幻想百科事典  キアラン・カーソン『琥珀捕り』
4488016383琥珀捕り (海外文学セレクション)
キアラン カーソン Ciaran Carson 栩木 伸明
東京創元社 2004-02

by G-Tools

 「百科事典」のような物語があります。ごく短い物語に「図書館」を再現したボルヘスの作品、または、どこからでも読める辞書を模した物語、ミロラド・パヴィチの『ハザール事典』。これらは「世界」をひとつの「物語」に封じこめてしまいたい、永遠に終わらない「物語」を作りたい、という願望のあらわれなのかもしれません。
 アイルランドの作家、キアラン・カーソンの『琥珀捕り』(栩木伸明訳 東京創元社)もまた、そんな「百科事典」小説の系譜に連なる作品です。
 短いエピソードでつながれた、連作短篇と呼べる作品ですが、それぞれの物語には、それほど緊密な結びつきはありません。それゆえ、各エピソードが羅列されたような印象を強く受けるようになっています。ただ、作者もまた故意に、そのような構成を選んでいるような感もあります。
 具体的には、語り手の「わたし」が語る、いろいろな物や人に関わるエピソードのあいまに、語り手の父親が語る「冒険王ジャック」の物語がはさまれる構成になっています。
 「冒険王ジャック」の物語は、どれも奇想天外な「ほら話」になっているのに対して、「わたし」が語るのは、主にペダンティックな知識や教養です。とくに繰り返されるのが17世紀のオランダや、オランダ絵画や画家に関するエピソード。日本でも人気のあるフェルメールを始めとしたオランダ絵画の部分は、この分野に興味のある方なら楽しめるでしょう。
 あとがきでも触れられていますが、「わたし」の語るパートは、本当に百科事典の一項目のよう。まるで、偶然に開いた百科事典の一ページを拾い読みするような魅力にあふれています。
 数えきれないほど様々なエピソードが登場しますが、個人的にいちばん印象を受けたのは、絵を描く「人魚」のエピソード。洪水の際に人間に助けられた人魚が、人に慣れるにしたがって絵を描くようになります。その評判が広まり「人魚」は有名になりますが、世話をしていた婦人がなくなると同時に火事になり、絵は全て失われてしまう…という話。絵につけられたタイトルが、全て海に関連するものであるところが、非常に洒落ています。
 作品全体にあふれる、饒舌なほどのエピソードや知識、これらが、この作品の第一の魅力なのですが、逆に言うと、そうしたものに興味を感じられない読者、もしくは統一のとれた物語構成をもとめる読者には、楽しみにくい作品であるとも言えそうです。ただ、「拾い読み」を許容する百科事典のように、つまらないところはどんどん飛ばして、自分の興味のある部分だけを「拾い読み」する。そんな楽しみ方も許してくれるような、ふところの大きい物語なので、いちど挑戦してみてはいかがでしょうか。
たらいまわし本のTB企画第40回  こたつで読みたいバカバカしい本
781b63bb9a93571a8cefcbbfcfed746b.jpg

 たらいまわし本のTB企画第40回は「一冊たちブログ」タナカさんの主催。お題は『こたつで読みたいバカバカしい本』です。

 このお正月に、こたつに入ってごろごろしながら読むのにふさわしいような、のんきで、バカバカしい本を挙げていただければと思います。

 たらいまわし本、通称「たら本」は、主催者の提示したテーマに沿って、記事を書き、それを主催者の記事にトラックバックする、というもの。期限もとくに決まっていませんので、面白そうだと思った方はチャレンジしてみてくださいね。


