幻想の国から  Shaun Tan『The Arrival』
0439895294The Arrival
Arthur a Levine 2007-10

by G-Tools

 海外の絵本では、時々度肝を抜かれるような作品に出会うことがありますが、この作品は、中でもずば抜けて素晴らしい一冊です。オーストラリアのイラストレーター・作家の Shaun Tan『The Arrival』(Arthur a Levine)は、細密な単色画で構成された、幻想的な絵本です。作家名は「ショーン・タン」と読むのでしょうか。
 この作品の特徴は、セリフや文章がいっさい無いこと。コマ割りで構成された画面は、日本の漫画作品のレイアウトに近いため「セリフのないマンガ」といった感覚で読むことができます。
 物語の方はわりとシンプルです。新しい仕事を求め、妻子を残して未知の国に渡った男が、そこでの仕事を見つけて、家族を呼び寄せる…というような話です。あらすじだけを聞いても普通の話なのですが、問題は作品中に現われる「未知の国」の描写です。これが、とんでもなく幻想的に描かれているのです。
 まず建物や街の外観のユニークさ。まるでお伽の国のような造形です。ごてごてした印象がありながらも、絵が単色で描かれているので、どぎつさが抑えられて、何ともいえない雰囲気をかもし出しています。ところどころに動物をモチーフにしたモニュメントがあるのもユーモラスですね。
 そしてこの国のいちばんの特徴は、住民のひとりひとりに「動物」がついていること。文章がないので詳しい説明はわからないのですが、この国では、その人間の「分身」的な動物が生まれるようなのです。それも実在の動物ではなく、ユニークな形態をした架空の動物たちです。
 もちろん主人公もこの国にたどり着いてすぐ、妙な生き物につきまとわれます。表紙の画像にも現れている、尻尾の長い丸っこい生き物です。主人公が出会う、同じ移民や店主など、いろいろな登場人物についている「動物」を眺めるだけでも楽しいです。
 「セリフがない」という要素も、言葉も文化もわからない国にやってきた男が、右往左往するといった物語のモチーフとして、上手くマッチしています。主人公が広げる地図や文字が、とんちんかんな図形で表現されているのもユーモラス。
 ただ「幻想的」なだけではありません。「虐殺」から逃れてきたらしい住人のエピソードが描かれたりと、意外にシリアスな面も描かれます。そして「移民」という物語全体のテーマ。重くなりがちなテーマを、ここまで軽妙に、ユーモラスに、幻想的に描けるとは! 作者の想像力は並ではありません。
 ユーモアと幻想性が混然となった、超傑作絵本です。
タン1 タン2 タン4 タン5

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

2月の気になる新刊
2月9日刊 今泉文子編『ドイツ幻想小説傑作選 ロマン派の森から』(ちくま文庫 予価1260円)
2月10日刊 SFマガジン編集部編『SFが読みたい!2010年版』 (早川文庫SF 予価735円)
2月10日刊 SFマガジン編集部編『ゼロ年代SF傑作選』 (早川書房 予価819円)
2月13日刊 中井英夫『とらんぷ譚2 悪夢の骨牌』(講談社文庫)
2月18日刊 デイヴィッド・アンブローズ『リックの量子世界』(創元SF文庫 予価1008円)
2月25日刊 恒川光太郎『南の子供が夜いくところ』(角川書店 予価1575円)
2月25日刊 大森望編『不思議のトビラ 時を超える愛編』(角川文庫 予価540円)
2月中旬刊 タイガー立石『TRA (トラ)』(工作舎 5250円)
2月刊 ピーター・アントニイ『べヴァリー・クラブ』(原書房 予価2310円)

