(柴田元幸訳 新潮社)

3月刊
グスタフ・マイリンク『ゴーレム』(今村孝訳 白水Uブックス 海外小説永遠の本棚)

4月刊
カレン・ラッセル『狼少女たちの聖ルーシー寮』(松田青子訳 河出書房新社)


マイクル・コーニイ『ブロントメク!』(遠山峻征訳 河出文庫)
ジョン・スラデック『ロデリック』(柳下毅一郎訳 河出書房新社)
マリー・ポムピュイ原案、ファピアン・ヴェルマン作、ケラスコエット画『かわいい闇』(原正人訳 河出書房新社)
セス・フリード『大いなる不満』(藤井光訳 新潮社)

8月
B・ホラーズ編『モンスターズ』(古屋美登里訳 白水社)


ショーン・タン『夏の約束』(岸本佐知子訳 河出書房新社)
岸本佐知子編訳『コドモノセカイ』(河出書房新社)
エドワード・ゴーリー『患の神』(柴田元幸訳 河出書房新社)

未定
●横山茂雄・若島正責任編集 海外文学シリーズ(国書刊行会)
アイリス・オーウェンズ『After Claude』(1973)
L.P.デイヴィス『The Artificial Man』(1965)
シャーリイ・ジャクスン『TheBird's Nest』(1954)
ドナルド・ウェストレイク『Adios,Scheherazade』(1970)
ステファン・テメルソン『The Mystery of the Sardine』(1986)
ロバート・エイクマン『The Attemped Rescue」(1966)
チャールズ・ウイリアムズ『The Place of the Lion』(1933)
ジョン・メトカーフ短篇集
サーバン『The Doll Maker and Other Tales of the Uncanny』(1953)
マイクル・ビショップ『Who Made Stevie Crye?』(1984)

『マルセル・シュオッブ全集』(国書刊行会)


 怪奇小説ファンとしては、やはりメイ・シンクレア怪談集が楽しみです。
 国書刊行会の、横山茂雄・若島正責任編集のシリーズはとんでもなくマニアックなタイトルを出してきてますね。 この中ではL.P.デイヴイスとジョン・メトカーフ短篇集が気になります。ただ、刊行はずいぶん先になりそうな気がしますが…。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する