星月夜の物語  まりの・るうにいのパステル宇宙
marino11.jpg marino07.jpg marino10.jpg marino09.jpg
 僕が「まりの・るうにい」という、不思議な名前の画家を知ったのは、前回の記事でも紹介した、ファンタジーの叢書《妖精文庫》のカバー・アートでした。パステルで描かれた、ファンタスティックで、やさしい雰囲気のカバー絵は、中身の物語を読みたい!と思わせる魅力を持っていました。それだけに、《妖精文庫》の第3期になり、カバー・アート担当の画家が変わってしまったのには、ちょっとがっかりしたものです。


marino05.jpg marino03.jpg  marino04.jpg  152612.jpg
 次に「まりの・るうにい」に出会ったのは、稲垣足穂の本でした。足穂の『一千一秒物語』を絵にしたかのような、星や月をテーマにした作品は、まさに足穂の本にぴったりの装丁でした。《妖精文庫》のカバーと同じくファンタスティックな作風ですが、こちらの方はどこかとぼけたユーモアも感じさせるところが好ましいですね。
 稲垣足穂の著作の造本やブックデザインは、非常に洒落たものが多いのですが、「まりの・るうにい」が関わった足穂本はとりわけ魅力的に感じました。トランプをモチーフにした『多留保集』(潮出版社)であるとか、オブジェを散らしたようなデザインの『タルホ・クラシックス』(全3巻 読売新聞社)などは、今見ても魅力的なブックデザインです。
 独立した単行本のカバーとしては、荒俣宏編『魔法のお店』(奇想天外社)が、何といっても魅力的ですね。


marino14.jpg marino15.jpg
 この画家の画集が欲しいなあ、と思ったのですが、当時はインターネットもなく調べることもできません。やがて『月街星物園』(北宋社)という画文集が存在することを知り、探し始めたのですが、なかなか出会えません。新刊では既に絶版で、古書で探し出し手に入れるまでに何年もかかりました。
 この『月街星物園』、画集ではあるのですが、全ての作品がカラーページで載っているわけではなく、モノクロページが多いのですよね。
 もっと「まりの・るうにい」のカラー作品が見たいと思っていたら、古本屋で『パステル飾画―わたしのファンタジー画帖より』(美術出版社)を見つけました。こちらは、パステル画の入門書という体裁の本なので、厳密には画集とは言えないのですが、カラーページに作品が多く収録されており、画集としても楽しむことができます。技法書だけに、作品の創作過程なども載っており、そちらも興味深く読みました。

 昨年(2014年)の秋に「まりの・るうにい 「月街星物園」展」が東京の画廊で開催されたそうなのですが、知ったのが会期が終わった後で、残念ながら行くことができませんでした。
 記念として復刻版の『月街星物園』が刊行されたのですが、これが限定300部。もう入手は無理かとあきらめていましたが、念のため画廊のページで調べてみました。幸いにも、まだ在庫があり、喜んで注文したところ、著者サイン入りの画集が送られてきたのは、嬉しい驚きでした。
 復刻版の方はオールカラーで、オリジナルとは収録作品の異同もあります。ファンとしては両方所蔵しておきたいところですね。


