6月の気になる新刊と5月の新刊補遺
発売中 鶴田謙二『おもいでエマノン』(徳間書店リュウコミックススペシャル 840円)
5月予定 レイ・ブラッドベリ『夜のかくれんぼ』(仮題)(晶文社 予価1890円)
6月4日刊 アンナ・カヴァン『氷』(バジリコ 1890円)
6月上旬刊 梅田正彦訳 イーデス・ウォートン他 『ざくろの実』(鳥影社 予価1680円)
6月12日刊 北上次郎『冒険小説論』(双葉文庫 予価1000円)
6月中旬刊 L・P・ハートリー『ポドロ島』(河出書房新社)
6月下旬刊 ジェフリー・フォード『緑のヴェール』(国書刊行会 予価2625円)

 鶴田謙二『おもいでエマノン』は、梶尾真治の同名作の漫画化作品。もともと新装版の挿絵も書いていた人ですね。原作は連作短篇なのですが、漫画化されているのは、原作の第一話のみ。多少脚色が入っているとはいえ、短篇一話で一冊を構成しているので、かなり物足りない感じです。ただ定評どおり、鶴田謙二の絵は素晴らしく叙情的。ぜひ続きを期待したいところです。
 レイ・ブラッドベリ『夜のかくれんぼ』は、絵本のようです。これ、むかし出た『別冊奇想天外』のブラッドベリ特集号で、佐竹美保のイラストをつけて掲載された『夜を点けよう』と同じ作品でしょうか。
 イーデス・ウォートン他 『ざくろの実』は、怪奇小説アンソロジーとのこと。訳者の梅田正彦氏は、以前にも、同じ鳥影社から、怪奇小説の翻訳をいくつか出されている方ですね。毎回マニアックな編集には頭が下がります。
 北上次郎 『冒険小説論』は、以前出たハードカバー版の文庫化なのですが、ひじょうな名著なのでぜひ。スティーヴンソンやデュマなどの古典的なものから、現代のスパイ小説まで、冒険小説の変遷を語った面白い本です。ヴェルヌの章や、イギリスの騎士道小説などについての章は、眼から鱗が落ちるような指摘がされていて、とても参考になります。
 〈KAWADE MYSTERY〉の新刊は、L・P・ハートリー『ポドロ島』。このシリーズには珍しく、純粋な怪奇小説集ですね。『怪奇小説傑作集』にも収録されている、超有名作『ポドロ島』はともかく、ほかの作品は現在ではほとんど読めなくなっているので、ファンとしてはとても嬉しいところです。
 これは予定通り出るのか怪しいですが、国書刊行会からはジェフリー・フォードの三部作完結編『緑のヴェール』が登場。2作目刊行からはずいぶんと早く出るようですね。訳者は二作目と同じ布陣のようなので、翻訳の質に関しては安心できそうです。
 
硬質な運命劇  ハインリヒ・フォン・クライスト『ミヒャエル・コールハースの運命』
ミヒャエルコールハースミヒャエル・コールハースの運命―或る古記録より (岩波文庫)
クライスト 吉田 次郎
岩波書店 1941-06

