モノクロームの静かな世界  アイナール・トゥルコウスキィ『まっくら、奇妙にしずか』
4309270298まっくら、奇妙にしずか
鈴木 仁子
河出書房新社 2008-07-12

by G-Tools

 いつの話なのか? どこの話なのか? だれの話なのか? その全てが曖昧なまま進むという、とらえどころのないストーリー。ドイツの作家、アイナール・トゥルコウスキィの絵本『まっくら、奇妙にしずか』(河出書房新社 鈴木仁子訳)は、そのとらえどころのなさとは裏腹に、読むものをつかんで離さない魅力があります。
 ある日、どこからか船に乗ってやってきた男は、砂丘の向こうの丘に小屋を建て、住み着きます。村の人間たちは、その男が何者でどこから来たのかもまったく知りません。
 男の小屋のそこかしこには、奇妙な機械が並び始めます。好奇心にかられた村人たちは、望遠鏡を使って男の周りを覗きますが、彼が何をしているのかは全くわからないのです。見えるのは、機械のほかには、なぜか大量の魚だけ。
 男はやがて、村に魚を売りに現れます。上等な魚にもかかわらず、不審がる村人たちは魚に手を出そうとしません。なぜこんな上等な魚を大量に仕入れられるのか? 疑惑にかられた村人たちの覗き行為はエスカレートしていきますが…。
 登場人物の固有名詞はまったく出てきませんし、時代や場所も特定されていません。男の正体も目的も皆目わからず、ただ読者は奇妙な物語に翻弄されるだけ。
 ブラックなユーモアにあふれた物語もさることながら、この本の最大の魅力はその挿絵です。全てシャープペンシルで書かれたという絵の細密さ、密度は見るものを圧倒するほど。まるでデューラーの素描のような、桁違いの画力で描かれた挿絵は、不条理きわまりない物語に、圧倒的なリアリティを与えています。
 物語のあちこちで機械が登場するのですが、それらはどれも、いびつながら、どこかレトロでユーモラスな造形がされています。とくに見開きで描かれた、男の家を覗くための村人の望遠鏡にいたっては、そのユニークさは特筆ものです。
 それに対して、登場人物たちの姿は、グロテスクなまでにデフォルメされているのが目を引きます。また、戯画化されているのは絵だけでなく、物語に登場する村人たちの人物像もまた例外ではないのです。男の持っているものに嫉妬し、自分達もまたその恩恵にあずかろうとする態度には、人間の愚かさと醜さが露骨に表現されています。
 風景にいたっては、空は黒一色で染めあげられ、昼とも夜とも見当がつきません。しかしこれもまた、この物語の舞台としてはピッタリだと感じさせます。
 凄まじい画力で、物語に漂う「不安感」「寄る辺なさ」を見事に表現した大傑作絵本。人間不信に彩られたダークな世界観には好みが分かれるところでしょうが、その絵には、一度見たら忘れられないインパクトがあります。一度ご賞味あれ。
トゥルコウスキー1 トゥルコウスキー2 トゥルコウスキー3 トゥルコウスキー4

2月の気になる新刊と1月の新刊補遺
1月23日刊 『無頼の画家 曾我蕭白』〈とんぼの本〉(新潮社 予価1470円)
1月27日刊 『別冊宝島/SF・ファンタジー映画の世紀』(宝島社 1575円)
1月予定  ミシェル・セール序文・フィリップ・ド・ラ・コタルディエール監修『ジュール・ヴェルヌの世紀』(東洋書林 予価5040円)
2月10日刊 アーサー・マッケン 南條竹則訳『白魔』(光文社古典新訳文庫)
2月10日刊 SFマガジン編集部編『SFが読みたい! 2009年版』 (早川書房 予価735円)
2月20日予定 都筑道夫『ポケミス全解説』(フリースタイル 予価2310円)
2月20日刊 ジョン・ウィンダム 星新一訳・長新太画『海竜めざめる』〈ボクラノSF〉(福音館書店 予価1890円)
2月20日刊 フレドリック・ブラウン 星新一訳・島田虎之助画『闘技場』〈ボクラノSF〉(福音館書店 予価1890円)
2月20日刊 筒井康隆 加藤伸吉画『秒読み』〈ボクラノSF〉(福音館書店 予価1785円)
2月刊 若島正編『モーフィー時計の午前零時 チェス小説アンソロジー』(国書刊行会 予価2960円)
2月刊 P・G・ウッドハウス 『ブランディングス城は荒れ模様』(国書刊行会 予価2310円)