448860501X未来世界から来た男 (創元SF文庫 (605-1))
フレドリック・ブラウン
東京創元社 1963-09

by G-Tools

4488605028天使と宇宙船 (創元SF文庫)
フレドリック・ブラウン
東京創元社 1965-03

by G-Tools

 さて、ばかばかしい作品といえば、真っ先に思い付くのは、やっぱりフレドリック・ブラウンでしょう。突拍子もないアイディアで繰り出される作品は、ときに冗談すれすれまで接近します。とにかく読んで楽しい作品ということでは、他の追随を許しません。
 タイムマシンを使って富や地位を手に入れようとした男が、結局失敗する過程を描いた『タイム・マシンのはかない幸福』(厚木淳訳『未来世界から来た男』創元SF文庫収録)とか、親戚だけのパーティで起こった殺人を描く『ばあさまの誕生日』(厚木淳訳『未来世界から来た男』創元SF文庫収録)、この世に実在するのは自分だけだと言う信念を持つ男の話『唯我論者』(厚木淳訳『天使と宇宙船』創元SF文庫収録)とか、どれをとっても奇想天外です。
 極端に時間の長い惑星で、死刑を宣告される男の物語『死刑宣告』(厚木淳訳『天使と宇宙船』創元SF文庫収録)や、SF雑誌に夢中になる息子に眉をしかめる父親を描いた『非常識』(厚木淳訳『天使と宇宙船』創元SF文庫収録)なんかに至っては、完全に冗談の域に達してますね。



20070211165527.jpg
マルタン君物語
マルセル エーメ 江口 清
筑摩書房 1990-04

by G-Tools

 フランスの作家マルセル・エーメも「ばかばかしさ」では負けていません。
 本ブログでは何度も言及している『マルタン君物語』のほか、ある日突然、美男子になってしまった男が、妻の愛を取り戻そうと、別人として妻を誘惑するという、不可思議な物語『第二の顔』(生田耕作訳 創元推理文庫)も面白い作品です。



4003251814カンディード 他五篇 (岩波文庫)
ヴォルテール 植田 祐次
岩波書店 2005-02

by G-Tools

 哲学者として有名なヴォルテールが書いた物語『カンディード』(植田祐次訳『カンディード』岩波文庫収録)は、今読んでも充分に面白い作品です。異様に楽天的な主人公カンディードが、やたらと不幸な目にあってしまうという、皮肉な物語。その徹底さはグロテスクなほどで、筒井康隆を思わせます。非常に風刺の効いた作品です。
 この短編集には他にも、宇宙からの来訪者が地球の文化を批判する『ミクロメガス』とか、探偵小説の元祖としても取り上げられることのある『ザディーグまたは運命』も収録されていて、非常にお買得。
 どの作品も非常にやさしい文章で書かれた、わかりやすい物語なので、ぜひお勧めしておきたい本ですね。



海の上の少女

海の上の少女―シュペルヴィエル短篇選 (大人の本棚)
ジュール シュペルヴィエル Jules Supervielle 綱島 寿秀
みすず書房 2004-05

by G-Tools

ひとさらい
ひとさらい (1970年)
渋沢 竜彦
薔薇十字社 1970

by G-Tools

火山を運ぶ
火山を運ぶ男 (1980年) (妖精文庫〈24〉)
嶋岡 晨
月刊ペン社 1980-11

by G-Tools

 ジュール・シュペルヴィエルの作品は、一見ばかばかしい題材を取り扱っても、とても詩的で甘美な物語になってしまうところが、凄いです。ヴァイオリンのような声を持つ少女を、思春期の比喩として描いた傑作短篇『ヴァイオリンの声をした少女』(綱島寿秀訳『海の上の少女』みすず書房収録)、子供好きの夫婦が子供をさらってきては育てているという物語『ひとさらい』(澁澤龍彦訳 薔薇十字社)、文字どおり火山を持ち運ぶ男を描いたシュールな物語『火山を運ぶ男』(嶋岡晨訳 月刊ペン社)なんてのもありました。



