意地悪な終末  シャーリイ・ジャクスン『日時計』
4892571164日時計
シャーリイ・ジャクスン 渡辺庸子
文遊社 2016-01-05

by G-Tools

 シャーリイ・ジャクスンの第4長編『日時計』(渡辺庸子訳 文遊社)は、ジャクスンの代表作と言える『丘の屋敷(たたり)』『ずっとお城で暮らしてる』に先立つ作品。ミステリ、SF、ホラーの要素は少しづつ持ちながらも、ジャンル小説とは微妙に異なるベクトルの作品になっています。

 舞台は、大富豪ハロラン一族の住む広大な屋敷。当主のリチャードは老衰し、息子のライオネルが死んだことにより、家の実権はリチャードの妻オリアナが握ることになります。孫娘ファンシー以外、眼中にないオリアナは、リチャードの妹ファニーやライオネルの嫁メリージェーン、司書のエセックスなど、邪魔者を早速追い出しにかかります。しかし、時を同じくして、ファニーが死んだ父親の「お告げ」を聞いたことから、考えを変えることになります。
 「お告げ」によれば、世界は滅びることになっている。ただ、屋敷にいる限りは安全が保証されるというのです。一族の人間はそれを信じ始め、崩壊後の世界で生き延びるための準備を始めます。やがて一族の計画は、オリアナの友人や、村にやってきた男などを巻き込んでいきますが…。

 世界の破滅を前にして、人間たちは何を考え、どう行動するのか? いわゆる「破滅もの」や「大災害小説」のバリエーションといえる作品なのですが、そこはジャクスン、一筋縄ではいきません。
 真面目に災害後の準備をするかと思えば、些細なことで喧嘩をしたり茶化したり。一族の人間も本気で「お告げ」を信じているのかどうかもはっきりしません。
 何しろ、登場人物たちが揃いも揃って、尋常な人間ではないのです。皆が皆、自分の欲望のみを優先し、しかもその意図を隠そうともしません。
 権力欲の強いオリアナ、虚栄心の塊であるファニー、皮肉屋のエセックスなど、大人はもちろん、幼い孫娘のファンシーさえ、平気で自分の祖母や一族を罵倒するという有様。
 そもそも、生き残るための条件は、一族の一員である必要すらなく、その破滅の時点に屋敷内にいればいいのです。結局、その破滅の存在により、人間たちが行動を改めることもなく、内面が変化することもありません。そんな大人たちを皮肉るように、孫娘ファンシーは次のように語ります。

 「だから」ファンシーはのろのろと言った。「みんなは世界のすべてが変わることを望んでいるんでしょ。そうなったら自分たちもきっと変わるだろうと思って。でも、世界が新しくなったくらいで、人間まで変われるなんて、あたしは思わない。だいたい、その世界だって、この世界以上に確かな存在ってわけじゃないし」

 愚かな人間たちが愚かなままで終わる物語。そう言ってしまうと、身も蓋もないのですが、実際、身も蓋もない物語なのです。

 ストーリー上、大きな起伏はなく、屋敷に集まったハロラン一族や使用人、客などの行動が細かく描かれていくのみです。起きるのは、大概がささいな事件といっていいのですが、読んでいて飽きさせないのは、ジャクスンのブラック・ユーモアあふれる人物描写の面白さゆえでしょうか。
 作中で、家族を皆殺しにしたという女性の逸話が登場し、この部分はすこぶる面白いのですが、それを本筋にからめることもなく、単発的に終わらしてしまうところも、ジャクスンらしいといえばジャクスンらしい。

 読後に読み取れるテーマも一つにとどまらず、読む人によって、それぞれ異なった感想が出てくるのではないでしょうか。多面性のある、実に味わいのある作品と言えます。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

