よりぬき『バベルの図書館』
ヤン川の舟唄 (バベルの図書館 26) 死神の友達 (バベルの図書館 28) 死の同心円 (バベルの図書館) 輝く金字塔 (バベルの図書館 21) 祈願の御堂 (バベルの図書館 27) パラケルススの薔薇 (バベルの図書館 (22))
 8月に新装復刊される、ボルヘス編の世界文学アンソロジー『バベルの図書館』(国書刊行会)。個人セレクションの世界文学全集という、当時としては珍しいコンセプト、そして何より編者ボルヘスの趣味が発揮された独自のセレクションが魅力的なシリーズです。
 今回はそのシリーズ中、魅力的な巻をいくつか紹介したいと思います。
 まずは全巻の目次を紹介しておきます。

『アポロンの眼』G・K・チェスタートン
『無口になったアン夫人』サキ
『人面の大岩』ナサニエル・ホーソーン
『禿鷹』フランツ・カフカ
『死の同心円』ジャック・ロンドン
『アーサー・サヴィル卿の犯罪』オスカー・ワイルド
『ミクロメガス』ヴォルテール
『白壁の緑の扉』H・G・ウェルズ
『代書人バートルビー』ハーマン・メルヴィル
『聊斎志異』蒲松齢
『盗まれた手紙』エドガー・アラン・ポオ
『ナペルス枢機卿』グスタフ・マイリンク
『薄気味わるい話』レオン・ブロワ
『友だちの友だち』ヘンリー・ジェイムズ
『千夜一夜物語 -バートン版』
『ロシア短篇集』ホルヘ・ルイス・ボルヘス編
『声たちの島』ロバート・ルイス・スティーヴンスン
『塩の像』レオポルド・ルゴーネス
『悪魔の恋』ジャック・カゾット
『アルゼンチン短篇集』ホルヘ・ルイス・ボルヘス編
『輝く金字塔』アーサー・マッケン
『パラケルススの薔薇』ホルヘ・ルイス・ボルヘス
『ヴァテック』ウィリアム・ベックフォード
『千夜一夜物語 -ガラン版』
『科学的ロマンス集』C・H・ヒルトン
『ヤン川の舟唄』ロード・ダンセイニ
『祈願の御堂』ラドヤード・キップリング
『死神の友達』 ペドロ・アントニオ・デ・アラルコン
『最後の宴の客』ヴィリエ・ド・リラダン
『逃げてゆく鏡』ジョヴァンニ・パピーニ

 とりあえず、シリーズ全体を通しての特徴をはじめに挙げておきます。 
 まず、いくつかの例外を除いて、基本的には各巻短めの構成になっています。1巻当たり、読むのにそんなに時間は要しません。例えば、チェスタートンやポオの巻は、短編5編の収録です。それぞれ、ボルヘスの解説がつきます。
 収録作品の傾向としては、いわゆるボルヘス好みの作品が収められています。広義の幻想小説といっていいでしょうか。そのため、世界文学全集に必ず入るようなメジャー作家の巻でも、珍しい作品が入っていたりします。
 そして、ある意味、収録作品以上に、このシリーズの魅力として挙げられるのが、装丁画です。今回もその装丁を再現するのかどうかはわかりませんが、旧シリーズを持っている人が今回の新版を購入するかどうかは、ここがポイントなのではないでしょうか。
 さて、内容の方ですが、今回は「よりぬき」ですので、僕個人が面白かった巻を紹介していきます。

 『人面の大岩』ナサニエル・ホーソーン  ホーソーンの短編には、いわゆる「奇妙な味」に類する作品が多くあります。妻を残して数十年近くの家に隠れ住む男を描いた『ウエイクフィールド』や、突如黒いベールをかぶりはじめる牧師を描く『牧師の黒いベール』など、寓話としても魅力的な作品が収録されています。

 『死の同心円』ジャック・ロンドン  収録作品中の目玉として、影と光それぞれに憑かれた科学者の戦いを描く『影と光』があるのですが、近年ロンドンの邦訳短篇集が刊行され、この作品も手軽に読めるようになりました。

 『アーサー・サヴィル卿の犯罪』オスカー・ワイルド  『幸せの王子』などの童話がいくつか収録されていますが、これらは他の本でも読めます。いちばんの目玉作品は、スラップスティックなゴーストストーリー『カンタヴィルの幽霊』でしょう。