4044601135神は沈黙せず〈上〉 (角川文庫)
山本 弘
角川書店 2006-11

by G-Tools

4044601143神は沈黙せず〈下〉 (角川文庫)
山本 弘
角川書店 2006-11

by G-Tools

 山本弘『神は沈黙せず』(角川文庫)は、「神とは何か?」という、一見、重厚なテーマを真面目に扱った作品のように見えるのですが、その実「おバカ」なSF作品です。
 人類に「神」の実在が証明され、世界が変革される過程を描いているのですが、ディテールこそ大真面目なものの、核となっているのは、古くからあるSF的なアイディアです。具体的には「この世界は何者かによって作られた」というエドモンド・ハミルトン『フェッセンデンの宇宙』とかダニエル・F・ガロイ『模造世界』のような作品がインスピレーションの元になっているようです。
 「星ははりぼてだった」とか「宇宙はいい加減に作られている」など、「トンデモ系」のアイディアがところどころに出てくるのも楽しいです。



怪船マジック
ブラック・ユーモア選集〈4〉怪船マジック・クリスチャン号 (1976年)
早川書房 1976

by G-Tools

 テリイ・サザーン『怪船マジック・クリスチャン号』(稲葉明雄訳『怪船マジック・クリスチャン号』早川書房収録)は、いたずら好きの男が、ひたすら人々にいたずらをして回るという、人を喰った連作短篇シリーズ。金をちらつかせて、人々を思い通りにしたりなど、えげつなさも目立つブラックな作品。



4255960291文体練習
レーモン クノー Raymond Queneau 朝比奈 弘治
朝日出版社 1996-11

by G-Tools

 レーモン・クノー『文体練習』(朝比奈弘治訳 朝日出版社)は、なんの変哲もない出来事を99通もの文章で言い換える、という言語遊戯の本です。いろいろな立場や人物の視点から描かれているのですが、ときには吹き出してしまうようなユーモアも垣間見られます。
 文章の芸を中心に据えているので、翻訳は相当に難しかったろうと思うのですが、日本語としてまったく違和感のない翻訳は、素晴らしい出来栄え。



4102377018透明人間の告白〈上〉 (新潮文庫)
H.F. セイント H.F. Saint 高見 浩
新潮社 1992-05

by G-Tools

4102377026透明人間の告白〈下〉 (新潮文庫)
H.F. セイント H.F. Saint 高見 浩
新潮社 1992-05

by G-Tools

 「ばかばかしい」といえば、これ、H・F・セイント『透明人間の告白』(高見浩訳 新潮文庫)は外せないでしょう。
 事故によって体が透明になってしまった男の運命を描く物語です。ただ、透明人間になったからといって、やりたい放題になるわけではありません。生きのびるためには、どうしたらいいのか?というところに焦点を据えたサバイバル小説になっています。
 ほんとうに体が透明になってしまったら、日常生活はどうなるのか?という具体的な面を詳細に描いているのが非常にユニーク。食物をとったら、それが消化されるまでは目に見えてしまうなど、一応(?)科学的に考察しているのも面白いところです。



4087475484異形家の食卓 (集英社文庫)
田中 啓文
集英社 2003-02

by G-Tools

 田中啓文『異形家の食卓』(集英社文庫)
 全編これ、冗談で出来ているかのようなホラー短編集です。タイトルからして「伊東家の食卓」をもじっているのですが、ほとんどの短篇中で、ダジャレが出てくるという恐るべき作品集。
 究極のグルメ料理の正体を探る『新鮮なニグ・ジュギペ・グァのソテー。キウイソース掛け』、怪獣に脳を移植された男の話『怪獣ジウス』、どんなに罵倒されてもにこやかに微笑む外務大臣の秘密を描く、ひたすらグロテスクな物語『にこやかな男』など。
 描写はグロテスクなものの、物語の構成自体はかなりしっかりしています。表面的な悪趣味さが気にならなければ、なかなか読みごたえがあります。