人生が変わる夜  トマス・スターリング『ドアのない家』
ドアのない家
ドアのない家 (Hayakawa pocket mystery books)
トマス・スターリング 佐倉 潤吾
早川書房 1984-05

by G-Tools

 アメリカの作家トマス・スターリングは、わが国では2作品しか邦訳がありませんが、そのどちらも異色な味わいのミステリになっています。たくらみに満ちた『一日の悪』も面白い作品ですが、シチュエーションの奇抜さでは『ドアのない家』(佐倉潤吾訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ)に、軍配があがるでしょう。
 初老の女性ハンナ・カーペンターは、34年前からずっとホテルの一室に引きこもって暮らしていました。父親の死と婚約者との別れをきっかけに、気分転換のつもりで落ち着いたホテルにいるうちに、外界に対する恐怖から、出られなくなってしまったのです。
 ある日突如として、街に出てみたいという衝動にかられたハンナは、現実の街の変わりように驚き、当惑しますが、ふと入ったバーで出会った男デイヴィッドと友人になります。
 デイヴィッドは恐喝者でした。これから自宅で催すというパーティには、恐喝されている富裕な人々が集まるというのです。彼らに殺されるかもしれないと恐れるデイヴィッドですが、彼に奇妙な友情を覚えたハンナは、デイヴィッドを守るため、パーティに出かけることを決心します。
 しかし、飲みなれない酒に酔ったハンナが目を覚ますと、デイヴィッドは殺されていたのです。恐怖から逃げ出すハンナでしたが、犯人はハンナを狙いはじめます…。
 あらすじを聞くと、主人公の老嬢ハンナが探偵役だと思うでしょうが、実は探偵役は別にいて、それが警察官のコレリ警部です。
 殺人が起こってからは、コレリ警部が容疑者を、ひとりひとり地道に調査してゆく過程が描かれます。対して、ハンナは何をしているかというと、パーティ会場から逃げ出し、ホテルにこもってから、ずっと外に出ないのです。
 引きこもっていたハンナは、外界に対する興味はずっと持ち続けていて、本や雑誌などで、世間のことや世界情勢などを勉強していた、という描写もあります。その意味では、主人公の設定が、謎解きに関与してこないという点で、ひじょうにもったいない作品なのですが、主人公ハンナのキャラクターの魅力は、それを補って余りあります。
 ハンナという人物が非常に掘り下げて描かれており、彼女が一人ひきこもることになった理由や、デイヴィッドに共感を抱くようになった過程、また外界に対する恐怖感などが丁寧かつリアリティをもって描かれます。
 殺人事件自体の動機は普通であり、謎解きもことさら変わったものではありません。いわゆる「普通の殺人事件」にからむことになった主人公の設定のみが変わったものであるという、珍しい作品です。
 ミステリというよりは、異常心理を扱ったサスペンスとして読んだ方が魅力的な作品でしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

幻影の帝国  アヴラム・デイヴィッドスン『エステルハージ博士の事件簿』
4309630014エステルハージ博士の事件簿 (ストレンジフィクション)
アヴラム・デイヴィッドスン 池 央耿
河出書房新社 2010-11-16

by G-Tools

 アヴラム・デイヴィッドスン『エステルハージ博士の事件簿』(池央耿訳 河出書房新社)は、東欧を思わせる架空の国、スキタイ=パンノニア=トランスバルカニア三重帝国を舞台に、エステルハージ博士が様々な事件に遭遇するという、連作短編集です。
 「事件簿」というタイトルから、ミステリ的な趣向を期待する読者もいると思いますが、そこはあまり期待しない方がいいかもしれません。
 毎回、探偵役のエステルハージ博士が、怪事件に遭遇するのですが、その事件は超自然的なこともあれば、そうでないこともある、といった具合。W・H・ホジスンの『幽霊探偵カーナッキ』あたりと近い感触でしょうか。
 ただ『カーナッキ』と違うのは、主人公のエステルハージ博士は、事件に対してそれほど積極的に動くわけではないところです。事件が勝手に推移して解決してしまう、それを眺めているだけ…というパターンもあります。
 数十年間も年をとらずに眠り続ける少女をめぐる『眠れる童女、ポリー・チャームズ』、「人熊」と暮らす老女の生涯の謎を解く、不思議な人情物語『熊と暮らす老女』、天才とも山師ともつかぬイギリス人の魔術師を描いた『イギリス人魔術師 ジョージー・ペンバートン・スミス卿』などが面白いです。
 どの短編も、読み終わるまで、どういう方向に転ぶのか予想できない面白さがありますね。SF的、もしくはオカルト的な解釈、場合によっては、何も超自然的な事件はなかった、などという場合もあります。
 個人的にはお気に入りの作品となりましたが、万人にオススメできる作品とはいえません。単純に、ストーリーが面白い、または「謎解き」が面白い、といった作品ではないからです。ストーリーは面白いのですが、変な方向にねじれていたり、起承転結がはっきりしていない短編もあったりするのです。
 そういう意味で、作りこまれた世界観、バラエティ豊かな事件、風変わりな登場人物たちを愉しむ作品といった方がいいでしょうか。ミステリ好きよりは、幻想小説好きに親和性の高い作品だと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