 『ミクロメガス』ヴォルテール  これはシリーズ中でも屈指の面白い巻です。風刺の効いたユーモア短編が収められています。ヴォルテールを教科書的な哲学者としてしか認識していない読者の目からうろこが落ちること必定の好短篇集です。痛快な冒険小説『バビロンの王女』がオススメ。
 
『白壁の緑の扉』H・G・ウェルズ  収録作品としては、現役で出回っている短篇集に収録されているものが多いので、コストパフォーマンスとしてはあまりよくないのですが、セレクションは文句のつけようがありません。中では、実験中の事故で別次元に飛ばされてしまう男を描いた『プラットナー先生綺譚』が珍しいでしょうか。

 『聊斎志異』蒲松齢  『聊斎志異』は、岩波文庫版、平凡社版など、他にも多く邦訳が出ていますが、どれもお話自体が非常に面白いという意味でオススメです。
 
 『薄気味わるい話』レオン・ブロワ  ブラック・ユーモアに満ちた短篇集です。あまりに皮肉が利きすぎて読むのがつらくなってくるほど。街を離れようとしても離れられない夫婦を描く不気味な短編『ロンジュモーの囚人たち』が魅力的です。
 
 『声たちの島』ロバート・ルイス・スティーヴンスン  スティーヴンスンの短編は怪奇と冒険に満ちた、何より物語として面白い作品が目白押しです。何でも願いがかなう壜をめぐる物語『壜の小鬼』、良心と罪をテーマにした分身小説『マーカイム』、本格的な怪奇小説『ねじれ首のジャネット』など。

 『塩の像』レオポルド・ルゴーネス  猿に言葉を教える科学者を描く『イスール』、知恵をつけた馬を描く『アブデラの馬』など、風変わりで面白い短編が収められています。

 『悪魔の恋』ジャック・カゾット  悪魔が化けた娘と青年の恋を描く、ゴシック・ロマンスの先駆け的な作品です。怪奇小説的な味付けはともかく、恋愛小説部分が今読んでも面白いです。

 『アルゼンチン短篇集』ホルヘ・ルイス・ボルヘス編  アルゼンチン作家の作品を集めたアンソロジーです。ほとんど≪異色作家短篇集≫といっていいですね。SF的な『烏賊はおのれの墨を選ぶ』(アドルフォ・ビオイ=カサレス)、一読唖然とするシュールな作品『チェスの師匠』(フェデリコ・ペルツァー)など。

 『輝く金字塔』アーサー・マッケン  文学全集にマッケンが入っていることに驚きますが、『怪奇クラブ』収録の挿話が多く、ファンには物足りないですね。

 『ヤン川の舟唄』ロード・ダンセイニ  河出文庫から≪ダンセイニ幻想短篇集成≫が出る前までは、数少ない貴重なダンセイニの邦訳でした。

 『死神の友達』 ペドロ・アントニオ・デ・アラルコン  収録作品は、『背の高い女』『死神の友達』の二編。『背の高い女』はオーソドックスな怪談ですが、『死神の友達』が凄いです。死神が見えるようになった自殺志願の青年を描く作品ですが、後半、19世紀に描かれたとは思えないような怒涛のスケールで話が展開していくのに唖然とします。

 『逃げてゆく鏡』ジョヴァンニ・パピーニ  「幻想文学」らしいといえば、このパピーニの巻がいちばんそれらしいでしょう。かっての自分と出会った男描くグロテスクな話『泉水のなかの二つの顔』、若いころに自分の時間を貸した老婦人が、年をとってから「若さ」を返済してもらうという物語『返済されなかった一日』など、どれも魅力的です。

 やはり他に邦訳のほとんどない、あっても少数のマイナー作家の巻が印象に残っていますね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

8月の気になる新刊
8月1日刊 『クトゥルフ神話への招待~遊星からの物体X』(扶桑社ミステリー 予価840円)
8月3日刊 P・G・ウッドハウス『エムズワース卿の受難録』(文春文庫 予価830円)
8月8日刊 ジェイムズ・サーバー『傍迷惑な人々 サーバー短編集』(光文社古典新訳文庫)
8月8日刊 北村薫編『こわい部屋 謎のギャラリー』(ちくま文庫 予価998円)
8月11日刊 《ミステリーズ!》 vol.54「ファンタジー&怪奇」特集 (東京創元社 1260円)
8月23日刊 ショーン・タン『鳥の王さま ショーン・タンのスケッチ・ブック』(河出書房新社 予価1890円)
8月23日刊 山口雅也『《謎》 の謎、その他の謎』(早川書房 予価1785円)
8月27日刊 J・L・ボルヘス編『新編 バベルの図書館 第1巻 アメリカ編』(国書刊行会 予価6090円)
8月28日刊 テア・オブレヒト『タイガーズ・ワイフ』(新潮社 予価2310円)
8月予定 ジェイムズ・ホッグ『悪の誘惑』(復刊)(国書刊行会)
8月予定 C・R・マチューリン『放浪者メルモス』(復刊)(国書刊行会)