 来月の新刊いちおしはこれでしょうか。今泉文子編『ドイツ幻想小説傑作選 ロマン派の森から』。タイトルからして、どうやらドイツ・ロマン派中心のアンソロジーのようですね。ホフマン、ティーク、アイヒェンドルフ、ノヴァーリスあたりの時代の作家が収録されるのだと思います。
 毎年ブックガイドとしても重宝している、『SFが読みたい!』の新年度版、『SFが読みたい!2010年版』が登場。ベスト作品や、特集の方も楽しみですが、じつはいちばん役だっているのが、毎年載っているSF関連映画のガイド。書籍はともかくジャンルを絞ったDVDガイドって、あんまりないですし。見逃していたマイナージャンル映画鑑賞のよきガイドになっています。
 SFマガジン編集部編『ゼロ年代SF傑作選』は、日本作家のセレクションのようです。昔出ていた『SFマガジン ベストセレクション』みたいな感じになるんでしょうか。
 すごく変な作品ばかりを書く作家、デイヴィッド・アンブローズの『リックの量子世界』は、「愛する妻が自動車事故に。ショックと怒りのあまり天に向かって男が叫んだ瞬間、妻の手が動いた。生きていたのだ! だがこれが男の想像を絶する奇妙な体験の始まりだった。 」という、これまたおかしなテイストを予感させる作品です。この作家、「パラレルワールド」とか「仮想世界」テーマが好きなので、たぶんそういう系統の作品だと思います。すでに邦訳のある『迷宮の暗殺者』とか『偶然のラビリンス』なども、「バカミス」すれすれながら、アイディアの面白さとリーダビリティの高さで、読ませる作品になっていたので、今回も期待大ですね。
 刊行が遅れていた、大森望編『不思議のトビラ 時を超える愛編』は、どうやら日本作家中心のセレクションのようです。大森氏は最近アンソロジーづいていますね。
アンソロジーの作り方  北村薫『自分だけの一冊 北村薫のアンソロジー教室』
北村薫のアンソロジー教室
自分だけの一冊―北村薫のアンソロジー教室 (新潮新書 345)
新潮社

by G-Tools

 北村薫といえば、小説作品の他に、アンソロジーの編者としても、いい仕事をしています。そんな彼がアンソロジー作りの楽しみ方について語った本が、『自分だけの一冊 北村薫のアンソロジー教室』(新潮新書)です。
 高校生時代に作ったアンソロジー・リストや、小学生時代に書いたノートの話など、若き日の話から始まって、編集に関わった創元社の《日本探偵小説全集》のエピソード、実際に作ることになったアンソロジーの話など、話題が盛りだくさんで楽しめます。
 本職がミステリ作家だけに、ミステリの話ばかりかと思いきや、俳句や詩の話題なども盛り込んでいたりと、話題は多岐に渡ります。興味のない人にとっては、退屈になりがちな俳句や詩の話題でも、話の進め方やトピックの出し方が上手いので、興味深く読むことができます。
 例えば、名句として記憶していたある句を、ネットで検索してみると、凡句だったというエピソード。記憶違いかと思い、調べていくと、その句が字余りだったために、一字抜けたままネット上に間違って記載されている例が多かったというのです。しかもその一字があるかないかで、その句の意味がまるで変わってしまう…。このあたりの話の進め方は、「謎解き」であり、ミステリ読者には嬉しい趣向です。
 ミステリファンにとって興味深いトピックは、ルヴェルとビーストンの読み比べ、《日本探偵小説全集》編集のいきさつ、《謎のギャラリー》編纂秘話、あたりでしょうか。
 ルヴェルは、近年短編集が刊行されたので、ご存じの方も多いでしょうが、ビーストンはなかば忘れられていますね。ドンデン返しを得意とした短篇作家で、昭和初期にはルヴェルと並んで、当時の探偵作家に強い影響を与えた作家です。あまりに通俗的な設定や、人物描写が薄いなど、かなり古くなってしまっている部分もありますが、ストーリー展開などは、今読んでも面白い作家だと思います。
 《日本探偵小説全集》編集のいきさつの部分では、監修の中島河太郎と、どの作家を入れるか相談したという問題について書かれていますが、ここが非常に面白いです。

 例えば、蒼井雄です。戦前の本格ミステリについて考えた時、蒼井雄の『船富家の惨劇』は落とせない。長編が入るなら、巻名に『蒼井雄』と入る方が自然ではないかと思いますよね。実際、原案ではそうなっていた。確か『浜尾四郎・蒼井雄』だった。
 ところが先生は、《専門作家で名前が巻名にならない人がいるのに、アマチュアの名が出たりすると反発がある》とおっしゃるんです。《全集で、どういう扱いをされるかは作家にとって、とても大きな問題なんだ》と。