 『ジュール・ヴェルヌの世紀』は、ヴェルヌを通して当時の時代背景を探る、といった感じの本のようですね。値段が高めではありますが、気になる本です。
 来月の新刊でいちばんの要注目作はこれ、アーサー・マッケン『白魔』です。なんと光文社古典新訳文庫からの刊行。まさか怪奇小説が、しかもマッケンと言うメジャーとはいえない作家を取り上げるとは、このシリーズ、ほんとうに侮れないですね。この調子で行くと、ブラックウッドとかラヴクラフトの新訳もあり得そうです。
 何度も刊行予告がなされながら、毎回のびのびになっていた、都筑道夫『ポケミス全解説』がようやく刊行のようです。ポケミスの解説だけでなく、《エラリイクイーンズ・ミステリマガジン》に連載された名コラム『ぺいぱあ・ないふ』を収録というのが嬉しいところ。
 福音館書店から刊行される新シリーズ〈ボクラノSF〉から、ウィンダム、ブラウン、筒井康隆の3冊が刊行です。どうやらヤングアダルト向けのようですが、監修に大森望が名を連ねているところからも、以外と本格的なのかも。
 若島正編のアンソロジー『モーフィー時計の午前零時』は、チェス小説というテーマはともかく、収録作家が豪華です。フリッツ・ライバー、ジャック・リッチー、ヘンリイ・スレッサー、フレドリック・ブラウン、ジーン・ウルフ、ロジャー・ゼラズニイなんて名前が並んだら、買うしかないでしょう。
ゆれ動く現在  鏡明『不確定世界の探偵物語』
4488727018不確定世界の探偵物語 (創元SF文庫)
鏡 明
東京創元社 2007-07

by G-Tools

 多くの「時間SF」では、「過去」の改変によって「現在」が変わってしまう、ということを「悪いこと」だと見なしています。そのため「現在」を守ろうとする行為が、物語の主要な軸になっているのです。しかし、そこに鏡明は異を唱えます。

 なるほど。過去を変えてはいけないという規則は、現在を守らねばならないという規則に連なる。が、その現在というものが、守るに値するほど素晴らしいものなのか?

 そう、なぜ「現在」を変えてはいけないのか? より良い「現在」になるのならば、それでいいのではないだろうか?という観点から構成されたのが、この作品『不確定世界の探偵物語』(創元SF文庫)なのです。
 世界に一台きりのタイムマシンが発明されますが、それは大富豪エドワード・ブライスただ一人が所有するものでした。ブライスはタイムマシンを使い、過去を改変し始めます。その影響により、現在は時々刻々と姿を変えてしまうのです。
 目の前の相手が、突然知らない人間になったり、死んだはずの人間が生き返ったりと、世界の歴史は突如塗り替えられてしまうのです。そんな世界で「おれ」ことノーマン・T・ギブスンは、養父の職業を継ぎ、私立探偵を営んでいます。
 そんなある日、「神」にも等しい権力を持つブライスから、直接ギブスンに依頼が舞い込みます。ブライスはなぜ、一介の私立探偵に過ぎないギブスンを雇ったのか? ギブスンは不審に思いながらも、ブライスの従業員である美女ジェニファーとともに、その依頼を引き受けることになります…。
 タイムマシンの影響により、次々と「現在」が変わってしまう世界を舞台にした、SFハードボイルド作品です。   
 まず、何と言ってもユニークなのは、タイムマシンの設定でしょう。世界に一台しか存在せず、しかもただ一人の人間の手に握られているそれは「ワンダーマシン」と呼ばれています。こんなマシンを一人の人間が独占したら、やりたい邦題になってしまいそうな気がしますが、そこにはやはり制約があります。
 70年以内の近過去には影響を与えることができません。また、一人の人間が歴史を変えようとしたところで、個々人の運命は変えられたとしても、大幅に歴史を変える、ということもできないのです。

 たった一人の人間を殺したり、あるいは、物を破壊することで歴史が変わってしまうということが言われたのもその時期だ。だが現実にはそんなことは起きなかったし、どれほど重要に思えようとも、たった一人の人間や物が消えた程度では、全体の流れにはほとんど影響がなかったのだ。