 『クトゥルフ神話への招待~遊星からの物体X』は、J・W・キャンベルの『遊星からの物体X』『影が行く』)とラヴクラフト『クトゥルフの呼び声』、あとラムジー・キャンベルの短編5作を収録した作品集だそうです。コンセプトがわかりにくいアンソロジーですが、ラムジー・キャンベルの未訳作品だけでも買いですね。
 8月新刊では、これがイチオシでしょうか。ジェイムズ・サーバー『傍迷惑な人々 サーバー短編集』≪異色作家短篇集≫にも入っていたサーバーの短編集です。ユーモア作家と分類されるサーバーですが、ときどきとんでもなく頭のねじが外れたような怪作があって、その意味で「異色作家」といっていい作家だと思います。
 8月の《ミステリーズ!》は、「ファンタジー&怪奇」特集。シャーリイ・ジャクスン、ロバート・エイクマンらの作品が掲載されるようなので、怪奇小説ファンは要チェックです。
 『ロスト・シング』刊行から間をおかずに、ショーン・タン『鳥の王さま ショーン・タンのスケッチ・ブック』が刊行です。わが国での知名度も上がってきて、他の作品の邦訳も期待できそうですね。
 独自のセレクションと美しい装丁で話題を呼んだボルヘス編『バベルの図書館』が復刊になります。今回は全6巻に再編集しての復刊だそうで、1巻はアメリカ作家を集めています。収録作家は、ポー、メルヴィル、ホーソーン、ジャック・ロンドン、ヘンリー・ジェイムズ。
 旧版では、ポーやチェスタートンなど、メジャーな作家の中に、パピーニとかルゴーネスなどの珍しい作家が混じっていたので、好みの作家の巻だけ買ったという人が多いのではないかと思います。そういう意味で、今回の復刊はシリーズを揃えておきたい人向けですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

バベルの塔のある風景  フランソワ・スクイテン、ブノワ・ペータース『闇の国々』

4796871012闇の国々 (ShoPro Books)
ブノワ・ペータース フランソワ・スクイテン
小学館集英社プロダクション 2011-12-17

by G-Tools

 近年、フランスのコミックである「BD」(バンド・デシネ)の邦訳が盛んになってきています。そんなBDの魅力といえば、第一に「絵」の素晴らしさでしょう。1コマ1コマ丁寧に描かれた「絵」は、それ自身がすでにアート。
 ただ「絵」の魅力に比べて、ストーリーがわかりにくい作品が多いのも事実です。漫画の文法が日本のものとは異なるので、日本人にはとっつきにくいという面もあるのでしょう。そういう意味で、「絵」と「物語」、両方が傑作というのは、なかなか稀だと思います。しかしこの作品に限っては、全てが傑作と言い切っていいかと思います。
 フランソワ・スクイテン、ブノワ・ペータース『闇の国々』(古永真一、原正人訳 小学館集英社プロダクション)は、われわれの現実世界とは少し違った世界を舞台にしたSF的な物語です。
 同じ世界観を舞台にした、それぞれ独立した物語がシリーズを構成しています。今回の邦訳では、3つの作品が収められています。
 『狂騒のユルビカンド』 天才建築家のもとに、ある日突然謎の格子状立方体が現れます。最初は小さかったそれは、見る間に増殖・拡大していき、都市を飲み込んでいきます。戸惑っていた人々は、やがてその格子に慣れ、生活の一部に取り込んでいきますが…。
 『塔』 いつの時代に建てられたかもわからない巨大な塔の内部で、数十年にわたって修復の仕事をしている男が主人公。彼は、塔の真実を探るために、最上階を目指して旅を始めます…。
 『傾いた少女』 ある日突如、少女は体が傾いて立つようになってしまいます。一方、地球には謎の星が接近していました。この二つの現象は何か関係があるのだろうか? 少女は自分の体を直せるかもしれないとの期待を持って、科学者のもとを訪ねますが…。
 それぞれの物語は、どれもSF的な要素があり魅力に満ちています。SF的な要素といってもハードSF的なそれではなく、H・G・ウエルズやジュール・ヴェルヌのような科学ロマンス風とでもいったらいいでしょうか。SFが苦手な人でもすっと入っていけると思います。
 建築に造詣のある作者であるらしく、作品世界の中で描かれる都市や建物の存在感が半端ではありません。例えば『狂騒のユルビカンド』では、謎の格子立方体がどんどんと拡大し、都市を侵食している情景が描かれますが、これなど都市を描くためだけの作品といっても過言ではありません。
 そしてそうした要素の極致といえるのが、『塔』です。これは「バベルの塔」をモチーフにしているのだと思いますが(実際、作中にブリューゲルのバベルの塔の絵も表れます)、塔の内部の細部描写がすさまじく細かいのです。解説文で作者がインスピレーションを得たと話している、ピラネージの版画シリーズ「牢獄」の情景も現れますが、それが引用にとどまらず、世界観にとけ込んでいるのが驚異的です。
 カフカ、あるいはボルヘス風の物語自体も魅力的ですが、塔の内部描写を眺めているだけでも、至福の時を過ごせるでしょう。
 異世界を舞台にした作品は数多くありますし、コミック作品でも例外ではありません。しかし、この作品ほど確固とした幻想世界を視覚化した例は見たことがありません。難解になりすぎず、ほどよいエンタテインメント性を持ったストーリーと合わせ、幻想文学の愛好者には、ぜひ一読を勧めておきたい傑作です。
20120203183148.jpg 005.jpg

