FC2ブログ
二つの過去  ユーディト・W・タシュラー『国語教師』

国語教師 単行本 – 2019/5/24


 オーストリアの作家ユーディト・W・タシュラーの長篇『国語教師』(浅井晶子訳 集英社)は、16年を共に過ごし別れた、作家の男と国語教師の女が16年ぶりに再会するものの、そこには大きな齟齬があった…という心理サスペンス作品です。

 作家のクサヴァー・ザントは、ティロル州の催す創作ワークショップの企画で、ある女子ギムナジウムを訪れることになります。その学校の担当である国語教師マティルダ・カミンスキは、クサヴァーがかって16年を夫婦同然に過ごした後に捨てた女性でした。
 16年前、クサヴァーは突然マティルダのもとを飛び出し、浮気をしていた資産家の娘デニーゼと結婚してしまっていたのです。しかもデニーゼには既に子供が出来ていたことも知り、マティルダはショックを受けます。
 マティルダと再会できることを喜ぶクサヴァーに対し、マティルダの態度は冷ややかでした。創作した物語を挟みながら、二人の会話はだんだんと不穏なものになっていきますが…。

 16年を共に過ごした内縁関係の二人の男女が、長い年月を経て再会し、互いの人生を語り合うことになる…という心理サスペンス作品です。
 偶然から再会した二人ですが、二人の間にはかなりの温度差があります。純粋に再会を喜んでいるらしいクサヴァーに対し、マティルダは一方的に裏切り、出て行ってしまったクサヴァーをなじることになります。
 しかしクサヴァーの人生も順調ではなかったようで、現在では離婚をして、作家業も上手くいっていないようなのです。

 物語の構成が独特な作品で、そのパートは大きく四つに分かれています。再会前のメールのやり取り、二人の過去、再会してからの二人の会話、二人が創作した物語、その4つのパートが、時系列もバラバラに散りばめられているというスタイルになっています。
 クサヴァーを愛し子供を望んだマティルダに対し、彼女に甘え責任を取ることを嫌がって逃げ出したクサヴァー。彼らの過去や生い立ちを交えて、二人の人生がなぜ今のような状況になってしまったのかが説得力豊かに描かれていきます。
 面白いのは二人が創作した物語のパートです。クサヴァーの方は、祖父リヒャルトを主人公にした物語。アメリカに渡ったリヒャルトには将来を約束した恋人ができますが、家族を助けるために帰国し、幼馴染みの女性と結婚することになります。しかしその選択を後々まで悔やむことになる…という物語です。
 マティルダの方の物語は、さらってきた子供を言葉を覚えさせないように扱いながら監禁を続ける、という不条理かつ不穏な雰囲気の物語になっています。
 二人の物語は、それぞれの人生を暗示しているようなのです。「選択」をモチーフにしたリヒャルトの物語は、クサヴァーの後悔を表しているのか?
 またマティルダの物語は、行方不明になったクサヴァーの息子ヤーコプのことを暗示しているのと同時に、実際には生まれなかった二人の間の想像上の子供を示しているようにも見えます。

 話が進むにつれて、二人の過去、生い立ち、そしてその思いが明らかになっていきます。過ぎてしまった過去を受け入れることができるのか? 二人は新たな関係を築いていくことができるのか? といったところが読みどころでしょうか。
 物語の大きな謎として、行方不明になってしまったクサヴァーの息子ヤーコプの事件が取り上げられており、この部分が本国でも「ミステリ」として評価された部分なのだと思いますが、正直、そこまでミステリ要素は強くありません。
 ただ、クサヴァーとマティルダの過去の関係、そしてこれからの関係がどうなっていくのか、といった部分はサスペンスたっぷりで飽きさせません。
 心理サスペンス味のある文芸作品として秀作といっていい作品ではないでしょうか。



テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

復讐の夢  レオ・ペルッツ『どこに転がっていくの、林檎ちゃん』
どこに転がっていくの、林檎ちゃん (ちくま文庫)
 レオ・ペルッツの長篇『どこに転がっていくの、林檎ちゃん』(垂野創一郎訳 ちくま文庫)は、復讐に燃える元捕虜が革命直後のロシアを駆け巡るという冒険小説です。
 他のペルッツ作品にあるような幻想性はないものの、違った意味で不思議な印象を受ける作品です。

 オーストリア陸軍少尉ゲオルク・ヴィトーリンは、ロシアの捕虜収容所から解放されウィーンに戻ってきます。かって収容所で司令官セリュコフから受けた屈辱を晴らすため、仲間とともにロシアに戻ることを誓ったヴィトーリンでしたが、仲間たちは帰還した途端に、一時の気の迷いとして計画から抜けていってしまいます。恋人や家族、有望な仕事を残してヴィトーリンはひとりロシアに向かいますが…。