 しかも、マシンを所有する富豪ブライスは、非人間的なまでに自己の欲望を抑制し、世界をより良い方向にのみ変えようとするような人物なのです。そのため、現在がつぎつぎと変わってしまうとはいえ、それは全体としては、便利な機器が発明されたり、争いごとがなくなったり、といった改善の方向に世界は改変されているのです。
 そんな世界にあっては、よりどころとなる絶対的な真実などはなく、人々はある種の諦観に支配されています。それゆえ、この世界で、私立探偵を営む主人公ギブスンは、変わった人物とみなされています。何しろ、調査していた事実が突然変わってしまったり、依頼人が消滅してしまったり、ということが日常茶飯事なのですから。
 また、ブライスを殺せば世界は元に戻る、という信念のもと、彼の命を狙う連中も多々いるのです。このあたり、逆ユートピア小説、いわゆるディストピア小説的な側面を読みとることもできるでしょう。
 さて、本作品は連作短編集の形を取っていて、第一話で、主だった世界観や登場人物たちの紹介がなされます。大富豪ブライスの正体やタイムマシンの秘密など、前半では解かれない謎が散りばめられ、それは以降の展開で、徐々に明らかになります。第一話で知りあった美女ジェニファーを助手にしたギブスンは、以降も不可思議な事件に巻き込まれていきます。その過程で深まる、ジェニファーとの仲も読みどころのひとつでしょう。
 どの短編も力作なのですが、連続殺人鬼の過去が改変されたため、被害者が全て生き返り、犯人も善人になってしまうという『空白の殺人者』は、かなり独創的な作品ですね。
 物語が進むにつれ、大富豪ブライスの謎が徐々に明らかになっていきます。彼の目的はいったい何なのか? その過程でブライスが主人公ギブスンにこだわる理由、ギブスンの秘密も明かされることになるのです。そして最終話、ギブスンが直面させられる究極の選択とは…?
 短編ひとつひとつが上質のSFミステリになっており、しかも全体で大きな物語を形成することになるという構成もじつに見事です。
 「タイムマシン」や「タイムトラベル」についてのある程度の知識がないと、作品の世界観がつかみにくい、という欠点はあるにしても、ミステリとSFのいいところを非常に上手く組み合わせた感のある、SFミステリの傑作といっていいでしょう。
生きることは罪じゃない  おがきちか『エビアンワンダー』
エビアンワンダー 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) エビアンワンダー 2 (2) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) エビアンワンダーREACT 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) エビアンワンダーREACT 2 (2) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

 中世風の異世界ファンタジーは、いまやありふれているとさえ言えます。ただ、数多いその種の作品の中で、そのファンタジー世界の設定が、物語にとって必然性のあるものかどうか、という点になると、疑問を覚える作品が多いのが事実です。
 その点、おがきちかの漫画作品『エビアンワンダー』(一迅社 ZERO-SUM COMICS 全4巻)は、この世界、この登場人物たちでなければ成立しない、という意味で、じつに練られた物語世界を構築しています。
 主人公の女性フレデリカは「銀符」と呼ばれる存在。「銀符」とは、悪魔との契約により、悪人の魂を地獄に送る役目を負った狩人なのです。ただし「銀符」になる代わりに、願いをひとつだけかなえることができます。その願いに対する負債が終わるまで、その役目から解放されることはないのです。
 幼い頃、両親から捨てられたフレデリカが望んだのは、「自分より小さく」「絶対に裏切らない」家族。契約を結んだ悪魔ペイシェントは、彼女の望み通り「弟」ハウリィを作ります。成長したフレデリカは、ハウリィとともに悪人の魂を狩る旅に出ますが…。
 基本的なプロットは、毎回、フレデリカが悪人たちを裁いていくという、よくあるパターンではあります。ただ、この「悪人」たちが単なる悪党でないところがミソです。善人面をした聖職者が、とんでもない悪党だったり、その逆もまたしかりなのです。
 そしてそれは、主人公フレデリカも例外ではありません。彼女が悪魔との契約で求めたのは、自分を裏切らない「弟」の存在。しかし悪魔に造られたハウリィは、その契約上、姉であるフレデリカなしでは生きていけないように造られています。ある年齢以上に成長することのできないハウリィに、ふつうの人間としての幸福を与えることはできないのです。
 この世界に、完全な「善」も「悪」も存在しない。そんな人間たちの「罪」を裁くフレデリカは苦悩します。そして、自らのために「弟」を造ってしまった自分に「罪」はないのだろうか? 
 物語後半、フレデリカは、自分を捨てた両親との再会を果たします。自らの親を「罪人」として裁くことができるのか? 裁く権利が自分にはあるのか? そして明かされるフレデリカと悪魔ペイシェントの契約の真相とは?
 前半の物語に埋め込まれた伏線が、後半になって全て収束するという、ファンタジーらしからぬ巧妙なストーリーテリング。クライマックスでフレデリカが直面する、弟ハウリィと自らの存在意義。人間が生きることへの疑問とその解答。何の気なしに読んできた読者は、後半の怒濤の展開、恐るべき密度に驚かされることでしょう。
 人間の「善」と「悪」そして「罪」と「罰」に対して、深く考えさせてくれる、じつに思索的なファンタジーです。切れば血のにじむような「痛み」にあふれた作品ですが、それだけに、読み終えたときの感動も大きいはず。
悪魔との契約  ロッド・サーリング編『魔女・魔道士・魔狼』
魔女
魔女・魔道士・魔狼 (ソノラマ文庫―海外シリーズ)
竹生 淑子
朝日ソノラマ 1986-11

