あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
今年もよい年でありますように。

 昨年を振り返ってみますと、いちばん嬉しかったトピックは、やはりホラー専門誌『ナイトランド』の創刊でしょうか。年末に無事4号も出て、継続して発刊されるようです。ラヴクラフト色というか、クトゥルー趣味が強いのが気になりますが、全体にホラー愛があふれていて、怪奇小説ファンには嬉しい雑誌です。長く続いて欲しいですね。
 読んだ本では、何といっても、ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテンの『闇の国々』のインパクトが強いです。硬質な世界観、幻想的なストーリーと、追いかけていきたいシリーズでした。
 気になった作家としては、まず、アドルフォ・ビオイ=カサレス。『モレルの発明』『脱獄計画』を読みましたが、どちらも読者の積極的な読みを必要とするような本で、刺激的な作品でした。国書刊行会から短編集『パウリーナの思い出に』の出版が予定されていますが、楽しみですね。
 日本の作家としては、米澤穂信にはまりました。『ボトルネック』『儚い羊たちの祝宴』『追想五断章』など、苦味の強さがまた魅力です。アニメの『氷菓』も楽しく視聴しました。最近読んだ『さよなら妖精』『犬はどこだ』も面白かったですね。この作家も追いかけていきたいです。

 ついでに、2013年出版予定で気になる本を挙げておきます。

2月
澁澤龍彦訳『幻想怪奇短篇集』(河出文庫)
澁澤龍彦が訳したフランスものの幻想短編集。トロワイヤの『共同墓地』を全篇収録するそうです。

文藝春秋編集部編『厭な物語』(文春文庫)
後味の悪い作品を集めたアンソロジー。

ミハイル・アイヴァス『もうひとつの街』(河出書房新社)

D・M・ディヴァイン『跡形なく沈む』(創元推理文庫)


2月以降
会津信吾・藤元直樹編『怪樹の腕 〈ウィアード・テールズ〉 戦前邦訳傑作選』 (東京創元社)
これはマニアック! 戦前に翻訳・翻案されたホラー短編を、そのまま収録しているそうです。

ジーン・ウルフ『ピース』(国書刊行会)

ジーン・ウルフ『ウィザード・ナイト』(国書刊行会)

中野善夫訳『ヴァーノン・リー幻想短編集』(国書刊行会)

マルク=アントワーヌ・マチュー『神様降臨』(河出書房新社)

メイ・シンクレア『胸の火は消えず』

メアリー・エリザベス・ブラッドン『レディ・オードリーの秘密』(国書刊行会)

 実際に今年中に出版されるかどうかはわかりませんが、楽しみに待ちましょう。



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する