2013年を振り返って
闇の国々IV 猫の目 神様降臨 ジャック・リッチーのあの手この手 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) バン、バン! はい死んだ: ミュリエル・スパーク傑作短篇集 予期せぬ結末1 ミッドナイトブルー (扶桑社ミステリー) 予期せぬ結末2 トロイメライ (扶桑社ミステリー) 時を生きる種族 (ファンタスティック時間SF傑作選) (創元SF文庫) たんぽぽ娘 (奇想コレクション) 夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 永遠のアダム リライト (ハヤカワ文庫JA) リビジョン (ハヤカワ文庫JA) 角のないケシゴムは嘘を消せない (講談社ノベルス)
 もうすぐ2013年が終わります。

 振り返って、印象に残っているトピックとしては、≪奇想コレクション≫シリーズの完結でしょうか。唯一未刊行だった、ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』がようやく刊行されたのも嬉しい驚きでしたが、この短編集が社会的に話題になったというのも驚きでした。
 10年前ぐらいから続いていた、異色作家系の短編集の刊行も、これでしばらく落ち着いてしまうのかと思いました。一時期は、≪奇想コレクション≫≪異色作家短編集≫≪ダーク・ファンタジー・コレクション≫≪青心社SF≫など、毎月のように短編集が刊行されていて、短編好きにとっては至福の時期でしたから。
 ただ、河出書房からは、叢書名こそ冠されていませんが、コンスタントに海外作家の短編集が刊行されていて、これからも期待ができそうです。また、扶桑社ミステリーから刊行中の≪予期せぬ結末≫シリーズも応援していきたいですね。
 あと、毎回刊行を楽しみにしていたホラー専門誌『ナイトランド』の休刊も残念なトピックでした。来年の復帰と新展開を期待しています。

 さて、印象に残った本としては、4巻で完結したフランスのコミック、ブノワ・ペータース, フランソワ・スクイテン『闇の国々』(小学館集英社プロダクション)をまず挙げたいです。エピソード自体の出来不出来はあるものの、どれもが圧倒的な画力と丁寧に構築された世界観を持っていて、まるで小説を読んでいるような読後感を得られます。幻想小説やSF小説から触発されたと思しい要素を見つけるのも、楽しい作業でした。
 海外コミックでは、アレハンドロ・ホドロフスキー/メビウス『猫の目』(竹書房)やマルク=アントワーヌ・マチュー『神様降臨』(河出書房新社)も面白く読みました。『神様降臨』は、ほとんど風刺SFというかスラップスティック・コメディで、才気を感じさせる作品でした。マチューは未訳作品にも面白そうなものがあるようなので、ぜひ続けて出してほしいです。
 海外小説は、以下順不同で印象に残ったものを。

 ジャック・リッチー『ジャック・リッチーのあの手この手』(ハヤカワ・ミステリ)
 ミュリエル・スパーク『バン、バン! はい、死んだ ミュリエル・スパーク傑作短篇集』(河出書房)
 アンドリュー・カウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』(東京創元社)
 リュドミラ・ペトルシェフスカヤ『私のいた場所』(河出書房新社)
 ジョン・コリア『予期せぬ結末1 ミッドナイトブルー』 (扶桑社ミステリー)
 チャールズ・ボーモント『予期せぬ結末2 トロイメライ』(扶桑社ミステリー)
 中村融編『時を生きる種族 ファンタスティック時間SF傑作選』(創元SF文庫)
 アルジャノン・ブラックウッド『人間和声』(光文社古典新訳文庫)
 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(河出書房新社)
 会津信吾・藤元直樹編『怪樹の腕 〈ウィアード・テールズ〉 戦前邦訳傑作選』 (東京創元社)
 西崎憲編『怪奇小説日和』(ちくま文庫)
 クリストファー・プリースト『夢幻諸島から』(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
 ジュール・ヴェルヌ『永遠のアダム』(文遊社)