 作家の扱いに注意しろという、現実的なアドバイスなのですが、現実に編集をするときには、単純に机上のプランを実現できるわけではない、ということがわかって興味深いですね。

 もちろん実際にアンソロジーを作る際に参考になるアドバイスもところどころに出てきます。

 超傑作ばかりだと、読者が疲れてしまう。駄作ではないんだけれど、《これはいいな》程度のものが入っていないと傑作がきらめかない。

 作品というのは、固定されたものとしてそこに《ある》わけではない。読みによって、その姿を変えるわけです。そこに読書の味がある。

 読み終えて、自分でもアンソロジーを作ってみたくなる…。そんな気にさせる一冊です。
バックナンバー拾い読み(続き)
 正月休みから始めた『SFマガジン』のバックナンバーの拾い読み。じつはまだ続いてました。面白そうな作品だけの拾い読みなのですけどね。
 正月に読んだときほどの収穫はなかったものの、今回もぼちぼち面白い作品が見つかりました。
 ジョン・ダルマス『ピクチャー・マン』、スーザン・C・ピートリイ『琴蜘蛛の歌』、クリフォード・D・シマック『死の情景』、ブラッドリー・デントン『永遠の彼方へ』、トマス・ワイルド『乳母』あたりが、印象に残った作品です。
 ジョン・ダルマス『ピクチャー・マン』は、念写能力を持つ浮浪者の男をめぐる物語。超能力ものだと、もっとスケールが大きくなりそうなものですが、この作品は、かなりこじんまりとまとまってます。
 スーザン・C・ピートリイ『琴蜘蛛の歌』はファンタジーですね。音楽を奏でる「琴蜘蛛」があるリュートの中に住着き、その楽器を手に入れた少女とともに生きていくという話です。物語が蜘蛛の視点で語られるというのがユニークです。繊細な筆致の秀作。
 クリフォード・D・シマック『死の情景』、これは短編集『愚者の聖戦』(ハヤカワ文庫SF)にも収録されてる作品ですね。以前にも読んでるはずなんですが、今回読み直してみて、改めて、味のある作品だと思いました。
 政府の放射能兵器の影響で、世界中の人々が予知能力を得た世界が舞台。1日前にすべてのことがらが予測できてしまうため、戦争もなくなっています。しかしそれと引き換えに、ギャンブルもスポーツも廃れてしまっているのです。そして人の死もまた1日前に予知されてしまうのです。自らの死を予知した主人公の老人は…。
 全てが変わってしまった世界で唯一変わらなかったものとは…。淡々とした筆致で語られる、切なさに満ちた物語。傑作だと思います。
 ユニークな「時間もの」作品が、ブラッドリー・デントン『永遠の彼方へ』。車の事故が原因で、青年は、時間の知覚に変化を起こします。周りの世界に比べて、圧倒的に知覚が遅くなってしまうのです。肉体は回復したにもかかわらず、ほとんど反応を示さない青年を、周囲の人間は精神的な病だと思い込みます。しかも、同乗していたガールフレンドを事故で死なせてしまったせいで、彼を憎む人間は数多くいました。やがて酔った男たちが、彼の家にやってきます…。
 青年の視点で語られる知覚の描写が素晴らしいです。たとえば彼の主観では、庭からドアを通して家に入るまでに、数日間もかかってしまうのです。安易なハッピーエンドにならない点も好感が持てます。
 トマス・ワイルド『乳母』は、今回一番感銘を受けた作品です。滅亡寸前の地球から、人類の未来を託されて出発した宇宙船。唯一の乗組員である主人公の男は、宇宙船の故障で、予定よりも早く、冷凍睡眠から目覚めさせられます。しかも手違いで食料を捨ててしまうのです。
 近い将来生まれるべき数十人分の子供たちを養う余裕はないと判断した男は、男女二人だけの子供を孵化させます。ようやく移住可能な惑星を発見しますが、子供たちの試算によれば、それまでに男を含む三人全員が生き残るための食料はないのです…。
 唯一の乗組員である主人公の男が、ちょっとしたやくざものという設定が面白いです。未来の子供たちと自分の命をはかりにかけ、自分の命を優先しようと考えたり、かなり利己的な人物に描かれているのが特徴。しかし主人公が死んでも、将来の子供たちもまた生き延びることはできないのです。八方ふさがりのなか、子供たちが行った決断とは…。
 限界状況の中で、なお人を思いやることの意味とは…。ヒューマニズムに満ちた結末は感動的です。トム・ゴドウィン『冷たい方程式』のヴァリエーション的な作品ですが、非情さの中にも優しさの見える秀作です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