死後さまざま   デイヴィッド・イーグルマン『脳神経学者の語る40の死後のものがたり』
4480878270脳神経学者の語る40の死後のものがたり
デイヴィッド・イーグルマン 竹内薫
筑摩書房 2010-10-09

by G-Tools

 死んだら、人間はどうなるのか? 昔から人間を悩ませてきた、永遠のテーマです。このテーマについて書かれたユニークな作品が、デイヴィッド・イーグルマン『脳神経学者の語る40の死後のものがたり』(竹内薫・竹内さなみ訳 筑摩書房)です。
 著者のイーグルマンは脳神経学者なので、死後の世界を科学的に探求したノンフィクションなのかと思いきや、案に相違して、これはフィクションなのです。
 著者が空想した死後の世界が、フィクションの形で書かれているのですが、どれも上質のショート・ショートになっていて飽きさせません。タイトル通り、40種類の物語が収録されていますが、それが全て死後の世界について書かれているというのがすごいですね。
 動物への生まれ変わりを望んだために訪れる皮肉な結末がおかしい『種はすべりおちる』、他人が覚えている限り人は存在できるという『死は鏡のなかの世界』
 コンピュータに遺された自動返答アルゴリズムが、本人が生きているフリをするという『死のスイッチ』、物質的なものだけでなく精神的なものまで持ち込めるため、人間が創造した神々までもが天国にいるという『神々の墓地』
 天国や地獄があったり、それが思いもかけない場所であったり、神様がいたり、それが意外な形で存在していたり、そもそも死後の世界はなかったり、と考えられるいろいろなシチュエーションの物語が展開されます。同一テーマにもかかわらず、バラエティに富んでいるのが実に見事。ちょっと皮肉が利いている作品が多いのも洒落ています。
 収録作品が同じシチュエーションといえば、例えば星新一『ノックの音が』(新潮文庫)なんて作品を思い浮かべますが、コンセプトといい、収録作品の肌触りといい、星新一を読むような楽しさがあります。アイディアに富んだショート・ショートを読みたい方はぜひ。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

待ち続ける女  クレイ・レイノルズ『消えた娘』
消えた娘
消えた娘 (新潮文庫)
クレイ レイノルズ 土屋 政雄
新潮社 1989-06

by G-Tools

 最愛の娘が消えたとき、母親のとった行動とは…。クレイ・レイノルズ『消えた娘』(土屋政雄訳 新潮文庫)は、読者の心を揺さぶってやまない、ふしぎな味わいのサスペンス小説です。
 資産家ながら、浮気性の夫に愛想をつかしたイモジンは、18歳の美しい娘コーラを連れて、家を出ます。車の故障のため、たまたま立ち寄った田舎町アガタイトで、二人は修理の間、役所前のベンチで待つことになります。アイスクリームを買うために、近くの店に入っていったコーラが、いつまで経っても出てこないのを不審に感じたイモジンは、店の主人にたずねますが、誰も店には入ってこなかったというのです。イモジンは、ベンチでひたすら娘を待ち続けますが、コーラは現れません。周りの人々や姉の説得にも耳を貸さず、やがて持ち出した財産も底をつきます。一週間、一ヶ月、一年、そして数十年の月日が流れますが、イモジンはベンチで娘を待ち続けるのです…。
 娘はいったいどこに消えたのか? という魅力的な謎が、冒頭で提出され、その謎でひっぱっていくのかと思いきや、この作品の主眼はそこにはありません。読み続けても、娘コーラの失踪に関する捜査の進展はほとんど無いに等しいのです。ただ、ひたすら娘を待ち続けるイモジンという女性が描かれていきます。
 ベンチで待っている女性をメインに据えた物語だけに、動きのある出来事はほとんど起こりません。動きらしい動きといえば、イモジンに思いを寄せるようになる、初老の保安官エズラとのやり取りぐらいでしょう。
 イモジンがなぜ、その場所で待ち続けることにこだわるのか、その理由について直接的に説明はされません。彼女にとって人生とは何なのか? 娘との再会を本当に信じているのか? それらについては、読者の想像力にまかされているのです。ひじょうに静謐な雰囲気の作品でありながら、不思議と飽きさせないのは、そのあたりに理由があるのでしょう。
 あらすじを書いてみても、この作品の良さは伝わりにくいかと思います。実際に読んでみないとその良さがわからないタイプの小説でしょう。人間のこころのふしぎさを描いた、味わい深い佳作です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