by G-Tools

 オムニバスドラマシリーズ『ミステリー・ゾーン』の脚本家兼司会者として知られるロッド・サーリング。彼が編んだアンソロジー『魔女・魔道士・魔狼』(竹生淑子訳 ソノラマ文庫海外シリーズ)は、悪魔や魔女、人狼といったテーマで書かれた怪奇小説を集めています。読みやすい娯楽作品を中心に集めているので、難解さはありません。
 以下、いくつかの作品について紹介していきましょう。

 ジョー・L・ヘンズリー『魔性の復活』 地球を植民地化しようとする異星人の攻撃により、地球人はほぼ絶滅させられてしまいます。わずかに残った地球人たちは、宇宙船の内部に捕らえられます。しかし間もなく、宇宙船の乗組員たちに精神異常による自殺が広がっていきます…。
 捕らえられたのはなぜか不健康な地球人ばかり…。彼らはいったい何者なのか? 伝統的なテーマにSF的な味付けをしたアイディア・ストーリーです。

 ジャック・シャーキー『魔女志願』 魔女を目指すケイティーは、目障りなおばやライバルに対して魔術を実行しますが、一向に効き目は現れません。いぶかるケイティーにサーカスのジプシー女は告げます。愛があふれている限り、魔女にはなれない、と。ケイティーは自らの愛を捨てようと決心しますが…。
 愛する心を持っていたがために、魔女になれない少女の物語。いい話になるのかと思いきや、ブラックな展開になってしまうところに驚かされます。

 チャールズ・G・フィニー『黒い魔犬』 住宅街に突如、庭を荒し、ペットを殺して回る謎の獣が出現します。子供の証言によれば、それは黒いレトリーバのような犬だというのです。住民たちは力を合わせて、獣を射殺しようと待ち構えますが、毎回獣に出し抜かれてしまいます…。
 まったく姿をとらえられない謎の獣。強烈な悪意を持つあの獣はいったい何なのか? 不穏な空気を含んだ幻想小説。

 フリッツ・ライバー『使い魔の誕生』 ある日突然、夫の前から姿を消してしまった妻。彼との生活に耐えられないという書き置きの言葉を信じられない夫は、妻の部屋でおかしなものを発見します。それは巨大な卵でした。妻の行方を知るために、夫は妻の三人の友人たちを訪ねます…。
 妻はいったいどこに消えたのか? 巨大な卵はいったい何なのか? 見えかくれする陰謀と魔術。傑作長編『妻という名の魔女たち』ともテーマを同じくする魔女ファンタジー。

 ラドヤード・キップリング『魔獣のしるし』 インドに暮らすイギリス人フリートは、寺院で猿神ハヌマンの像に対して冒涜を働きます。やがて精神的におかしくなったフリートの体に異常が現れますが…。
 異教の魔術によって超自然現象が起こるという、怪奇小説の古典的作品です。