幸せな家庭  埋もれた短編発掘その27 ボブ・レマン『窓』
 3年半ほど前になるでしょうか。ネットを徘徊していて、あるオムニバスドラマシリーズの紹介をしているサイトにぶつかりました。その時紹介されていたエピソードのあらすじを読んで、何か聞き覚えのある話だな、と思ったのが、そのドラマを見始めたきっかけでした。
 ドラマの名は《ナイトビジョン》《ミステリーゾーン》《トワイライトゾーン》タイプの、一話完結のドラマシリーズです。毎回、ひねりの利いたストーリーで唸らされました。
 見始めてから後のエピソードは、全て見ることができましたが、気になっているのが、肝心の「聞き覚えのある話」のエピソードです。『異次元への窓』と題されたそのエピソードのクレジットを調べてみると、原作は、ボブ・レマンとなっています。いろいろ調べた結果、かって『SFマガジン』に訳載された『窓』(浅倉久志訳『SFマガジン 1982年2月号』収録 早川書房)が該当作品のようです。
 あらすじを覚えているということは、読んだことがあるのは確かなのですが、読み返そうにも雑誌が見つかりません。捨ててしまったんでしょうか。その内、なんとなく忘れてしまっていたのですが、最近、該当の『SFマガジン』を再び手に入れる機会があり、さっそく読み直してみました。
 この作品に間違いありません。ものすごくインパクトのあったストーリーなので、記憶に残っていたのでしょう。そんなわけで、今回はこの『窓』をご紹介したいと思います。

 上司の命令を受けて、政府の実験場を訪れたギルスンは、責任者のクランツと大佐に引き合わされます。実験場に、場違いなヴィクトリア朝風の屋敷を認めたギルスンは驚きます。しかも大佐は、突然家に向かって石を投げつけたのです。石は家の上部で消えてしまいます。

 「ちょっと」とギルスンはいった。「こっちにもやらせてくれ」
 彼は野球のボールのように、石を投げた。思いきり高く。石は家から約十五メートル手前で消えてしまった。消失点を見つめているうちに、ギルスンはなめらかな緑の芝生が、ちょうとその真下で切れていることを発見した。


 家は、研究者カルヴァギャストの実験の結果、爆発とともに現れたものだというのです。新築に見えるその家の外観から判断して、1870か80年ごろ。つまり彼らは過去を見ているのではないかと考えていました。しかも、その家にはある家族が住んでいるらしいのです。

 「あれの性質については、なにもわからない。ここに窓があり、それがどうやら過去に開いているらしい。その中をのぞけるところから見て、光を通すことはわかる。ただし、一方向にしか通さない。その証拠に、あの中にいる人びとは、まったくわれわれの存在に気づいていないんだ。光以外は、なにもあれを通りぬけることはできない。石がどうなったかは、さっき見たとおり。あの境界面に長い棒を押しこんでみることもやった-抵抗はまったくない。だが、中へ入った部分は消えてしまう。神のみぞ知るどこかに。なにをあの中へ入れても、もどってこない。」

 実験の結果、十五時間二十分おきに、五秒間だけ《窓》が開くことが確認されます。事態を上司に報告するというギルスンに対し、熱狂家の青年リーヴズは反対します。家に住んでいる幸せそうな家族に感情移入していたリーヴズは、彼らの暮らしを壊したくないというのです。彼は、家族のひとりひとりに名前をつけており、ことに小さな女の子をマーサと名づけていました。