 革命直後の内戦状態のロシアを舞台に、信念を持った男の復讐を描いた物語なのですが、主人公ヴィトーリンの執念は尋常ではありません。仇敵の行方がわからなくなっても諦めずにしつこく追っていくのはもちろん、そのために自分の命が危機にさらされようとお構いなしなのです。
 赤軍の兵士となって活動したり、日雇い労働者になったり、はたまたヒモになったり、捕虜にされることも度々。波瀾万丈な冒険が続くのですが、仇敵セリュコフの行方は杳として知れません。

 信念を持つ誇り高い男の物語というと聞こえはいいのですが、ヴィトーリンの行動はむしろ「狂気」に近いほどで、彼の無鉄砲な行動のせいで、周りの人間にもかなりの被害が及びます。捕らえられたり処刑されてしまう人間も出てくるのです。
 後半におけるヴィトーリンの行動は憑かれているといっていいほどで、その意味で非常に迫力に満ちています。彼の復讐は成就するのでしょうか?

 波乱万丈な冒険譚でありながら、実のところあまり爽快感はありません。主人公の行動原理が復讐のみに特化しており、それ以外のものを切り捨ててしまうからです。しかもその復讐がうまく運んでいくのかといえばそういうわけでもありません。
 後半、主人公は自身のそれまでの行動について振り返り自問することを余儀なくされます。そしてその結果は必ずしも良い結果ではないのです。しかしそれを否定せず受け入れる…という展開には、奇妙な明るさがあり余韻があります。

 全く違う内容の作品ではあるのですが、このペルッツ作品を読み終えて想起したのはホーソーンの短篇「デーヴィッド・スワン」でした。「デーヴィッド・スワン」は青年が眠っている間に、人生の幸福や不幸が通り過ぎていく…という物語です。
 ペルッツ作品では自身の通ってきた人生・体験が一時の夢であった…とでもいうような不思議な雰囲気があり、そのあたりがシニカルでありながらも、奇妙な明るさを感じるひとつの要因にもなっているように思います。
静謐なサバイバル  マルレーン・ハウスホーファー『壁』
4810201163
マルレーン ハウスホーファー Marlen Haushofer
同学社 1997-11

by G-Tools

 マルレーン・ハウスホーファー(1920-1970)は、オーストリアの作家。主に児童文学で知られた人のようですが、『壁』(諏訪功/森正史訳 同学社)は、大人向けに書かれた作品です。

 夫をなくした中年女性の「わたし」は、従姉夫妻に招かれて山荘を訪れます。ある夜、村の酒場に出かけた従姉夫妻を見送り、「わたし」は先に寝入ってしまいますが、翌朝目を覚ますと、二人の姿が見当たりません。
 猟犬と一緒に峡谷の出口まで出かけた「わたし」は、そこに透明な壁があることに気がつきます。この透明な壁は、山荘を含む山岳地帯を取り巻いており、外に出ることはできません。しかも、壁を通して見える人間や動物は全て死んでいたのです…。

 謎の壁に閉じ込められた女性を描く作品ということで、「破滅SF」的な内容を想像すると思うのですが、この作品、ちょっと毛色が違います。
 壁についての科学的な説明は全くされず、周りの生物がなぜ死んでしまったのかということについてもほとんど触れられません。主人公の女性は、すぐに壁をどうしようもないものとして受け入れてしまうので、壁に対する調査や探索といったものは一切描かれないのです。
 また、基本的に人間はたった一人、主人公のみしか生存していないので、他の人間との葛藤やドラマが描かれることもありません。

 では何が描かれるかというと、山の中に閉じ込められた女性の、山中での生活が事細かに、リアリスティックに描かれるのです。山荘や近くの牧場に残された道具や食物、薪などを使って、いかに自分が生き延びていくかが描かれます。
 ただ、主人公は銃を使うことができ、ある程度の動物や植物に関する知識もあったりと、生活能力は旺盛なので、それほどの危険な目には会いません。

 主人公は、壁に閉じ込められた際、たまたま側にいた犬、猫、牛と一緒に暮らすことになるのですが、もともと生への執着が薄かった主人公は、彼らとの生活に生き甲斐を見いだすことになります。おそらく外界で死んでしまったであろう自分の娘のことよりも、むしろ動物たちのことを心配するようになるのです。
 犬は忠実な友人として、猫にはその気まぐれさで振り回され、牛は保護すべき対象として、それぞれ世話をすることになります。全体に劇的な事件の少ない展開の中にあって、子牛が生まれたり、猫が行方不明になったりすることが、作品の山場のようなものになっています。

 主人公の、自分が生きるためのサバイバルに関しても描かれてはいますが、メインに描かれるのは動物たちとの暮らしや、彼らに向ける主人公の心理です。
 「壁」に関しては、閉塞的な環境を作り出すための設定に過ぎないという感もあり、あまり前面に出てはきません。ただ、主人公の生活や動物たちとの暮らしが本当にリアルで、そこだけでも十分面白く読むことができます。

 あまり似たタイプの作品が思い当たらない、異色のサバイバル小説です。本国で映画化もされているらしく、こちらも見てみたいですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する