marino06.jpg

復刻版『月街星物園』は、まだ在庫があるようですので、入手希望の方は急いだ方がいいかと思います。
注文は以下のページで。
LIBRAIRIE6 / シス書店
http://librairie6.shop-pro.jp/?pid=85818288
ラボチェッタの密かな愉しみ
二十世紀イリュストレ大全〈1〉ロマンティックドリーム―少女まんがのルーツをもとめて ブックス・ビューティフル〈1〉―絵のある本の歴史 (ちくま文庫) 図像探偵―眼で解く推理博覧会 (光文社文庫)
 翻訳家の中村融さんのブログ≪SFスキャナー・ダークリー≫を見ていたら、雑誌『銀河』の1975年11月増大号のことが紹介されていました。
 30年近く探していた、との言葉が見えますが、確かにこの雑誌、古書店でもめったに見かけません。僕も30年とまではいきませんが、20年ぐらいは探していた末に入手しました。
 『銀河』のこの号は、ファンタジーの小説作品とイラストレーションの特集号でした。ブラッドベリ、デイヴィス・グラッブ、ヴォネガット・ジュニアをはじめとして、海外と日本の小説作品が多く載っています。ただ、それよりも特筆したいのは「マリオ・ラボチェッタの世界」として、異色のイラストレーター、マリオ・ラボチェッタのイラスト作品が紹介されている点です。
 マリオ・ラボチェッタは、20世紀はじめに活躍したイタリア生まれの挿絵画家です。荒俣宏さんのお気に入り画家で、1970年代から、いろんな媒体でラボチェッタの魅力を語っておられましたが、当時としては、まとまって彼の作品を見ることができる本はほとんどありませんでした。僕は、ハヤカワFT文庫から出た『五つの壷』の挿画、月刊ペン社刊の≪妖精文庫≫の月報などで、ラボチェッタの作品に触れ、その魅力に囚われました。
 ラボチェッタの魅力は、まず、全体にみなぎる官能性でしょうか。人物はもちろん、画面内に登場する建物までもが、妙に艶かしいのです。そして色彩豊かなカラーリング。ぜひ、まとまった数の作品を見てみたいものだと考えていました。
 『銀河』にラボチェッタ作品の特集があると知り、古書店で探しましたが、全く見つかりません。年が経つうちに、ラボチェッタ作品を紹介した本もちらほら出てきました。荒俣宏『絵のある本の歴史』(平凡社→ちくま文庫)、同じく荒俣宏『図像探偵』(光文社文庫)、ラボチェッタの挿絵入り『ホフマン物語』(松居友訳 立風書房)など。
 結局『銀河』を入手したのは、探し始めて20年後ぐらいでした。現在でも、ラボチェッタ作品に触れられる本は多くはありませんが、入手がいちばん容易なのは、荒俣宏『二十世紀イリュストレ大全』(長崎出版)でしょう。
 今ではインターネットで容易に画像を見られますし、原書の入手自体も価格の面はさておき、随分手軽になりました。ただ、インターネットもなく、アクセスできる資料も少なかった当時、マリオ・ラボチェッタは、間違いなく僕にとって「幻の画家」だったのです。
09.jpg HISM184_VV128.jpg IMG_7447-1.jpg
laboccetta01_large.jpg tumblr_lopq424G5F1qcwhbgo1_1280.jpg yama2458-img450x600-1329359993nfcwqk77942.jpg o0400056612046386565.jpg

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

機械のための機械  ヒース・ロビンソン
4480877126わが庭に幸いあれ―紳士の国の園芸術
K.R.G. Browne W.Heath Robinson 中尾 真理
筑摩書房 1998-03

by G-Tools
1585679801Heath Robinson Contraptions
Geoffrey Beare
Overlook Pr 2007-11

by G-Tools

 SF作家の星新一は、欧米の一コマ漫画に興味を持っていて、その探求成果を『進化した猿たち』(新潮文庫)という楽しい本にまとめています。これはテーマ別にスクラップした一コマ漫画を、文章とともに紹介するというものでした。僕がこの手のジャンルの漫画に興味を持ったのも、おそらく、この本がきっかけだったと思います。
 その後、一コマ漫画を扱った本をいくつか読む機会がありましたが、とりわけ印象に残ったのが、やたらと機械が出てくる漫画でした。本来、機械というものは実用に役立てる便利なもののはずですが、その漫画では、やたらと複雑化して、どう考えても役に立つとは思えない機械がところ狭しと描かれていました。
 気になったものの、その機械の漫画の作者名はわかりませんでした。こうした一コマ漫画を扱った本は、以前は作者名を記していないものが多かったのです。そんな折り、古本屋で手に入れた『文藝春秋デラックス 世界のマンガ』(文藝春秋)という本で、ようやく機械の漫画の作者名を知ることができました。
 その名は、ウィリアム・ヒース・ロビンソン。イギリスで19世紀末から20世紀前半に活躍した有名な画家兼漫画家でした。家族がみな画家の一家で、兄のチャールズ・ロビンソンなどは、非常に美しい絵を描いています。
 ヒース・ロビンソンにも正統的な挿絵の仕事がありますが、彼を有名にしたのは、やはりナンセンスな機械を描いた一連の漫画です。単なる日常的な作業をするための巨大で複雑な機械、生活を便利(不便)にするための奇想天外なアイディア。今見てもユーモアにあふれた、楽しい絵なのです。
 彼の絵の魅力は、その機械のナンセンスさはもちろん、込み入った機械のディテールまで丁寧に細かく描かれているところでしょう。実際に3次元で作ろうと思えば作れるほど細かく描かれていて、実際に作ってみた例もあるようです。
 日本語で読める本は少ないのですが、筑摩書房から出た『わが庭に幸いあれ 紳士の国の園芸術』(K.R.G.ブラウン文・ヒース・ロビンソン絵 中尾真理訳)はお勧めの本ですね。一見、園芸に関する蘊蓄をユーモアを交えて語ったエッセイ集みたいに見えるのですが、その実、完全なおふざけで書かれた冗談みたいな本です。コーリイ・フォードの『わたしを見かけませんでしたか』(ハヤカワepi文庫)と似たタッチの本と言えば、分かる人もいるかもしれません。
 そして注目すべきは、ヒース・ロビンソンの挿絵です。ここでも彼は園芸をテーマに、奇想天外な機械を描いています。「屈まなくてもすむ方法」「拡声器つき鳥脅し装置」「猫用水かけ装置」「花粉飛ばし器」「鳥が動かすカラスの行水式バード・バス」など、ユーモアにあふれた機械の数々が紹介されます。ブラウンの文、ヒースの絵、ともに楽しめる第一級の「ユーモア・スケッチ」作品です。
 ヒース・ロビンソンの漫画をまとめて見たいという方には、洋書ですが近年出た『Heath Robinson Contraptions』(Overlook Pr)がお勧め。ヒース・ロビンソンの漫画の傑作集で、カラー図版も収録されています。
ヒース1 ヒース2 ヒース3 ヒース4 ヒース5 ヒース6 ヒース7 ヒース8