追いつめられて  パトリック・クェンティン『網にかかった男』
網にかかった
網にかかった男 (1966年) (創元推理文庫)
パトリック・クェンティン 井上 勇
東京創元新社 1966

by G-Tools

 パトリック・クェンティンは、アメリカのミステリ作家。コンビ作家のペンネームですが、時期によって、執筆している作家が違うため、作風にもかなりの幅広さがあります。本作『網にかかった男』(井上勇訳 創元推理文庫)は、サスペンス色の強い作品になっています。
 定職を捨てて画業に打ち込むため、都会を離れて製作にいそしむジョン・ハミルトン。しかし妻リンダは、不満を持っていました。富と名誉を求めてジョンと結婚したものの、なかなか芽が出ないジョンに対して、いらだちを募らせていたのです。
 リンダがアルコール中毒になりかかっている事実を、ジョンは必死で隠しますが、ある日とうとうリンダは周りの人間たちに醜態をさらしてしまいます。折しも、割の良い仕事の口をジョンが断ると決断したことから、夫婦の仲はこじれかかっていました。知り合いたちの面前で、リンダは、ジョンから虐待を受けていることを仄めかします。
 その直後、リンダは家から失踪します。もともと周りの人間たちから良く思われていなかったことに加え、不死然な状況証拠から、ジョンはリンダ殺害の容疑をかけられてしまいます。普段からかわいがっていた、5人の子供たちの助けを借り、姿を隠したジョンは、子供たちをうまく使って、殺人の容疑をはらそうとしますが…。
 クェンティン作品には、よく悪女が登場しますが、本作に登場するリンダは、その中でも群を抜いた悪女でしょう。利己心に満ち、良心の呵責もなく嘘をつきます。病的なまでの虚栄心から、周りの人間たちには、夫から虐げられる健気な妻を演じます。しかも富を持つ男たちへの流し目も忘れません。
 寡黙なジョンは、妻のアル中の事実や病的な虚言癖を、周りの人間たちから隠そうとしますが、それがあだになってしまうのです。不死然な状況証拠に加え、街の人間たちからも不信感を持たれ、追いつめられていきます。
 そんな中、頼れるのは、以前からかわいがっていた5人の子供たち。しかし子供たちも、無条件で信用するわけにはいきません。子供たちの中には、警察官の息子もいるのです。そして、姉とジョンの寵愛をめぐって、だだをこねる幼い女の子エンジェル。彼女が不機嫌になれば、すぐ大人に通報されてしまう恐れがあるのです。
 隠れ場所に潜むジョンは、自分で捜査をすることはできません。子供たちに指示を与えて徐々に犯罪の証拠を探していくわけですが、移り気な子供たちを上手く動かすことができるのか。このあたりのサスペンスは素晴らしいです。
 前半は悪妻とのやり取り、中盤は周りの人間たちとのやり取り、そして後半は子供たちとのやり取り、と常時主人公を追い詰める状況が設定され、サスペンスが途切れることがありません。サスペンス小説の佳作といえるかと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