by G-Tools

 19世紀前半のドイツに生まれた文学運動《ドイツ・ロマン派》。いわゆる「メルヘン」や「童話」を芸術の域にまで高めようとした彼らの作品は、幻想性・物語性に富み、今で言うところの「ファンタジー」に近い味わいを持っています。E・T・A・ホフマンやルートヴィヒ・ティーク、ヴィルヘルム・ハウフの作品などは、その最たる例でしょう。
 この《ドイツ・ロマン派》の中にあって、ひときわ異色な作家がいます。その作家の名は、ハインリヒ・フォン・クライスト。その作品は「メルヘン」というにはあまりに硬質、しかし、尋常ではない迫力があります。
 例えば。本邦では怪談の名作として知られる『ロカルノの女乞食』(植田敏郎訳『怪奇小説傑作集5』創元推理文庫収録)を見てみましょう。
 これは、城主に虐げられて死んだ女乞食が、幽霊となって現れるという、ごく短い掌編です。内容はともかく、その文章のスタイルが特徴的なのです。幻想的な題材を扱っていても、徹頭徹尾、血肉が通ったかのような表現を多用しています。端的に言えば「リアル」なのです。
 そして今回紹介する『ミヒャエル・コールハースの運命』(吉田次郎訳 岩波文庫)にも、そのクライストの特質はよく出ています。
 16世紀ドイツ、馬商人であるミヒャエル・コールハースは、いわれもなく馬3頭を横領されてしまいます。しかも、彼の訴えは、却下され、あげくのはてに、妻まで殺されてしまうのです。コールハースは、手勢をひきいて復讐に立ち上がります…。
 世の不合理に対して立ち上がった男の復讐劇。要約してしまうと、簡単な話なのですが、作品から受ける印象は、すさまじいの一言。書かれた当時より過去を舞台にした、いわゆる「時代小説」なわけですが、それにもかかわらず、その世界があまりに「リアル」なのです。
 例えばこの作品では、占いをするジプシーなど、超自然的な要素がわずかながら登場するのですが、それが作品全体のなかで、異様に浮き上がってしまうほど、作品全体のトーンはリアリズムに支配されているのです。
 このリアリティがどこから来るのかと考えてみると、作品の「視点」に気がつきます。登場人物の心理描写がほとんどないのです。登場人物の心理の直接描写を行わず、飽くまで、行動だけを淡々と描写しているのです。それが、映画のシナリオでも読んでいるような錯覚を覚えさせるのでしょう。
 そもそもこの時代は、まだ小説作品において「視点」や「人称」がほとんど意識されていませんでした。そんななか、これほどの「スタイル」をもって作品を書き上げたこと自体、驚異的だといえるかもしれません。
失われた目を求めて  埋もれた短編発掘その24 武宮閣之『月光眼球天体説』
 眼球を天体に見立てる…。そんな頓狂な発想から、おそらく、この素敵な物語は生まれたのでしょう。
 武宮閣之『月光眼球天体説』(『ハヤカワ・ミステリ・マガジン1991年8月号』収録)は、なんと、宇宙をさまよう「目玉」の物語。
 主人公の少年は、十二歳になったばかり。両親の不和が原因で、叔父夫婦のもとに預けられていました。夏休みのある日、少年は先日やってきたばかりの転校生と出会います。家にさそわれた少年は、そこで転校生の祖父を紹介されます。

 土管を細長くしたような煤けてよごれた望遠鏡の前で、おじいさんは分厚い本を開いていた。見ると右目が眼帯で覆われている。ギクリとした。転校生もおじいさんも、眼を悪くしている。きみはなんとなく嫌な気持ちになった。

 おじいさんは「望遠鏡で、宇宙旅行をしてみないか」と、おかしなことを言い出します。どこか安っぽい望遠鏡を見ながら、半信半疑で、少年は望遠鏡を覗き込みます。とたんに目の奥がむず痒くなってきます。

 月がすぐそばに見える。どんどん近づいていく。こんなに間近に月面を見るのは初めてだ。立体感のあるクレーターが、ひろげた掌の皺のようにつぶさに見てとれる。このままだとぶつかる。そんな恐怖を覚えて、きみは無意識に視線をそらす。次の瞬間、思いがけない強い力を受けて、きみは外にほうり出されそうになる。月がツルリと右下に流れていった。

 茫然自失としている少年に、おじいさんは説明します。この望遠鏡は、見るためのものではなく、集めるためのものだ。何を?-月の光を。それを見つめる人の眼球を、一つの天体にするために。そう、それは覗いた人の目を、宇宙に運んでくれる望遠鏡だったのです。おじいさんはこの理論を「月光眼球天体説」と呼んでいました。
 しかし、この望遠鏡には問題がひとつありました。望遠鏡を使っている最中に、筒から眼を離してしまうと、眼球が戻ってこれなくなってしまうのです。そして、転校生もその祖父も、片眼を失ってしまったために、眼帯をしているというのです。