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

浮遊と幻想  マイケル・パークス
4594058019エンジン・サマー (扶桑社ミステリー)
John Crowley 大森 望
扶桑社 2008-11

by G-Tools
9071867137The World of Michael Parkes
John Russell Taylor
Steltman Editions 1998-10-01

by G-Tools

 先日再刊された、ジョン・クロウリー『エンジン・サマー』(大森望訳 扶桑社ミステリー)を入手しました。カバー画に何か見覚えがあるなあと思って、見返しに書かれた名前を見てみると、絵の作者はマイケル・パークス(Michael Parkes)でした。
 じつは、このマイケル・パークスという画家、最近個人的に興味を持っている人です。
 もとはといえば、かって福武書店から出ていたウィリアム・コツウィンクル『ファタ・モルガーナ』という本。この本のカバー画に、このパークスの絵が使われていたのです。リアルなタッチで描かれた、謎めいた道化の絵。この幻想的な絵が、また作品の内容ととてもマッチしていたこともあって、強いインパクトを残しました。
 このパークスの画集が出ていないものかと思って、調べてみたのですが、どうやら日本語では出ていないようです。それではと、洋書で調べて購入したのが『The World of Michael Parkes』という画集です。
 パラパラとめくると、ありました。『ファタ・モルガーナ』で使われていた絵が。そして、『エンジン・サマー』のカバー画に使われた『Magician's Daughter』も載っています。道理で見覚えがあったわけです。
 まだ現役の画家らしく、画像を直接載せるのは問題がありそうなので、とりあえず彼の作品が載せられているページをリンクしておきます。
http://www.theworldofmichaelparkes.com/html/artists.asp) 
 さて、彼の絵の魅力はいくつかありますが、一番にあげられるのは、たおやかな女性像でしょう。神話的なイメージを帯びた女性像にはとても魅力があります。そしてもうひとつの特徴としては、絵の背景。たいていが澄んだ空、高いところにある建物が舞台になっています。
 登場人物は、翼を持っていたり、空に浮かんでいたりします。また鳥や動物などが飛翔していることもあります。背景となる美しい空とあいまって、ふしぎな浮遊感を感じさせてくれるのです。例えば、この『Juggler』という作品や『Falcon Games』などを見てもらえば、その感じがわかっていただけるかと思います。
 そして女性の他に、パークスの絵に頻出するモチーフとして、白鳥、豹といった動物、道化師などが挙げられます。非日常的な背景を舞台に、非日常的な人物やモチーフがあらわれる、という意味では、徹頭徹尾、幻想的なファンタジーなのですが、そこに充分なリアリティを感じさせるのは、画家の非凡な画力のゆえでしょう。
 わが国での知名度はあまりないようなのが残念ですが、ファンタジー好き、幻想小説好きの方の琴線にふれる画家だと思うので、日本でももっと紹介してもらいたいものです。
おとぎの国の狂紳士  リチャード・ダッド
20070215221538.jpg  20070215221151.jpg  20070215221552.jpg  20070215221246.jpg