野蛮なる世界  ジャック・ロンドン『赤死病』
4787586025赤死病
ジャック ロンドン Jack London
新樹社 2010-03

by G-Tools

 20世紀初頭に活躍したアメリカの作家、ジャック・ロンドンが、SFの先駆的な作品を多数書いたことはよく知られています。この『赤死病』(辻井栄滋訳 新樹社)もそんなSF的作品のひとつです。
 近未来、中世のペストすら上回る、恐るべき疫病「赤死病」が世界に蔓延し、人々は次々に死んでいきます。疫病に感染すると、治療するいとまも全くないのです。

 その最初の徴候が現れた瞬間から、一人一人が一時間で死んでしまうんだからな。中には数時間持つ者もおった。でも多くの者は、最初の徴候が現れて十分か十五分以内に死んだよ。

 感染のあまりの速さに、治療法を開発する間もありません。そしてとうとう、大学教授である語り手の前にもその病気は現れます。女生徒が手をほどこす間もなく死に、それをきっかけにして大学中の人間が逃げ出したのです。
 大学の同僚や家族とともに逃げ出した語り手たちは、行く先々でパニック状態に陥った社会を見て、ショックを受けます。病気で死んでいく人々、やけになり暴動を起こす人々、そして無差別殺人に走る人間たち。
 語り手の仲間たちも次々に病に倒れ、数を減らしていきます。やがて疫病が終息し、そこで語り手が見た世界は、以前とは全く異なる世界でした…。
 疫病のため崩壊する文明、恐慌をきたす人間たち。その様子を描くロンドンの筆は苛烈です。まるで現代のパニック小説そこのけの迫真の描写を読んでいると、これが100年前に書かれた作品とは思えません。
 物語の大枠は、疫病の終息後の、数十年未来の時点からの回想という形で語られます。そこではもう文明は完全に崩壊し、わずかに生き残った人々が、原始時代さながらの生活を送っているのです。
 文明の利器や技術はすっかり失われていますが、失われたのはそれだけではありません。老人となった語り手は、孫たちを相手に、かっての文明崩壊の一部始終を語るのですが、それを聞く孫たちには、老人に対する敬意や愛情など、ひとかけらもないのです。

 少年たちは、老いぼれた老人が期待を裏切られ、その両頬に涙がしたたり落ちるのを見て、どっと大喜びするのだった。

 かっての恐るべき疫病と世界の様子を聞いても、興味本位にしか聞かず、利己心をあらわにする孫たちを見て、語り手は絶望します。

 例のよくあることが、何度もくり返されるんだ。人間は数が増えると、戦うようになる。火薬によって何百万もの人間が殺せ、この方法によってのみ、つまり火と血によって、いつか遠い将来に、新しい文明ができてゆくんだ。それで、どんな得になるというのだろう?ちょうど古い文明が姿を消したように、新しい文明も姿を消すだろう。

 ほんとうに恐るべきは、文明の崩壊ではなく、人間性の崩壊なのだ、と。
 今読んでも、その迫力と面白さは全く衰えていません。


 

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

人狼と戦争  ガイ・エンドア『パリの狼男』
パリの狼男
パリの狼男 (Hayakawa pocket mystery books (912))
ガイ・エンドア 伊東 守男
早川書房 1965-11