 ジェーン・ロバーツ『魔の首飾り』 学友とともに女教師ラウンズのパーティーに出かけたオリーヴ。しかし後になって、何があったのかを誰も覚えていません。やがて結婚し子供をもうけたオリーヴは、幸せな生活を送りますが、ある日原爆が町を襲います…。
 破壊された町で、オリーヴが思い出した記憶とは…? 「魔女」と「破滅もの」を組み合わせた、ひじょうにユニークな作品。

 ゴードン・R・ディクスン『魔女のお守り』 お尋ねもののクリントは、列車に飛び乗り、名も知れぬ土地に降り立ちます。そこで出会った無気味な老婆は、大金を示し、彼にある依頼をしますが…。
 老婆を出し抜こうとしたチンピラの青年の末路とは…。終始、陰鬱な空気の支配する、本格的な怪奇小説です。

 ブルース・エリオット『魔狼の涙』 ある日動物園の檻の中で、自分が人間に変身していることに気づいた狼。警察に捕らえられた彼は、精神異常とみなされ病院に送られてしまいます。やがて退院した彼は、狼に戻る方法を模索しますが…。
 人間が狼になるのではなく、その反対に狼が人間になってしまうというユニークな作品。人間になってしまった狼の視点から描かれるので、喜劇的というより悲劇的なトーンが漂います。哀切な雰囲気にあふれた、味のある作品です。

 マルコム・ジェイムソン『魔王との契約』 功成り遂げて、富と地位を手に入れたフェザースミス氏は、しかし死期が近付いていることを知り、不安に囚われます。現在の知識と記憶を持って、若き日に戻ったならば、今以上の成功と快楽が約束されているにちがいない…。目的を果たすため、彼は魔王と契約を結びます。約束通り、若き日の故郷に戻ったフェザースミス氏でしたが、この時代の技術と設備では、金儲けが容易いことではないと知り、愕然とします。しかも自分の体は若返らず、そのままなのです…。
 悪魔との契約で、人生をやりなおそうとした傲慢な男が、手ひどいしっぺ返しを食うという、この手のテーマではありがちなストーリーではありますが、手堅い語り口なので、最後まで読まされてしまいます。過去に戻ったあとの主人公の失望や落胆が、かなり丁寧に描写されるところが興味を引きます。

 アンソロジーのタイトルも、個々の作品の訳題も、原題とかけ離れた扇情的なものになっているのが気になりますが、収録作品の質自体は、安定したものです。ホラー的な要素よりも、ストーリーの面白さや「ひねり」を重視した「異色短編」的な要素の強い作品が多いので、この手の作品が好きな方は楽しめるでしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

今年もよろしくお願いいたします
 あけましておめでとうございます。2009年度最初の更新になります。
 ところで、年末から始めた本の整理ですが、結局片付きませんでした(笑)。奥から引き出してきた本に読みふけっちゃうんですよね。とくに雑誌のバックナンバー。コラムやエッセイなんかを読み出すと止まりません。しかも雑誌のどの号を持ってるのか、はっきりしないし。
 雑誌といっても、僕の集めてる雑誌は限られてて『ミステリマガジン』『SFマガジン』『EQ』『幻想文学』『奇想天外』『牧神』あたり。この中で持ってる号を把握してるのは『幻想文学』『EQ』ぐらいです。どちらも冊数が少な目なせいもあるんですが。
 『ミステリマガジン』『SFマガジン』に関しては、もう収拾がつきません。部屋のあちこち、本棚にもバラバラにバックナンバーが入っているので、持ってる号がまったくわかりません。というわけで、今年の目標は蔵書の整理! 雑誌を含めて、いらないものは処理して、もう少しスマートにしたいと思っています。
 そういえば、去年の最初の更新で《異形コレクション》を集めはじめた、というのを書いていましたが、続きがどうなったかというと、一応、完集しました。別巻的な扱いの《異形貴賓館》《異形ミュージアム》も含めて、集め終わったのはいいんですが、半分も読んでません。新し目の方を先に読んでるんですが、読んでる内にシリーズ最新刊が出てしまうという悪循環に(笑)! こちらのシリーズの方も、なるべく早いうちに読んでおきたいと思ってます。
 ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。
 

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する