1月の気になる新刊
1月12日刊 アルジャノン・ブラックウッド『秘書奇譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』(光文社古典新訳文庫)
1月17日刊 ミハイル・ブルガーコフ『犬の心臓』(河出書房新社 予価2310円)
1月19日刊 アンドレ・ヴァノンシニ『ミステリ文学』(白水社 文庫クセジュ 予価1260円)
1月20日刊 東雅夫編『昭和の怪談実話 ヴィンテージ・コレクション』(メディアファクトリー 予価2625円)
1月20日刊 P・G・ウッドハウス『ジーヴスとねこさらい』(国書刊行会 予価2100円)
1月刊 エリス・パーカー・バトラー『通信教育探偵ファイロ・ガッブ』(国書刊行会 予価2415円)
1月刊 マーク・チャドボーン『ワールズ・エンド』(国書刊行会 予価3570円)
1月31日刊 V・S・ラマチャンドラン『美を感じる脳』(角川書店 予価1995円)

 夏ごろ刊行予定が出たものの、立ち消えになっていたブラックウッドの短篇集がとうとう出ます。『秘書奇譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』(光文社古典新訳文庫)。表題作の『秘書奇譚』は、創元文庫の『怪奇小説傑作集』にも収録されている作品ですね。本邦初訳ばかりではないようですが、ブラックウッドの作品集が出版されるだけでも良しとしましょう。
 ここしばらく続いてきたウッドハウスの翻訳も一区切り。『ジーヴスとねこさらい』でジーヴス・シリーズが完訳だそうです。今世紀になって、ウッドハウス作品が訳され始めたときは、ここまで来るとは思いませんでした。感無量ですね。
 エリス・パーカー・バトラー『通信教育探偵ファイロ・ガッブ』は、シャーロック・ホームズのパロディ的な作品。ミステリというよりは、「ユーモア・スケッチ」として楽しめる作品でしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する