 日本作家では、今年はまったのは、法条遥と白河三兎ですね。
 法条遥は、デビュー作の『バイロケーション』 (角川ホラー文庫)から、肌合いの合う作家だなと思っていたのですが、出す作品がことごとくツボにはまる感じで、追いかけていきたい作家になりました。
 登場人物に対する扱いにすごく理不尽なところがあるので、合わない人には合わないかもしれません。題材自体に新鮮さがあるわけではないのですが、ジャンル小説の「型」の崩し方がすごく独特なので、非常にユニークに感じます。
 仮想現実ものの『404 Not Found』(講談社ノベルス)、ブラックな時間SF『リライト』(ハヤカワ文庫JA)とその続編『リビジョン』(ハヤカワ文庫JA)も面白く読みました。『バイロケーション』が映画化だそうで、これからブレイクしそうな感じですね。
 白河三兎は、破天荒なシチュエーションで始まる『もしもし、還る。 』(集英社文庫)ではまり、過去作品を全て読破しました。基本的には青春小説の人だと思うのですが、風変わりな味付けが気に入っています。透明人間との恋愛を描く『角のないケシゴムは嘘を消せない』(講談社ノベルス)、ある意味過酷なシチュエーションを軽妙に描いた『私を知らないで』(集英社文庫) がオススメです。

それでは、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

1月の気になる新刊
1月8日刊 高原英理編『リテラリーゴシック・イン・ジャパン 文学的ゴシック作品選』(ちくま文庫 予価1600円)
1月8日刊 つばな『バベルの図書館』(太田出版 682円)
1月9日刊 E・T・A・ホフマン『砂男/クレスペル顧問官』(光文社古典新訳文庫)
1月10日刊 ジェイムズ・サーバー『虹をつかむ男』(ハヤカワepi文庫 予価735円)
1月10日刊 フィリップ・K・ディック『時は乱れて』(ハヤカワ文庫SF 予価882円)
1月24日刊 ロバート・ジャクソン・ベネット『カンパニー・マン 上・下』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価各882円)
1月24日刊 オースン・スコット・カード『無伴奏ソナタ 新訳版』(ハヤカワ文庫SF 予価1050円)
1月28日刊 クラフト・エヴィング商會『クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会』(平凡社 予価2625円)


 高原英理編『リテラリーゴシック・イン・ジャパン 文学的ゴシック作品選』は、日本のゴシック的作品を集めたアンソロジー。編者のページで収録作品が紹介されているのですが、古典的な作品だけでなく、現代作品も多数収録しているようです。乙一や桜庭一樹の名前も見えるあたり、幅広い選択眼ですね。
 光文社古典新訳文庫の新刊はホフマン。いちばんの有名作といってもいい『砂男』『クレスペル顧問官』『大晦日の夜の冒険』を収録。ホフマンは、ほぼ現役で手に入る本がなくなっているので、邦訳が出るのは大歓迎なのですが、もうちょっと収録作品を多くしてくれると嬉しいですね。『カロ風幻想作品集』『夜景作品集』などの、短編集単位で訳すとか。
 ジェイムズ・サーバー『虹をつかむ男』は、異色作家短編集からの文庫化。以前ランジュランの『蝿』が文庫化されたことはありますが、それ以来ですね。
 ロバート・ジャクソン・ベネット『カンパニー・マン』は、「他人の心が読める調査員は、組合員惨殺事件の謎に迫る」というSFミステリ。これは気になります。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

宇宙がいっぱい  文系読者のための宇宙入門ガイド
 僕はガチガチの文系で、小さいころから、算数・理科、長じては数学・物理・化学など、全く苦手な科目でした。正直、一般常識レベルの理系知識も怪しいところがあります。
 SF小説も大分読むようになりましたが、ハードSFは全然受付けないし、ハードSFでなくても、作品で科学知識が扱われている場合、ちゃんと理解できているかどうか、心もとありません。
 その意味で、SF作品を読む場合でも「SF」としてよりも「ファンタジー」として読んでいる面が強いのではないかと思います。SF作品の中でも、レイ・ブラッドベリやクリフォード・シマック、ロバート・シェクリイなどが肌に合うのも、そこらへんが理由なのでしょう。
 もう少し基礎的な知識を理解したいな、と思い始めたのが、2、3年前のこと。そこで、いちばん興味がある宇宙・天文分野の本を読み始めました。難しい数式などを使わず、丁寧に読んでいけばちゃんと理解できる。そして大事なことですが、読んでいて面白い本、という観点で記憶に残っている本を紹介したいと思います。