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

最近読んだ本

4884182839火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)
ジャック・ロンドン 新井 敏記
スイッチ・パブリッシング 2008-10-02

by G-Tools
478758488Xアメリカ残酷物語
ジャック ロンドン Jack London
新樹社 1999-02

by G-Tools

ジャック・ロンドン『アメリカ残酷物語』(辻井栄滋、森孝晴訳 新樹社)
ジャック・ロンドン『火を熾す』(柴田元幸訳 スイッチ・パブリッシング)

 ジャック・ロンドンの短篇集を2冊ほど。どちらも、ジャンル的には多岐にわたっていますが、ロンドンらしさが感じられる作品を集めています。
 この場合の「ロンドンらしさ」とは、生への執着もしくは生命への賛歌、といったものです。ただ生命賛歌といっても、ロンドンの場合、過酷な状況を描くことが多く、大体においてハッピーエンドにはなりません。人間が立ち向かうのが「自然」であろうと「運命」であろうと、それは同様なのです。
 どの作品も良いのですが、飛びぬけて強烈な印象を受けたのは次の2作品。極寒の地で死にかける男を描く『火を熾す』『火を熾す』収録)、僻地の部族に囚われた男が、拷問を避けようとする物語『恥さらし』です。とくに『恥さらし』『アメリカ残酷物語』収録)の結末は、とても衝撃的なので、一読を勧めたいですね。
 SF・幻想文学ファンには、影と光、それぞれを追求し続ける男の対決を描いた名作『影と閃光』『火を熾す』収録、『アメリカ残酷物語』にも別訳題で収録)、夜になると獣性を抑えられなくなる男の物語『世界が若かった時』『火を熾す』収録)が面白いでしょう。



448854102Xゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)
クラーク・アシュトン・スミス 大瀧啓裕
東京創元社 2009-08-30

by G-Tools
4488541038ヒュペルボレオス極北神怪譚 (創元推理文庫)
クラーク・アシュトン・スミス 大瀧 啓裕
東京創元社 2011-05-28

by G-Tools
4488541046アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚 (創元推理文庫)
クラーク・アシュトン・スミス 大瀧 啓裕
東京創元社 2011-12-21

by G-Tools

クラーク・アシュトン・スミス『ゾティーク幻妖怪異譚』(大瀧啓裕訳 創元推理文庫)
クラーク・アシュトン・スミス『ヒュペルボレオス極北神怪譚』(大瀧啓裕訳 創元推理文庫)
クラーク・アシュトン・スミス『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』(大瀧啓裕訳 創元推理文庫)

 まさかクラーク・アシュトン・スミスの作品が、これだけまとめて読めるようになるとは、思いもしませんでした。
 舞台となる地は、未来の地球であったり、異世界であったりと、様々なのですが、共通するのは、スミス独特の退廃と官能に満ちた世界観。今回まとめて読み直してみて、その極彩色のイメージに改めて感じ入りました。スミスは、辞書をまるごと通読して、語彙を増やしたと言われているだけあって、言葉のレパートリーがひじょうに豊富です。以前の翻訳で読んだときは、これほど視覚的にイメージ豊かな作品だとは思いませんでした。今回の翻訳が、スミスにマッチしているんでしょうね。
 あとは、意外にユーモアの要素があったのも、新しい発見でした。



