欧米の怪奇小説をめぐって  アンソロジーその6
猫に関する サイコ 震える血 (祥伝社文庫) 死霊たちの宴〈上〉 (創元推理文庫) 死霊たちの宴〈下〉 (創元推理文庫) 999(ナイン・ナイン・ナイン)―妖女たち (創元推理文庫)
 仁賀克雄編『猫に関する恐怖小説』(徳間文庫)は、猫に関する恐怖小説を集めたもの。人語を操る猫の皮肉な物語『トバーモリー」(サキ)、猫の血を引く青年の不思議な物語『僕の父は猫』(ヘンリー・スレッサー)、萩原朔太郎『猫町』と比較されることもある『古代の魔法』(A・ブラックウッド)、ラヴクラフトの珍しく軽妙な掌編『ウルサルの猫』など。異様に賢い緑色の猫をめぐる物語『緑の猫』(クリーヴ・カートミル)と、悪魔との契約をめぐるファンタジー『著者謹呈』(ルイス・パジェット)の二編がひじょうに面白いです。
 ロバート・ブロック編『サイコ』(祥伝社文庫)は、ブロックが創始した「サイコ」にまつわる恐怖小説を集めたアンソロジーです。ブロック好みのショッカー、オチのある作品が多く収められ、ブロックの短篇が好きな人なら楽しめるでしょう。 スティーヴン・キング、エド・ゴーマン、リチャード・クリスチャン・マシスン、 ローレンス・ワット=エヴァンズなど。
 ジェフ・ゲルブ編の三冊のアンソロジー、『震える血』『喘ぐ血』『囁く血』は、エロティックなホラーを集めたもの。正直、品のない話が多いので、好みは分かれるかもしれません。『浴槽(バスタブ)』(リチャード・レイモン)などはその最たるもので、この作品が楽しめるようなら、アンソロジー全体が楽しめると思います。
 J・スキップ&C・スペクター編『死霊たちの宴』(創元推理文庫)は、ゾンビをテーマにしたアンソロジー。題材が題材だけにグロテスクなものが多いですが、力作多数です。知能を持ち、組織的に行動するゾンビを描いた、フィリップ・ナットマンの『始末屋』がとくにユニーク。
 アル・サラントニオ編『999』(創元推理文庫 全3巻)は、質量ともに重量級のアンソロジー。童話めいた物語が衝撃的なラストを迎える『フクロウと子猫ちゃん』(トマス・M・ディッシュ)、作家がふとしたことから手に入れた絵が動き出すという『道路ウィルスは北に向かう』(スティーヴン・キング)、古本屋の二階に存在する劇場跡に迷い込んだ男を描く夢幻的な作品『劇場』(ベントリー・リトル)、怪奇小説をめぐるメタフィクショナル・ホラー『紛う方なき愚行』(ピーター・シュナイダー)、毎日決まった場所に捨てられる靴をめぐって展開する、スピーディなサスペンス『リオ・グランデ・ゴシック』(デイヴィッド・マレル)など、力作揃い。モダンホラーのアンソロジーとしては外せないですね。
 エド・ゴーマン編『罠』(扶桑社ミステリー)とその続編『プレデターズ』(扶桑社ミステリー)は、「追うものと追われるもの」をテーマにしたアンソロジー。ミステリやサスペンス調の作品が多く、厳密にはホラーアンソロジーとはいえないのですが、なかなか面白いアンソロジーです。『プレデターズ』収録の『心切り裂かれて』(エドワード・ウェレン)がものすごい傑作なので、この作品だけでも読んでいただきたいです。なんとこれ、アルツハイマー病に犯された男が探偵となる物語で、サスペンス横溢の傑作です。

 このところ続けてお送りしている《欧米の怪奇小説をめぐって》シリーズ。まだ取りこぼしがあると思いますが、アンソロジー編は、これでひとまず終わりにしたいと思います。
 今回のシリーズの記事を書くに当たって、ネット上で怪奇小説関連について調べてみました。断片的な情報はあるものの、この分野についてのまとまったガイドは、ほとんど見当たりませんでした。それだけに、この分野についてまとめておくのも、意味のないことではないかな、と思っています。
 さて、これからの予定ですが、今のところ、以下のようなトピックを考えています。