 まずは、本当の入門書的な本。次の2冊がオススメです。どちらも、読者に語りかけるようなスタイルで、わかりやすく書かれています。


4344976339小さい宇宙をつくる―本当にいちばんやさしい素粒子と宇宙のはなし
藤本順平
幻冬舎 2012-12-22

by G-Tools
4781609910すごい宇宙講義
多田将
イースト・プレス 2013-06-29

by G-Tools


 特に、『すごい宇宙講義』の方は、これだけ複雑なことを、これほどわかりやすく説明できるのか、と驚かされます。多田将には、もう1冊、素粒子物理の本もあって、こちらも面白いです。


4781606245すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線
多田 将
イースト・プレス 2011-08-11

by G-Tools



415208667X宇宙 起源をめぐる140億年の旅 (ハヤカワ・ポピュラー・サイエンス)
N・D・タイソン D・ゴールドスミス 水谷 淳
早川書房 2005-08-25

by G-Tools
4152089733ブラックホールで死んでみる―タイソン博士の説き語り宇宙論
ニール・ドグラース・タイソン 吉田 三知世
早川書房 2008-10-23

by G-Tools


 N・D・タイソン、D・ゴールドスミス『宇宙 起源をめぐる140億年の旅』(水谷淳訳 早川書房)は、宇宙の起源から説き起こし、太陽系の誕生、生命の誕生、地球外生命の可能性など、幅広く取り扱っている啓蒙的な本。
 ニール・ドグラース・タイソンの単著『ブラックホールで死んでみる―タイソン博士の説き語り宇宙論』(吉田三知世訳 早川書房)は、短いコラムのような形式で書かれた宇宙に関するエッセイで、こちらも興味深いです。正直、かなり専門的な知識が出てくるエッセイもあるので、興味のあるものを拾い読みする、という読み方の方が楽しめるかも。


 僕が宇宙関係でいちばん面白く読んだのは、ニール・F・カミンズの著書でしょうか。


4062574926宇宙100の大誤解―言われてみれば間違いだらけ (ブルーバックス)
ニール・カミンズ 加藤 賢一
講談社 2005-08-21

by G-Tools
4797340428もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き
ニール・F・カミンズ 三宅 真砂子
ソフトバンククリエイティブ 2008-04-19

by G-Tools
4487761131もしも月がなかったら―ありえたかもしれない地球への10の旅
ニール・F. カミンズ 竹内 均
東京書籍 1999-07

by G-Tools
4487804949もしも月が2つあったなら ありえたかもしれない地球への10の旅 Part2
ニール F カミンズ 増田 まもる
東京書籍 2010-09-23

by G-Tools


 『宇宙100の大誤解―言われてみれば間違いだらけ』は、一般人が思い込んでいる宇宙に関する誤解を正すのと同時に、正しい知識を説明する、という趣旨の本です。干潮・満潮はなぜ起こるのかや、季節はなぜあるのか?など、普段疑問を抱かずに受け入れている現象について、目から鱗が落ちるような気になります。
 『もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き』は、近未来、宇宙旅行が可能になったとして、どんな危険があるのか、という面に重きを置いて書かれた仮想宇宙サバイバルのガイドブックです。隕石、大気、重力など、地球とほんの少し条件が変わっただけで、人間はこうも脆いのか、と考えさせられてしまいます。
 『もしも月がなかったら―ありえたかもしれない地球への10の旅』とその続編『もしも月が2つあったなら ありえたかもしれない地球への10の旅 Part2』は、地球が成立したときの条件が変わったら、地球の環境はどうなるのか?という、仮想シミュレーションを行う、非常に興味深いテーマを扱っています。
 もしも月が存在しなかったら、地球はどのようになっていたか? 月が2つあったら? 地球が太陽からもっと遠いところにあったら? もしくはもっと近いところにあったら?など、ほんの少し条件が変わっただけで、地球の環境がものすごく変わってしまう、ということに驚かされること請け合いです。灼熱の惑星になったり、極寒の惑星になったり、自転が高速になったり、強風や地震の頻発する星になったりと、ほとんどSFの世界。SFファンにも楽しめる本だと思います。
 極端な条件を仮定することによって、逆に、なぜ地球が今のような環境になったのか考えさせる、という面でも実に啓発されるところの多い本ですね。とくに、月がこれほど地球にとって大切な存在だったというのは驚きでした。