B000J8PL7A法廷外裁判 (1978年) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ヘンリイ・セシル 吉田 誠一
早川書房 1978-04

by G-Tools

ヘンリイ・セシル『法廷外裁判』(吉田誠一訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
 病的なまでに嘘をつくことが嫌いな男ロンズデイル・ウォルシ。ライバルであった男を殺した罪で有罪になったウォルシは、自分の潔白を証明するために裁判をやり直させようと考えます。金の力を使い、名判事、腕利きの弁護士、事件の関係者を誘拐し、判事の屋敷で裁判をはじめたウォルシでしたが…。
 ユーモアに満ちた法廷ミステリです。法廷ものに加え「コン・ゲーム」的な要素も味わえます。裁判シーンが終了してからの、皮肉に満ちた結末が印象的な作品です。



4488274048検死審問―インクエスト (創元推理文庫)
パーシヴァル ワイルド Percival Wilde
東京創元社 2008-02

by G-Tools
4488274056検死審問ふたたび (創元推理文庫)
パーシヴァル ワイルド Percival Wilde
東京創元社 2009-03-20

by G-Tools

パーシヴァル・ワイルド『検死審問―インクエスト』(越前敏弥訳 創元推理文庫)
パーシヴァル・ワイルド『検死審問ふたたび』(越前敏弥訳 創元推理文庫)

 検死官リー・スローカムと、陪審員たちが繰り広げる検死審問を描く2作品です。事件そのものの謎よりも、登場人物たちの魅力で読ませてしまうというのが面白いところです。
 証言に立った証人たち、陪審員たちの話が、それぞれ短篇小説にしてもいいほどの豊かさを持っているのに驚きます。いちおう「法廷もの」に分類される作品なのでしょうが、「法廷もの」が苦手な読者でも全然問題ありません。お話の面白さを求める読者にオススメしたい作品ですね。



4309273300ロスト・シング
ショーン タン 岸本 佐知子
河出書房新社 2012-06-23

by G-Tools

ショーン・タン『ロスト・シング』(岸本佐知子訳 河出書房新社)
 少年が出会ったのは、生物とも物ともつかない不思議な生き物でした。どうやら迷子になったらしいそれの居場所を見つけてやろうと、少年は考えますが…。
 日本でも知名度の上がってきたショーン・タンの作品です。ページの端々にいろんな工夫がされており、細部を見ても楽しめます。優しさに満ちた絵本。


あとは漫画作品をいくつか。



4091885896にげまどうし みんなみんな、にげたがり (IKKI COMIX)
三友 恒平
小学館 2012-06-29

by G-Tools

三友 恒平『にげまどうし』(小学館 IKKI COMIX)
 そのころ、街ではある噂が流行っていました。それは、居場所のない人のもとに現れて「どこでもない場所」に連れて行ってくれるという存在「にげまどうし」の噂でした…。
「にげまどうし」を巡る人々を描く、オムニバス・ストーリーです。どのエピソードもとんでもなくブラックなのですが、とくに第三話『晴れの日』がものすごい。
 何をやっても、日常に満足感を得られない男は、恋人も家も仕事も捨てて、ホームレスになります。最初の頃こそ、新しいことの連続で充実感を味わった男でしたが、数年が経ち、それにも現実感を感じられなくなっていきます。「にげまどうし」に連れられ、「どこでもない場所」にたどり着いた男は、やがて日常に郷愁を覚え、永遠に泣き続ける…という話です。
 素直にオススメしにくい作品なのですが、傑作だと思います。



4396765533Silent Blue (Feelコミックス)
安堂維子里
祥伝社 2012-07-06

by G-Tools

安堂維子里『Silent Blue』(祥伝社 Feelコミックス)
 移動カフェを営むあおこは、たびたび湖に潜って何かを探していました。その湖は、二十年前には、あおこの住む街だったのです。隕石が落下し、その後に雨が降り注ぎ出来た湖・二十日湖。隕石落下前の記憶を失っているあおこは、記憶のよすがを求めて、湖に潜り続けますが…。
 お話としては、それほど複雑な話ではないのですが、舞台となる二十日湖、そして「水」のイメージがひじょうに美しい作品。湖に沈んだ街の情景が心に残ります。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する