4062638606七回死んだ男 (講談社文庫)
西澤 保彦
講談社 1998-10

by G-Tools

 西澤保彦は、本格推理にSF的なシチュエーションを持ち込むという手法を得意とする作家です。なかでも特にそれが成功しているといってよいのは『七回死んだ男』(講談社文庫)でしょう。
 主人公の高校生、大場久太郎は、ときおり時間の反復現象に巻き込まれてしまいます。 その現象が起こると、同じ一日を9回繰り返すことになるのです。それゆえ、実年齢よりも大分長い人生を生きており、意識的にはかなり老成しています。そんな反復現象に巻き込まれたある日、祖父が殺されてしまいます。久太郎は祖父の死を回避しようとしますが、何度やっても祖父は殺されてしまうのです…。
 「時間ループ」もので、本格推理をやったらどうなるのか?という大胆な試みです。そんなシチュエーションで、本格推理をやる必要があるの?という疑問はさておき、これがまた面白い作品に仕上がっているのです。SF的シチュエーションによる具体的なルールが、物語を面白くしている良い例といっていいかと思います。



羊を数え
羊を数えて眠る本
ブライアン ログウッド Brian Logwood
二見書房 1992-12

by G-Tools

 最後に、とっておきのバカらしい本を紹介しておきましょう。ブライアン・ログウッド『羊を数えて眠る本』(二見書房)です。
 眠気を誘うために、羊を数えようという趣旨で作られた本です。文字どおり、ほぼ全ページに羊の群が延々と描かれているという面白い本。台詞もとくになく、ただただ羊の絵が続くだけ。たしかに眠くなってはきます。洒落た発想の本ではありますね。
病んだ家  マーガレット・ミラー『眼の壁』
4094023518眼の壁
マーガレット ミラー Margaret Millar 船木 裕
小学館 1998-03

by G-Tools

 マーガレット・ミラーの作品の特徴を簡単に言うなら、人間心理を重視したサスペンス小説、といえるでしょうか。例えば、殺人や犯罪が起こり、その捜査の過程が描かれたとしても、いわゆる「本格ミステリ」のように、論理や殺人の証拠がはっきりと示されることは多くありません。あくまで、人間同士の関係から生まれる、心理的な論証が優先されます。実際、それらはミラーの筆にかかると、充分な説得力を持っているのです。
 後年の作品ほど、その重厚さが増してくる感があるのですが、初期の作品である『眼の壁』(船木裕訳 小学館文庫)においても、その特質は発揮されています。
 数年前の事故によって、盲目になってしまった女性ケルジー。彼女は、姉のアリス、兄のジョニー、そして婚約者のフィリップとともに、母親から相続した屋敷に住んでいます。資産家だった母親は、末娘のケルジーを溺愛し、遺産をケルジーだけに残したのです。
 ケルジーは、自分が盲目になったのは、事故の際、一緒に乗っていたフィリップのせいだと思い込み、結婚を遅らせ、フィリップを屋敷に閉じ込めていました。そして、他の家族もケルジーに対して愛憎半ばした気持ちを抱いているのです。そしてある日、ケルジーは自殺未遂を起こしてしまいますが…。
 障害者になってしまった若い娘が、性格を歪ませ、周りの人間を苦しめる、というのが、序盤を読みすすめて最初に抱く、作品の印象です。実際その線にしたがって殺人が起きます。ケルジーと、周りの登場人物たちの感情の軋轢がテーマなのかな、と思いきや、物語は急展開するのです。
 この急展開によって、物語の解釈がだいぶ変わってしまうのですが、それが必ずしも成功しているとはいえないところがつらいです。なにより、特異な性格のキャラクターとして登場した、ケルジーの魅力が生かしきれていないところが気になります。「急展開」が、物語の流れをそいでしまっている感があるのです。
 ところどころの心理描写、全体を通しての閉塞的な雰囲気は素晴らしく、そしてトリックもなかなかなのですが、最終的な結末にいたるまでの、クライマックスの盛り上げ方、必然性が不自然な気がするところが、非常にもったいない作品ですね。
勘違いの悲劇  アンブローズ・ビアス『修道士と絞刑人の娘』
B000J892O8修道士と絞刑人の娘 (1980年)
倉本 護
創土社 1980-04