 『月光眼球天体説』によると、宇宙に飛んでいった目玉は、残ったもう一方の目で望遠鏡を通して見つけ、視線を合わすことができれば、望遠鏡をつたって戻ってくることができるという。転校生も出ていってしまった自分の利き目を探すために、望遠鏡で毎日、左目を宇宙に放つというのだ。

 やがて、失った右目を探し続けていた転校生は、ある日残った左目も失ってしまいます。両目を失った転校生は、また心をも失ってしまうのです。転校生のおじいさんは警告を残して、少年の前から姿を消します。

 「わしらはしばらく、他の場所で研究を続けることにするよ。あの望遠鏡はあんたにあげる。きっといい旅ができる。本当の旅ができる。でも、左目で右目を見ようとしちゃだめだ。目は宇宙をみるためのもの、そして宇宙そのもの…」

 しかし警告にもかかわらず、少年は右目を失ってしまいます。彼は右目を求めて、残った左目で行方を探し始めます。

 右目はまだ太陽系を出ていない。探せば間に合う。きみの左目は螺旋を描くように、忙しく旋回と直進を繰り返す。

 少年は右目を取り戻すことができるのでしょうか? そして失われた目と出会ったとき、思いもかけなかった体験が少年を待っているのです…。
 文字どおり「世界」を、そして「宇宙」を見ることのできる「目」。「宇宙」を遊泳する「目」の見た夢とはいったいどんなものだったのでしょうか。眼球と天体のアナロジー、そして少年の心と宇宙のひろがりもまた、相似形をなしているのです。
 詩的で繊細。しかしその世界観には、スケールの大きさを感じさせられる、まさに珠玉の短篇です。
空想的プロレタリア小説  ジャック・ロンドン『ジャック・ロンドン大予言』
ロンドン大予言ジャック・ロンドン大予言
ジャック・ロンドン 辻井 栄滋
晶文社 1983-01

by G-Tools

 「動物小説作家」のイメージが強いジャック・ロンドンはまた、SF的・幻想小説的な作品も得意とし、かなりの数の作品を残しています。彼のこの分野での作品の特徴は、未来予測や社会改良的な問題意識が強いところにあります。
 「未来予測」といえば思い出すのは、ジュール・ヴェルヌです。しかし、ジュール・ヴェルヌの「未来予測」と、ロンドンのそれとは随分異なっています。ヴェルヌが、科学技術の発展を正確に予測する、という面にウエイトを置いているのに対して、ロンドンは、現在の社会の不合理を改善するために、風刺的に未来予想図を描き出す、といった面にウエイトを置いているのです。つまりは、現代世界に対する深い関心が、彼をして「未来小説」を描かせているといえるでしょう。
 そんなロンドンのSF的な短篇を集めたのが『ジャック・ロンドン大予言』(辻井栄滋訳 晶文社)です。以下いくつか紹介していきましょう。

 『強者の力』 舞台は先史時代、老ロング・ビアードは、孫たちを前に、かっての自分たちの歴史を語ります。ばらばらだった人間がいかに部族を作ったか。そして「金」を創造し、富の独占が起こったがために、一族が弱体化してしまった顛末を語りますが…。
 まだ文明が起こる前の人間たちを描いた作品。最初は協力し合っていた一族が、独占欲を起こしてゆく過程が、説得力豊かに描かれます。舞台が古代だけに「強者」の力の振るい方も容赦がなく、それがまたインパクトを持っています。

 『ミダスの手先』 ある日、鉄道王エベン・ヘイルのもとに届いた手紙。それは、膨大な金を要求する脅迫状でした。「ミダスの手先」と名乗る彼らは、金を払わなければ人を殺すというのです。しかし殺されるのはヘイルとは全く関係のない一般人であると。手紙を一笑に付すヘイルはしかし、実際に殺人が起こるのを見て驚きますが、彼らの要求に屈しようとはしません。その後も関係のない人間たちが殺されていくのに従って、社会からは非難の声があがり始め、ヘイルもまた良心の呵責に苦しみます…。
 まったく正体不明の団体「ミダスの手先」。彼らの目的はいったい何なのか? 資本家に対する「テロ」を空想的に描いた作品です。