・怪奇小説の三大巨匠
・ゴースト・ストーリーの巨匠たち
・イギリス怪奇小説の先駆者たち
・エドガー・アラン・ポー
・ラヴクラフトと《ウィアード・テイルズ》
・《アーカム・ハウス》とパルプ作家
・ラヴクラフト以前のアメリカン・ホラー
・ロード・ダンセイニ
・《奇妙な味》と異色短篇
・フランスの怪奇小説
・ジャン・レイとベルギーの怪奇小説
・ホフマンとドイツ・ロマン派
・ドイツ・オーストリアの怪奇小説
・ロシアの怪奇小説
・ラテンアメリカの怪奇小説

 不定期になると思いますが、これからも続けて書いていきたいシリーズなので、よろしくお願いします。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

9月の気になる新刊
9月4日刊 スティーヴン・キング『夕暮れをすぎて』(文春文庫 予価700円)
9月8日刊 ジャック・リッチー『クライム・マシン』(河出文庫 予価893円)
9月8日刊 オノレ・ド・バルザック『グランド・ブルテーシュ奇譚』(光文社古典新訳文庫)
9月8日刊 三津田信三『赫眼』(光文社文庫)
9月8日刊 ミステリー文学資料館編『探偵小説の風景 トラフィック・コレクション 下』(光文社文庫)
9月上旬刊 スティーヴン・キング『悪霊の島 上・下』(文藝春秋 予価各2500円)
9月10日刊 アーサー・C・クラーク『都市と星 新訳版』(ハヤカワ文庫SF 予価945円)
9月10日刊 スタニスワフ・レム『泰平ヨンの航星日記 改訳版』(ハヤカワ文庫SF 予価1050円)
9月上旬刊 トマス・M・ディッシュ『歌の翼に』(国書刊行会 予価2520円)
9月13日刊 ジェイン・オースティン『ノーサンガー・アビー』(ちくま文庫 予価998円)
9月25日刊 ジョージ・R・R・マーティン『洋梨形の男』(河出書房新社 予価1995円)
9月29日刊 D・M・ディヴァイン『災厄の紳士』(創元推理文庫 予価987円)
9月下旬刊 ジョー・R・ランズデール 『ババ・ホ・テップ』〈現代短篇の名手たち〉(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価945円)
9月予定? 東雅夫・石堂藍編『日本幻想作家事典』(国書刊行会 予価7875円)

追加
9月8日刊 H・P・ラヴクラフト『文学における超自然の恐怖』(大瀧啓裕編訳 学習研究社 予価2625円)