宇宙に存在する、興味深いトピックについて、書かれているのが、


4416206313ミステリアスな宇宙
半田 利弘
誠文堂新光社 2006-09-22

by G-Tools



 同じようなコンセプトですが、さらに奇妙な星や常識はずれの天体について書かれているのが、


4309252729とてつもない宇宙 ---宇宙で最も大きい・熱い・重い天体とは何か?
ブライアン ゲンスラー 松浦 俊輔
河出書房新社 2012-11-09

by G-Tools


 こちらは、もう人間の想像を超える大きさ、重さ、熱さをもった天体がどんどん出てきて、唖然とします。星の直径が何光年とか、もう想像もできないですね。


 近年、相次いで発見されている系外惑星(太陽系外の惑星)についてまとめられているのが、


4569796931スーパーアース (PHPサイエンス・ワールド新書)
井田 茂
PHP研究所 2011-05-21

by G-Tools


 太陽系の惑星とは異なる「異形の惑星」だけでなく、地球に似た環境の「スーパーアース」についても触れられています。


 無限に思える宇宙にも寿命がある。それはどのような形で終わるのか?というテーマで書かれたのが


4794206712宇宙 最後の3分間 (サイエンス・マスターズ)
ポール デイヴィス Paul Davies
草思社 1995-11

by G-Tools


 何百兆年とか、これまた、スケールが大きいテーマの本です。



4393322169奇想、宇宙をゆく―最先端物理学12の物語
マーカス チャウン Marcus Chown
春秋社 2004-03

by G-Tools


 マーカス・チャウン『奇想、宇宙をゆく―最先端物理学12の物語』(長尾力訳 春秋社)は、物理学の先端で研究されている理論をいくつか紹介した本。とはいっても、それらの理論は常識では考えられないものばかりなのです。時間が逆流する、見えない次元がある、宇宙は複数ある、など。複雑怪奇な理論を一般にわかりやすく説明する著者の筆は見事です。


41408157282100年の科学ライフ
ミチオ・カク 斉藤 隆央
NHK出版 2012-09-25

by G-Tools


 ミチオ・カク『2100年の科学ライフ』(斉藤隆央訳 NHK出版)は、厳密には宇宙だけについて書かれた本ではないのですが、とても面白い本なので、紹介しておきます。2100年に実現している科学技術によって、人間の生活がどのように変わるか、という未来予想について書かれた本です。奇をてらうのではなく、あくまで現代の水準から予測して、実現可能なものを取り上げているというコンセプトです。とはいえ、思考で物を動かすとか、絶滅動物をDNAから甦らせるとか、かなり大胆な仮定も含まれています。

同じく、ミチオ・カクの著書から


4140810866パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ
ミチオ カク Michio Kaku
日本放送出版協会 2006-01

by G-Tools


 いわゆる「パラレルワールド」について書かれた本。ひも理論や多宇宙など、複雑な理論について触れられますが、基礎的な知識を丁寧に説明しながら進むので、ゆっくり読んでいけばわかります。タイトルからしてトンデモ本かと思いきや、実に地に足の着いた本。


 やはり宇宙に関しては、文章だけよりもビジュアルで見たほうが具体的なイメージがわきます。


4405108021惑星・太陽の大発見―46億年目の真実 ビジュアル版 (大人のための図鑑)
田近 英一
新星出版社 2013-07-03

by G-Tools


 最新の研究に基づいた惑星や衛星、太陽系について、写真を多く使って、わかりやすくまとめられています。入門書の副読本として読むといいのではないでしょうか。


476612264X宇宙のはかり方 (ビジュアル雑学図鑑)
縣 秀彦
グラフィック社 2011-08-05

by G-Tools


 人間の常識を超える単位を持つ宇宙について、具体的に「どれぐらい」なのか、というのを実感してもらうために、人間にわかる尺度で宇宙を説明した本です。光の速さはどのぐらいなのか? 他惑星の大きさはどのぐらいなのか? などを人間が理解できる尺度に置き換えて比べてみせます。ブラックホールの質量を、奈良の大仏何体分で表すなど、微妙なユーモアもあって楽しめます。


4023309931宇宙の地図
観山正見 小久保英一郎
朝日新聞出版 2011-12-20

by G-Tools


 これは実に素晴らしいコンセプトの本。国立天文台の上空写真からスタートし、だんだんと地球から遠ざかって宇宙の全体図が示されていきます。10mの乗数ごとに距離が広がっていくので、地球、太陽系、銀河系と、スケールがだんだんと大きくなっていきます。最後はなんと地球から1000億光年の距離!
 画像だけで、宇宙のとてつもない広さを実感させてくる、得がたい本です。


プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する