 『スロットの南側』 「スロット」によって富裕層と労働者層に別れた大都会サンフランシスコ。フレディ・ドラモンド教授は、自らの研究のため、労働者階級に混じって生活を始めます。ビル・トッツを名乗るようになった彼は、労働者たちの間で絶大な人気を得るようになります。
 二重生活を続けるうち、ビル・トッツとフレディ・ドラモンドとの間で引き裂かれるようになった彼は、フレディとして婚約者を持ちながらも、ビルとして労働者階級の女性メアリに惹かれはじめますが…。
 二つの階級の間で揺れ動く男を描いた作品。結末は予定調和的ながら、エンタテインメントとしても上質の短篇です。

 『ゴリア』 正体不明の超絶的な兵器を手にした謎の人物「ゴリア」。彼はその兵器を使って世界中の不正を正し、世界を変革していきます…。
 「核」を想起させる兵器を持って、世界を良い方向に導こうとする男の物語。あまりに簡単に世界が良くなってしまうところに、今読むと、かなりナイーヴな感性を感じてしまいます。

 『デブスの夢』 「ゼネスト」によって、あらゆる職業の人々がストライキに入ってしまいます。最初は甘い考えでいた資本家たちは、いっこうに終わらない「ゼネスト」によって、食料がなくなっていくのに愕然とします。やがて社会が崩壊し、犯罪や殺人が起こり始めますが…。
 「ストライキ」がここまで社会を崩壊させるのか、という疑問はさておき、混乱した社会の描写には、すばらしくリアリティがあります。社会の崩壊、というよりも人間性の崩壊、というべきでしょうか。じつに力強い作品です。

 『全世界の敵』 幼い頃から虐げられつづけてきた男イーミル・グルック。人類全体に恨みを抱く彼は、やがて富を貯え、ある兵器の開発に成功します。グルックはその兵器を使い、無差別虐殺を始めますが、彼を逮捕する証拠はまったくつかめません…。
 虐げられた男が人類社会に復讐するという、テーマ自体は新味のないものですが、主人公グルックが受ける不幸の数々には、強烈なインパクトがあります。

 『比類なき侵略』 近未来、近代化を始めた中国は、その人口を極端に増加させることによって、世界をじわりじわりと侵略し始めます。欧米諸国は、軍を派遣するものの、あっさりと中国の人口によって飲み込まれてしまいます。一計を案じた科学者はある兵器を開発しますが…。
 中国の脅威を描いた、いわゆる「黄禍」小説。「未来予測」という点で考えると、かなり先進的な内容です。

 『背信者』 貧しい家族のために、幼い頃から働きに出されてきた少年ジョニー。有能ながら、機械的な作業を強いられつづけた彼は、やがて表情を失い、人生に対して何も感じなくなっていきます…。
 SF的・幻想的な要素のない普通小説なのですが、インパクトという点では、この短編集随一でしょう。貧しさと機械的な労働がいかに人間性を奪うか、というテーマをこれほど説得力豊かに描いた作品には出会ったことがありません。後半で、ジョニーが発する「僕はすっかり疲れちゃったんだよ」という言葉の何と重みを持っていることか!