 今月は、スティーヴン・キングの新刊が二つ。『夕暮れをすぎて』は短編集、『悪霊の島』は長編のようです。そういえば、ハードカバーでキングの長編が出るのって久しぶりですね。
 早川書房からは名作の新訳が出ます。『都市と星』はともかく、目玉は『泰平ヨンの航星日記』でしょう。シリアスな作品ばかりにスポットライトが当たりがちなレムですが、じつはユーモア小説の巨匠でもあります。『泰平ヨン』はそんなレムの傾向を代表する名作。できれば、シリーズ全部を復刊してほしいものです。
 《奇想コレクション》の新刊は、ジョージ・R・R・マーティンの『洋梨形の男』『サンドキングス』以来のノンシリーズ短編集ということになるのでしょうか。多彩な傾向の作品を書く作家だけに楽しみです。
 あと延期になりそうな気がしますが、東雅夫・石堂藍編『日本幻想作家事典』が要注目ですね。かって出た『日本幻想作家名鑑』の増補・改訂版です。日本の作家それぞれについて、幻想的な作品を解説しています。代表的な作品については別個にトピックを立て、詳細に紹介するなど、非常に有用性の高いガイド本です。
 以前の版では、いわゆるジュニア作家にも筆が割かれていましたが、今回は膨大な数の〈ライトノベル〉系作家について、どう扱っているのか、気になるところですね。
 ラヴクラフト『文学における超自然の恐怖』は、ラヴクラフトの評論や小品を収録した本。表題作は、ラヴクラフトの評論としては、いちばん有名なものでしょう。個人的には併録の『ダンセイニ卿とその著作』が気になります。
欧米の怪奇小説をめぐって  アンソロジーその5
闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV) 闇の展覧会 - 罠 (ハヤカワ文庫 NV ハヤカワ名作セレクション) ナイトフライヤー ナイトソウルズ クリスマス13 カッティングエッジ
 今回は、モダンホラー関係のアンソロジーを中心にご紹介したいと思います。モダンホラー関係のアンソロジーでは「書き下ろし」が多いのが特徴です。既に発表された作品を編集するのではなく、そのアンソロジーのためにテーマを決め、それにそって書かれた新作を集める、というのが「書き下ろしアンソロジー」と呼ばれるものです。そのため、全編新作という「売り」ができる代わりに、収録作品が玉石混淆になってしまうという危険性もあります。
 まず筆頭にあげるべきは、カービー・マッコーリー編『闇の展覧会』(ハヤカワ文庫NV 全3巻)でしょう。玉石混淆ではありますが、全体にレベルの高い作品集ではあります。ジャンル作家だけでなく、アイザック・B・シンガーやジョイス・キャロル・オーツといった主流文学の作家、ジーン・ウルフやジョー・ホールドマンといったSF系の作家、ゴースト・ストーリーの大家ロバート・エイクマンなど、幅広い分野から作品を集めています。
 シマックやブラッドベリといったベテラン勢の作品がいささか冴えないのですが、『石の育つ場所』(リサ・タトル)、『罠』(ゲイアン・ウイルソン)あたりが面白いですね。
 集中のいちばんの傑作は?と問われたら、間違いなくスティーヴン・キングの『霧』でしょう。近年映画化もされた関係で、知名度も上がっていると思いますが、キングにしては珍しく、怪物を最前面に出した超自然小説としての面と、閉鎖環境に置かれた人間たちの行動を描いたパニック小説的な面をかねそなえた傑作小説です。あとは、異色イラストレーター、エドワード・ゴーリーの絵物語『莫迦げた思いつき』が、短いながら、徹底的にダークな色調を感じさせる秀作です。
 ダグラス・E・ウィンター編『ナイト・フライヤー』(新潮文庫)の収録作品は、雰囲気重視で起承転結が弱いものが多いです。なかでは、ゴッホの生涯にヒントを得たと思しい『オレンジは苦悩、ブルーは狂気』(デイヴィッド・マレル)が、間違いなく集中随一の傑作です。太り過ぎの女性と彼女を慕う男性の恋の行方がとんでもない結末を呼ぶ『餌』(トマス・テッシアー)、飛行機の吸血鬼というユニークな題材を扱った『ナイト・フライヤー』(スティーヴン・キング)も面白いですね。
