7月の気になる新刊
7月6日刊 東雅夫編『夢魔は蠢く 文豪怪談傑作選 明治篇』(ちくま文庫 予価924円)
7月14日発売 『やっぱり宮部みゆきの怪談が大好き 別冊歴史読本53』(新人物往来社 予価1260円)
7月12日刊 ブラックウッド『ブラックウッド短編集』(南條竹則訳 光文社古典新訳文庫)
7月15日刊 シュニッツラー『花・死人に口なし 他七編』(岩波文庫 予価756円)
7月20日刊 東雅夫『なぜ怪談は百年ごとに流行るのか』(学研新書 予価798円)
7月25日刊 coco『異形たちによると世界は・・・』(早川書房 予価1050円)
7月25日刊 P・G・ウッドハウス『感謝だ、ジーヴス』(国書刊行会 予価2100円)
7月25日刊 荒俣宏『荒俣宏の裏・世界遺産3 衛生博覧会を求めて』(仮題)(角川文庫 予価840円)
7月刊 ダニエル・ハルムス『ヌイピルシテェート』(未知谷 予価2310円)

 季節柄でしょうか、7月は怪談関連本が多いようですね。中でも要注目は、これ、『ブラックウッド短編集』(光文社古典新訳文庫)です。以前にもマッケンの短篇集が出ていましたので、いつかは…と思っていましたが。この調子で怪奇小説の翻訳が増えてくれるとうれしいです。
 荒俣宏『荒俣宏の裏・世界遺産3 衛生博覧会を求めて』は、元版を読んでいますが、かって日本に存在した「衛生博覧会」について書かれたノンフィクションです。乱歩をはじめとする戦前の探偵小説の愛読者には、面白く読めるのではないでしょうか。
 未知谷からは、ダニエル・ハルムスの作品集の第3弾『ヌイピルシテェート』が登場です。実作がほとんど読めなかったころ、風間賢二氏や沼野充義氏の文章から、どんな作品を書く作家なんだろうと、想像をめぐらしていたのが思い出されます。ハルムスの作品がこんなに読めるようになるとは、感無量ですね。


プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する