 どの作品でも、貧困や労働者と資本家の対立などの社会矛盾が描かれます。いくつか作品を読んでいくと、作品に登場する社会が、いささか図式的に感じられてくる面もないわけではないのですが、貧しさや虐げられた人々を描くときのロンドンの筆は痛烈です。その意味で、現在でも作品の価値は失われていません。
 作品にこめられたメッセージがかなりダイレクトであるので、正直、物語として楽しむにはちょっときついな、という作品もありますが、これだけのエネルギーを持った作品は、やはり一読の価値があります。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

短篇ファンの福音書  『新・パパイラスの舟』
 1973~1974年ごろに『ミステリマガジン』誌に連載されていた、小鷹信光のエッセイ『新・パパイラスの舟』。このブログでも、以前に言及したことがあると思うのですが、このシリーズが僕はとても好きでした。毎回テーマを決めて、そのテーマに沿った海外短篇をいくつか選んで紹介するというコンセプトの、意欲的なエッセイでした。
 タイトルに「新」とつくのは、それ以前に『パパイラスの舟』というエッセイがあって、それの続編という肩書きだったからですが、旧シリーズの方が単行本化されたのに対して、この「新」の方は雑誌に埋もれたままでした。
 ところが、ここにきて、このエッセイを単行本化するという情報があり、ひじょうに嬉しく思っています。出版元は論創社なのですが、仮タイトルを見てみると『新パパイラスの舟 21の短篇』というものになっています。これはもしかして!と思っていたら、案の定でした。今月号の『ミステリマガジン』で小鷹氏自身が「オマケつき」と書いておられます。詳しいことはまだわかりませんが、どうやら、エッセイ部分に加えて、短篇の「オマケ」がつくようですね。これは本当に好企画。実際の刊行期日はまだ未定のようですが、鶴首して待ちたいと思います。
 さて、この『新・パパイラスの舟』、具体的にどういう内容なのか、ちょっと例を挙げて説明してみたいと思います。
 例えば、1974年3月号に掲載された回の特集は「ドリーム・ファンタジー選『夢見る男たち』」。ジョン・コリア『夢判断』、チャールズ・ボーモント『夢と偶然と』、リチャード・マシスン『人生モンタージュ』などの、異色作家の定番短篇に加えて、アントニー・ギルバート『眠ってはいけない』、C・B・ギルフォード『夢の中の犯罪』など、雑誌に訳載されたマイナー短篇もいくつか紹介しています。
 1974年2月号の特集は「不完全脱獄講座『夢多き男たち』」。シオドア・スタージョン『監房ともだち』、ジャック・フィニィ『独房ファンタジア』、ウィルスン・タッカー『出口あり』、モリス・ハーシュマン『囚人が友を求めるとき』など、「脱獄」に関わる短篇が集められています。
 上に挙げた例からわかると思いますが、狭義の「ミステリ」にこだわらず、いわゆる「異色短篇」や「ファンタジー」も含めて、ひじょうにヴァラエティに富んだセレクションがされているのが、いちばんの特徴です。
 ほかにも「動物奇譚選『十二支殺人事件』」「正論風インタールード『悪魔との契約』」「旅人ファンタジー選『見知らぬ町、ゆきずりの人』」「謎の書簡1『手紙だけでもミステリは書ける』」「精選探偵犬物語『愛犬にご注意』」「契約殺人入門『殺し屋稼業も楽じゃない』」など、毎回趣向を変えて、楽しませてくれています。
 著者の語りも「です・ます」調のやわらかいもので、読みやすく、時折ユーモアも交えていて、とても楽しいものになっています。「手紙」テーマの回では、それこそエッセイというよりは「創作」に近いほどの凝りよう!
 ちなみに、このエッセイの実践編として、大和書房というところから、いくつかのテーマ・アンソロジーが出ていました。出たのは次の五冊。

 『とっておきの特別料理 美食ミステリ傑作集』
 『冷えたギムレットのように 美酒ミステリ傑作集』
 『ラヴレターにご用心 手紙ミステリ傑作集』
 『ブロードウェイの探偵犬 犬ミステリ傑作集』
 『ハリイ・ライムの回想 詐欺師ミステリ傑作集』


 『美食ミステリ傑作集』『美酒ミステリ傑作集』『詐欺師ミステリ傑作集』の3冊に関しては、河出文庫で再刊されています。どれも傑作揃いのアンソロジーなので、興味を持たれた方はぜひ。
 『新・パパイラスの舟』刊行を機に、これらのアンソロジーもぜひ復刊していただきたいですね。


プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する