 J・N・ウイリアムスン編『ナイト・ソウルズ』(新潮文庫)は、全体に短めの作品が多くなっています。物語として面白いものが多く、モダンホラー版異色短篇といった趣でしょうか。
 巻頭のロバート・R・マキャモン『夜襲部隊』を始め、体がやわらかくなってしまう奇病を描いた 『ソフト病』(F・ポール・ウィルスン)、破滅ものの『モーリスとネコ』(ジェームズ・ハーバート)などが面白いですね。死から甦った少年を描く『死から蘇った少年』(アラン・ロジャース)も妙な味わいの佳作。スプラッタ映画のタイトルを並べまくったオマージュ短篇『スプラッタ -ある警告』(ダグラス・E・ウィンター)は、ホラー映画ファンなら楽しめるでしょう。
 デニス・エチスン編『カッティング・エッジ』(新潮文庫)は、かなりシリアス路線のアンソロジー。ジャンル以前に作品としての完成度が、ひじょうに高いものが多いです。恐るべき筆力で描かれた『ブルー・ローズ』(ピーター・ストラウブ)、詩的な味わいの『蒼ざめた震える若者』(W・H・パグマイア & ジェシカ・アマンダ・サーモンソン)など、文章力に長けた作品多数。もちろん、死神を扱った『死の収穫者』(ロバート・ブロック)のような、娯楽性の高い楽しい作品も含まれています。
 エレン・ダトロウ編『血も心も』(新潮文庫)は、吸血鬼ものアンソロジーです。マンネリになりがちなテーマですが、いろいろと工夫をこらされた作品が多く、退屈させないのはさすがですね。ユニークな切り口の『静脈条虫』(スコット・ベイカー)、ユーモアに富んだ『乾杯!』(ハーヴィ・ジェイコブズ)などがお勧め。集中で一番古い『飢えた目の女』(フリッツ・ライバー)は、迫力ある正統派吸血鬼小説の佳作です。
 P・F・オルソン『幽霊世界』(新潮文庫)は、「幽霊」をテーマにしたアンソロジー。新感覚のゴースト・ストーリーが多く、新鮮な味わいです。なかでも、天地開闢以来の死人が戻ってくると言う壮大なスケールの『幽霊世界』(ロバート・R・マキャモン)、タイムトラベルとゴースト・ストーリーを組み合わせた『タイムスキップ』(チャールズ・デ=リント)、なんと日本を舞台にした『刀鍛治の双眸』(ゴードン・リンツナー)、本好きにはたまらない古書を扱った作品『旅行案内書』(ラムジー・キャンベル)などが収穫。
 アイザック・アシモフ編の二冊のアンソロジー、『クリスマス13の戦慄』(新潮文庫)と『バレンタイン14の恐怖』(新潮文庫)は、編者らしいサービス精神にあふれた作品集です。
 『クリスマス13の戦慄』は、クリスマスにまつわる新旧の作品を集めています。古くは、罪の意識に苛まれるサイコスリラーの古典『マークハイム』やジェントル・ゴースト・ストーリーの名作『老いたる子守の回想』(ギャスケル夫人)、新しいところでは、サンタクロースをめぐる幼児期の恐怖を描いた『煙突』(ラムジー・キャンベル)など、幅の広い時代から作品がとられています。人間に変態する異星人の恐怖を描く『フェイカーの惑星』(J・T・マッキントッシュ)と、世にも残酷な刑罰を描く『終身刑』(ジェイムズ・マコンネル)が、かなりの面白さ。
 『バレンタイン14の恐怖』もバレンタインをめぐるホラー・アンソロジーですが、ミステリやサスペンスよりの作品が多いですね。吸血鬼になってしまった女性を救おうとする男を描いたロマンス風味の『吸血鬼の贈り物』(ダニエル・ランサム)、バットマンをモデルにしたヒーローもののパロディ作品『ピエロに死を!』(ウィリアム・F・ノラン)あたりが面白いです。
 同じくアシモフ編『恐怖のハロウィーン』『戦慄のハロウィーン』(ともに徳間文庫)は、ハロウィーンをテーマにしたアンソロジーです。『恐怖のハロウィーン』では、いじめられっ子の復讐の恐怖を描く『パンプキン・ヘッド』(アル・サラントニオ)と、永遠に繰り返される時間を描いた『輪廻』(ルイス・シャイナー)、『戦慄のハロウィーン』では、気丈な女教師が呪いによって永遠の森に閉じ込められる『ミス・マック』(マイケル・マクドウェル)が力作です。