by G-Tools

 アンブローズ・ビアスは、皮肉屋で知られたアメリカの作家です。毒舌に満ちた彼の作品のなかで、1892年発表の『修道士と絞刑人の娘』(倉本護訳 創土社)は、彼に似合わぬ純愛ロマン作品。というのも、この作品、かなり複雑な成立過程を持っているのです。
 ドイツの作家リヒャルト・フォスが、古い伝説に基づいて書いた『ベルヒテスガーデンの修道士』という作品がまずあり、それを、アメリカの作家アドルフ・ド・カストロが翻訳しました。さらに、カストロがビアスに翻訳に手を入れてほしいという依頼で、ビアスが書き直したものが、この作品です。つまりは、ドイツ作品の「翻案」といっていいのでしょうか。
 この辺りの成立過程は、かってわが国の芥川龍之介が行ったものと似ていますね。実際、芥川はビアスに影響を受けていたそうですし、なかなか縁浅からぬものを感じさせます。
 さて、物語のほうはかなりシンプルです。中世ドイツ、ベルヒテスガーデンにやってきた修道士アンブロシウスは、絞首人の娘ベネディクタに思いを寄せるようになります。しかし、絞首人の一族ということで、ベネディクタは、村人から差別を受けていました。彼女に関わったことで、アンブロシウスは山にこもらされることになります。
 そこで、父親を亡くしたベネディクタと再会したアンブロシウスは、ふたたび彼女に惹かれ、修道士としての義務と世俗の愛との葛藤に苦しみます。そんな折り、アンブロシウスは、村の有力者の息子ローカスがやってくることを知ります。ローカスがベネディクタを情婦にしようとしていると思い込んだアンブロシウスは、悩みますが…。
 純朴な青年が愛のために破滅するという、あまりといえばあまりに古風でストレートなストーリーです。ただ注目したいのは、全編がアンブロシウスの主観で進んでいるというところ。ベネディクタはローカスを愛している、ローカスは悪党である、と、アンブロシウスは思いこんでいるのですが、これらに対する客観的な証拠はないのです。
 さらに注目すべきは、最終章。この部分は原作に対して、ビアスが付け加えたとされているのですが、ここで、ローカスがベネディクタの異母兄であることが明かされます。これによって、物語はさらに悲劇性を増すように仕組まれています。
 社会に翻弄され引き裂かれる恋人、という単純な純愛物語が、ビアスの筆が入ることによって、深みを増しているわけです。一見、単なる純愛物語ではありますが、その効果においては、やはりビアスの作品だといっていいのではないでしょうか。
 この作品、正直に言って、ビアスの作品を全然読んだことのない方が読んでも、あまり面白くないと思います。「あのビアス」がこんな作品を…、と「構えて」読んだ方が、作品の面白みを味わえるのではないでしょうか。
12月の気になる新刊
12月11日刊 エドワード・リア/エドワード・ゴーリー『輝ける鼻のどんぐ』柴田元幸訳(河出書房新社 予価1050円)
12月15日刊 スカーレット・トマス『Y氏の終わり』(早川書房 2100円)
12月中旬刊  北原尚彦編『日本版 シャーロック・ホームズの災難』(論創社 予価1995円)
12月20日刊 『原典完訳 遍歴 セレンディッポの三人の王子』(角川書店 予価2400円)
12月20日刊 P・G・ウッドハウス『ジーヴスと恋の季節』(国書刊行会 予価2310円)
12月22日刊 山口雅也編『山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー』(角川文庫 予価683円)
12月刊   『延原謙探偵小説傑作選』(論創社)
12月刊   カレル・チャペック『クラカチット』(青土社)

 今月いちばん気になるのは、スカーレット・トマス『Y氏の終わり』。「人の心の世界に入る方法が書かれた、呪われた本」をめぐる物語らしいです。
 北原尚彦編『日本版 シャーロック・ホームズの災難』は、ホームズの贋作を集めたものですが、日本作家のみで構成されているところがユニーク。
 『原典完訳 遍歴 セレンディッポの三人の王子』は、「セレンディピティ」という言葉が生まれるもとになったという、古代ペルシアの寓話の初完訳です。
 『山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー』は、予告からだいぶ遅れていましたが、ようやく刊行のようです。


プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する