by G-Tools

 面白い伝記もので定評のある、アメリカの作家ガイ・エンドア。『パリの狼男』(伊東守男訳 ハヤカワ・ミステリ)は、エンドアの書いた珍しい小説作品です。タイトル通り、「狼男」もしくは「吸血鬼」を扱った古典的な怪奇小説なのですが、ノンフィクションを得意とした作家らしく、物語の舞台となる、パリの時代背景や歴史が丹念に描きこまれているのが特徴といえるでしょう。
 文筆で一家を成したいと考えている青年エマール・ガリエは、伯母であるディディエ夫人と同居していました。ディディエ夫人のもとへ、田舎からお手伝いとしてやってきた若い娘ジョゼフィーヌは、ある日使いに出された教会で、神父に襲われてしまいます。
 妊娠の結果、生まれてきた子供は、どこか普通とは違った男の子でした。エマールは、子供を引き取って育てることにします。時折、獣じみた行動を見せる子供はベルトランと名付けられました。長ずるにしたがって、家畜を襲うなど、血への執着を見せるベルトラン。その性癖に気づいたエマールは、彼を部屋に監禁します。
 パリの学校に行かせてくれるという約束が保古になりそうだと気づいたベルトランは、彼を溺愛する母親を利用して、部屋を脱走しパリに向かいます。しかもその途上で、幼い頃からの親友を殺してしまうのです。
 ベルトランの脱走に気づいたエマールは、危険人物となった彼を殺すため、ベルトランの後を追ってパリに向かいます。エマールの恐れていた通り、パリでは猟奇的な殺人や死体盗掘事件が相次いでいました。エマールの捜索が続くなか、やがて戦争が始まり、パリ全体が混乱に巻き込まれつつありました…。
 狼男とはいいながら、ベルトランが超自然的な存在であるのかどうかは、最後まではっきりしません。むしろ遺伝的な病気なのではないかというニュアンスで話は進みます。実際、血への衝動はベルトラン本人の意思とは関わりなく起こってしまうのです。このあたり、ノンフィクションタッチで描かれる筆致は重厚で、読みごたえがあります。
 パリに上ってからのベルトランの行動で、無実の人間が自殺したり殺されたりと、災厄は広がっていきます。そんな中、激化した戦争や内戦で、多くの人間が殺されていきます。それを見たエマールは、ベルトランだけが怪物ではないのではないかという思いを抱きはじめるのです。
 衝動に操られるベルトラン。戦争の犠牲になる民衆たち。虐待される精神病患者たち。人間はしょせん運命に翻弄されるのだ…。単なる怪物退治の物語ではなく、社会的なテーマをも強く盛り込んだ意欲作。怪奇小説的な要素もさりながら、歴史小説としても素晴らしい作品です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

奪われた人生  ジョージ・R・R・マーティン『洋梨型の男』
4309622046洋梨形の男 (奇想コレクション)
中村 融
河出書房新社 2009-09-15

by G-Tools

 ジョージ・R・R・マーティンのノンシリーズの短編集としては、『サンドキングス』(ハヤカワ文庫SF)以来となる、『洋梨型の男』(河出書房新社)。今回は、ホラー寄りの作品が集められています。
 ダイエットしようとした男が「猿」にとりつかれる『モンキー療法』や、落ちぶれた友人にまつわるサイコ・スリラー『思い出のメロディー』あたりは、上手いながらもマーティンにしては水準作かな、と思わせます。
 諷刺に満ちたショート・ショート『終業時間』も楽しいのですが、残りの3編、『子供たちの肖像』『洋梨型の男』『成立しないバリエーション』は、どれも傑作といえる出来栄え。生理的な気色悪さを前面に出したシュールな奇譚『洋梨型の男』も捨てがたいのですが、『子供たちの肖像』『成立しないバリエーション』が、群を抜いて素晴らしいです。
 『子供たちの肖像』は、次のような物語。一人で暮らす初老の作家のもとに、ある日一枚の肖像画が送られてきます。それは彼の小説の主人公を描いた画でした。夜になると、その主人公が現実の姿をとって、作家の前に現れて…。
 前例のある「登場人物が現実に現われる」というアイディアを扱っていますが、その扱い方が、尋常ではないほどの上手さ。親子問題、ひいては「作家」という存在の本来的な「罪深さ」までもを描いた力作です。
 『成立しないバリエーション』は打って変わって、タイムトラベルを扱った、わりとSF寄りの作品となっています。かってチェス大会にともに出た仲間たちが、みな零落している中で、ただひとり富を成した男。彼の邸に呼ばれた友人たちは、とんでもない話を聞かされます。みなの人生を狂わせた、過去のチェス勝負に取り憑かれた男。彼の目的とはいったい何なのか…?
 失われた人生を取り戻す方法はあるのだろうか? 運命は変えられるのだろうか? 悔恨と希望、過去と現在が交錯します。そして最後に待ち受けるのは、ほろ苦い真実。SF小説であり、チェス小説であり、青春小説でもあるという逸品。圧倒的な筆力で読ませる傑作小説です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する