 アンソロジーその6に続きます。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

欧米の怪奇小説をめぐって  アンソロジーその4
ラテンアメリカ 東欧怪談集 キング・コングの 吸血鬼伝説―ドラキュラの末裔たち ヴァンパイア・コレクション (角川文庫) フランケンシュタイン伝説―海外ホラーSF短篇集

 河出文庫から出ていた、国別の『怪談集』は、画期的なアンソロジーでした。『イギリス怪談集』『アメリカ怪談集』『フランス怪談集』『ドイツ怪談集』『ロシア怪談集』『東欧怪談集』『ラテンアメリカ怪談集』『日本怪談集 上下』『日本怪談集 江戸編』『中国怪談集』。国別の怪談・怪奇小説を概観できるという、重厚なシリーズです。ただ『イギリス』『アメリカ』は、わりと本流の怪奇小説アンソロジーになっているのに対して、他の国のものは編者の好みが強く出た、個性的なものになっているのが特徴です。
 ティーク、ホフマン、クライストなどの古典的怪奇小説から始まりながらも、後半になるに従って前衛色を強めていく『ドイツ怪談集』(種村季弘編)。「マジック・リアリズム」作品を中心に集め、SF色も濃厚な『ラテンアメリカ怪談集』(鼓直編)、流麗かつ耽美的な作品を集めた『フランス怪談集』(日影丈吉編)、ポーランド、チェコ、ハンガリーなど対象地域が多いため、雑多な作家が集められているがゆえにバラエティ豊かな『東欧怪談集』(沼野充義編)あたりがお勧めですね。
 もちろん正統派の怪奇小説を集めた『イギリス怪談集』(由良君美編)と『アメリカ怪談集』(荒俣宏編)も上質のアンソロジーです。『イギリス怪談集』では、ブラックウッドやレ・ファニュなどの大家に混じって、A・N・L・マンビー、E & H・ヘロンなどのマイナー作品を読めるのが収穫。『アメリカ怪談集』は、ポオ、ビアス、ホーソーン、ヘンリー・ジェイムズ、ラヴクラフトと、アメリカ怪談の歴史を踏まえた手堅い編集です。
 『怪談集』シリーズについて詳しくは、こちらの記事をどうぞ。
 マイクル・パリー編になる三冊のアンソロジー、『ドラキュラのライヴァルたち』 『キング・コングのライヴァルたち』『フランケンシュタインのライヴァルたち』(全てハヤカワ文庫NV)は、有名な三つのモンスターをテーマに編んだアンソロジーです。古典から現代まで、範囲は幅広く、かつ楽しめる作品を集めています。有名な作品よりも、マイナーな作品を中心に選んでいるので、他では読めない作品が多数収録されています。
 『ドラキュラのライヴァルたち』 では、フレデリック・カウルズ、ジャン・レイ、E・エヴァレット・エヴァンズらの珍しい吸血鬼小説が読めます。中でも、作者不詳の『謎の男』が素晴らしい一品。
 『キング・コングのライヴァルたち』は、キング・コングをテーマにしていますが、キング・コングそのものを扱うと言うよりは、「怪獣」小説集といった趣になっています。キット・リード『巨大な赤ん坊の攻撃』やヘンリー・カットナー『花と怪獣』など、ユーモアも交えた作品が入っているのがユニークですね。
 『フランケンシュタインのライヴァルたち』 は、古典よりではありますが、「ロボット怪談集」として秀逸な出来栄えです。ビアス『モクスンの傑作』、ジェローム・K・ジェローム『ダンシング・パートナー』などの名作に加え、フリッツ・ライバー、イアンド・ビンダー、クラーク・アシュトン・スミスらの作品を収録しています。
 仁賀克雄編『吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔たち』 (原書房)は、1930~50年代ごろの異色作家・怪奇作家を中心に集めた吸血鬼ものアンソロジーです。B級というか「パルプ・ホラー」的作品が好きな方にはたまらないラインナップになっています。リチャード・マシスン、ロバート・ブロック、エドモンド・ハミルトン、オーガスト・ダーレス、シーバリー・クインなど。
 種村季弘編『ドラキュラ・ドラキュラ』 (河出文庫)は、編者らしく、ひねりの利いた吸血鬼短編を集めています。『グヅラ』(プロスペル・メリメ)、『吸血鬼』(ジャン・ポリドリ)、『吸血鬼の女』(E・T・A・ホフマン)など文学的な吸血鬼小説が並ぶ前半に比べ、後半の作品『吸血鬼を救いにいこう』(ベレン)、『受身の吸血鬼』(ジェラシム・ルカ)、『ドラキュラ ドラキュラ』(H・C・アルトマン)あたりは、ほとんどパロディかナンセンス風味の作品になっているという、前衛的な吸血鬼アンソロジーです。
 ピーター・ヘイニング編『ヴァンパイア・コレクション』 (角川文庫)は、アンソロジストとして知られるヘイニングの手になる非常に充実したアンソロジーです。全体を「古典的吸血鬼譚」「フィルムの中の吸血鬼たち」「現代に甦るヴァンパイア」の三部に分け、それぞれの傾向で分類した作品を収録するという、整然とした構成になっています。しかも有名作を避け、知られざる名作を中心に収録するという、ファンには嬉しいつくり。「古典」の部でさえ、ポリドリ、レ・ファニュなどのビッグ・ネームを除いているのがすごいところです。珍しいデュマの吸血鬼譚『蒼白の貴婦人』(アレクサンドル・デュマ)、ホーソーンの息子ジュリアンの作『白い肩の女』(ジュリアン・ホーソーン)などが読めるのが嬉しいですね。
 「フィルムの中の吸血鬼たち」は、主に映画としての吸血鬼を扱っています。「現代に甦るヴァンパイア」は、現代に近い時代に書かれた作品を集めています。レイ・ブラッドベリ、シオドア・スタージョン、ロジャー・ゼラズニイ、ウイリアム・F・ノーランなど。
 スティーヴン・ジョーンズ編『フランケンシュタイン伝説 海外ホラーSF短篇集』 は、「フランケンシュタイン」をテーマにしたアンソロジーですが、ホラーというよりはSF的な要素の方が全体に強い感じがしますね。R・チェットウィンド=ヘイズ、マンリー・ウェイド・ウェルマン、 グレアム・マスタートン、ピーター・トリメインなど。正直、作品の出来不出来が激しいです。 

 アンソロジーその5に続きます。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する