FC2ブログ
5月の気になる新刊と4月の新刊補遺
4月22日刊 『空想の建築』(エクスナレッジ 予価2940円)
5月9日刊 ロアルド・ダール『あなたに似た人 新訳版 1・2』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価各798円)
5月14日刊 アルジャノン・ブラックウッド『人間和声』(光文社古典新訳文庫)
5月17日刊 ディーノ・ブッツァーティ『七人の使者・神を見た犬 他13篇』(岩波文庫 予価756円)
5月18日刊 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(復刊ドットコム 予価1050円)
5月21日刊 サックス・ローマー『骨董屋探偵の事件簿』(創元推理文庫 予価903円)
5月22日刊 シギスムンド・クルジジェノフスキィ『神童のための童話集』(河出書房新社 予価2625円)
5月22日刊 マルク=アントワーヌ・マチュー『神様降臨』(河出書房新社 予価2625円)
5月22日刊 フランセス・F・バーネット『白い人びと』(みすず書房 2940円)
5月24日刊 南條竹則『怪奇三昧 英国恐怖小説の世界』(小学館クリエイティブ 予価1890円)
5月25日刊 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(河出書房新社 予価1995円)
5月31日刊 ポール・ボウルズ編『モロッコ幻想物語』(岩波書店 2520円)
5月31日刊 コリン・ウィルソン『クトゥルフへの招待』(仮題)(扶桑社ミステリー)
5月刊 ロジェ・カイヨワ『カイヨワ幻想物語集 ポンス・ピラトほか』(景文館書店 予価1260円)

 5月は、怪奇幻想系の出版物がいつになく充実してますね。
 ダールの短編集は、名作『あなたに似た人』の新訳版。単行本未収録作も追加されるようです。
 ブラックウッド『人間和声』の出版には驚きました。かって『人間弦』の仮題で翻訳の予定もあった、幻の作品です。
 ブラックウッドに劣らず驚いたのが、サックス・ローマー『骨董屋探偵の事件簿』です。これ、「シャーロック・ホームズのライヴァルたち」に分類されることもあるようですが、どちらかというと≪ジョン・サイレンス≫とか≪カーナッキ≫と同類の、オカルト探偵ものに近い傾向の作品です。事件現場を訪れた探偵が眠り込み、夢を見て事件を解決するという変り種。幻想文学ファンは要チェックですね。
 『ビブリア古書堂』効果というべきか、何年も刊行予定のままだった『たんぽぽ娘』がついに刊行です。同時に、同名のコバルト文庫のアンソロジーも復刊!だと思ったら、こちらは『たんぽぽ娘』単品のみの復刊のようです。翻訳権の問題でしょうか。
 南條竹則『怪奇三昧 英国恐怖小説の世界』は、かって集英社新書で出版されて絶版になっていた怪奇小説ガイドの増補新版です。とくにクラシック怪奇小説に関しては、類書の中で抜きん出た本ですので、怪奇小説ファンはこの機会にぜひ。
 コリン・ウィルソン『クトゥルフへの招待』は、コリン・ウィルソンの単著なのか、アンソロジーなのかまだはっきりしないのですが、以前出た『クトゥルフ神話への招待』が面白いアンソロジーだったので、期待しています。



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』を2019年8月に刊行しました(盛林堂書房さんでの通販分は完売。2019年11月に開催の「文学フリマ東京」にて少数ですが販売予定です)。
2019年10月に作成した「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を盛林堂書房さんで通信販売中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する