 「ちょっとしたもんでしょう。あれこそ人間らしい暮らしですよ。このくそったれな現代生活におさらばして、あの時代にもどって、あんな生活ができたらなあ……。それにマーサ、マーサを見ましたか? 天使ですよ、ねえ? もし、あそこに行けるなら-」

 政府の介入が避けられないことを知ったリーヴズは、次に《窓》が開いた瞬間、家のある空間に向かって飛びこんでしまうのです。

 「リーヴズ、よせ!」クランツだった。ギルスンは駆けていく足音を聞き、視野の隅にすばやい動きを認めた。ふりむくと、リーヴズのひょろ長い体がさっと通り過ぎていった。リーヴズは頭から境界面に飛びこみ、ぶざまに芝生の上へ投げ出された。

 《過去》に飛び込んだリーヴズの運命は? あそこは本当に《過去》なのでしょうか? 幸せな家族に憧れた青年に、思いもかけない事態が降り掛かります…。

 過去への郷愁にとらわれた青年が、その空間へ入り込んでしまう。どこかジャック・フィニィ風のノスタルジーに満ちた作品かと思いきや、結末は正反対のトーンを迎えます。まったく予想もしない展開に、読者は戦慄を覚えるはず。ノスタルジーを逆手にとった、おそるべき恐怖小説です。

 この『窓』《ナイトビジョン》で映像化したエピソード、ネットで検索してみると、ニコニコ動画で見れることがわかりました。著作権の関係で、あんまり勧められないのですが、興味のある人は探してみてください。非常にショッキングなのでご注意を。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

あけましておめでとうございます
 あけましておめでとうございます。2010年最初の更新になります。
 景気の悪い世の中ですが、こういうときこそ、楽しい小説を読んでいきたいものですね。
 年初めということで、今年の目標でも。
 まずは、積読を減らすこと。これは毎回言っていますが、一応。あと蔵書の把握でしょうか。とくに雑誌ですね。どの号を持っているのか、ちゃんと把握していないものが多いので、ダブリがあったりすると思うんですよね。というわけで、雑誌も含めて、できればデータベース化できたらいいな、と。
 去年最後の更新で、長めの長編を読みたいなと書いていますが、結局、正月休みは、『SFマガジン』のバックナンバーを読んでました。たまに拾い物があったりするので、こういうバックナンバー漁りは楽しいですね。
 印象に残った短篇は、ジョージ・R・R・マーティン『ナイトフライヤー』、ブライアン・W・オールディス『見せかけの生命』、チャールズ・L・グラント『影の群れ』、テリー・カー『試金石』、D・G・コンプトン『イギリスに住むということは』、ボブ・レマン『窓』、グレゴリイ・G・ジェフリーズ『独立記念日』など。
 とくにマーティン『ナイトフライヤー』がすごかったです。伝説的な異星人を追う学者たちが乗り込んだ宇宙船で、次々と乗客が殺されます。乗客たちは全く姿を見せない船長が犯人ではないかと疑いますが、二人の学者だけは船長を信じて、真相を探ろうとする…という話です。犯人探しのミステリと閉鎖状況によるサスペンス、そして結末では、冒頭で示された異星人の謎までが明かされるという、大スペクタクル作品。
 オールディス『見せかけの生命』は、遠未来、巨大な博物館を訪れた男が、遥か過去に作られた人物のホログラフィを発見します。しかも別々に発見された男女のホログラフィは、おたがい夫婦だったのです。ただ、それぞれのホログラフィが作られた時間には大きな開きがありました…。「時を超えた愛」テーマの作品かと思いきや、皮肉な結末が待っています。オールディスらしい渋い一編。
 ホラー作家の印象が強い、グラント『影の群れ』は、アンドロイドが広まった世界を舞台に、人間とアンドロイドの差異を問いかける、オーソドックスながら味のある秀作。グレゴリイ・G・ジェフリーズ『独立記念日』は、仕事一筋で家庭を顧みなかった男が、死後に過去にもどって、人生をやり直すという「リプレイ」もの。
 ボブ・レマン『窓』については、ちょっと因縁のある作品なので、別口で紹介するつもりです。

 それでは、今年もよろしくお願いいたします。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する