 比喩的に「狂気の画家」などという表現が、使われることがあります。「天才と狂人は紙一重」などという言葉もあるように、狂気には、どこか恐れと同時に、憧れの感情が混ざることも、ままあるようです。ですが、実際に「狂った」画家というのは、あまり褒められたものではありません。
20070215221223.jpg そもそも精神の荒廃した人間に、魅力的な絵が描けるのか?という点では、大いに疑問を抱かざるをえないのです。ですが、その疑問を打ち破るような人物が存在します。イギリスの画家リチャード・ダッド、彼こそは文字どおり「狂気の画家」なのです。
 19世紀前半、イギリスに生まれたリチャード・ダッドは、早くから絵の才能を表し、将来を嘱望されていました。しかし中東旅行を期に、精神病を発病してしまいます。帰国した後も病状は悪化し、ついには父親を悪魔だと思い込み、刺殺してしまうのです。
 精神病院に収容されたダッドは、その後も絵を描き続けます。発病後も、絵の才能が衰えることはありませんでした。死去するまでの40数年間、ダッドは精神病院内で絵を描きつづけたのです。
20070215221204.jpg さて「狂気の画家」の作品は、どんなものなのかと思いきや、想像するほどには非常識なものはありません。ダッドの場合、狂気によって創造力が活性化された、というよりは、絵の才能と意欲が狂気を押さえつけた…という面が強いのかもしれません。
 彼の作品の大部分は水彩画なのですが、全体的に色彩が薄い傾向があります。ありあまる技量は感じ取れるものの、深い印象を与えるものは多くはありません。その中で印象に残るのは、バラードの物語に想を得たという『狂えるジェーン』でしょうか。他の作品にも共通するのですが、人物の表情に、ある種、鬼気迫るものが感じられます。
 やはり彼の本領が発揮されているのは、油彩画でしょう。とくに「妖精」を扱った、いくつかの作品は、迫力に満ちています。全作品に占める割合は少ないのですが、ダッドが「妖精画家」と呼ばれるのも、ゆえなしとしません。
 叙情的な『夕辺』、愛らしい『パック』、妖気ただよう『バッカス祭の情景』もそれぞれ素晴らしい作品ですが、代表作としては、やはりこの2点があげられます。『お伽の樵の入神の一撃』『対立・オベロンとティターニア』です。
 どちらの作品も、すさまじい細密描写が特徴です。偏執的なまでの描き込みが、リアリズムの方向ではなく、逆にファンタジーの方向へと、作品を押しやっているようです。ことに『お伽の樵の入神の一撃』に至っては、画面上のすべての要素が等しく描き込まれており、一度見ただけでは焦点がつかみにくいほどです。9年近い歳月を費やして、まだ未完成というから、まったく空恐ろしい作品です。 
 センセーショナルな話題が先行してしまう感のあるリチャード・ダッドですが、その作品にはやはり、再評価に値する魅力が充分にあります。
 本邦では、唯一の画集『夢人館8 リチャード・ダッド』(小柳玲子編 岩崎美術社)が刊行されていますが、内容・解説ともに充実の一冊になっていますので、興味を持たれた方は、御覧になってはいかかでしょうか。



錬金術的ファンタジー  レメディオス・バロ
20070208204742.jpg 20070208203939.jpg 20070208203925.jpg 20070208203915.jpg

 今回から〈ファンタスティック・ギャラリー〉と題して、不定期に、お気に入りの美術や画家を取り上げていきます。まず最初は、スペインで生まれ、後にメキシコで活躍した女流画家、レメディオス・バロを紹介したいと思います。
20070208204727.jpg アカデミックな芸術教育を受けたバロは、若くして芸術活動を始めます。アンドレ・ブルトンを代表とする、いわゆる「シュルレアリスム」運動に参加するものの、この時点ではまだ、見るべき作品はないようです。彼女が本領を発揮するのは、メキシコに渡ってからです。
 「魔術」や「錬金術」が、モチーフに現れるようになり、徐々に神秘的な傾向が強くなってくるのです。具体的には、星や月、鳥といった錬金術的アイテムが多くとりあげられています。例えば、代表作とも言うべき『星粥』を見てみましょう。かごの中の月の赤ちゃんに、星を砕いて作ったお粥を与える情景を描いた、何ともファンタスティックな作品です。また『星の狩人』では、虫取り網(星取り網?)で星を捕まえる女性が描かれています。
20070208204823.jpg そしてバロの作品の最大の特徴として、よく登場するのが「機械」。それもありきたりの既製品ではなく、バロのオリジナルかつファンタスティックな「機械」なのです。『星粥』でも、星を砕いて粥にする「機械」が登場していましたが、多くの作品で、それぞれ独自の、奇妙ながらも空想的な「機械」が現れます。
 『鳥の創造』では、星の光を調合して、絵の具を作り出す「機械」が登場しています。その絵の具から飛び出すのは本物の鳥! 逃亡する男女を描いた『逃亡』では、二人が乗る乗り物が描かれています。また、螺旋形の城塞を描いた『螺旋の運航』や、どことも知れぬ峡谷を行く船を描いた『彼岸の世界』でもオリジナルの船が登場しています。バロは、技師だった父親に製図の訓練を受けたということですが、その影響もあるのでしょう。デザイン的にも独創的で、見ていて飽きさせません。
20070208204814.jpg20070208204756.jpg 基本的に、バロの作品では、現実が舞台になることはなく、どことも知れぬ幻想的な空間が舞台になっています。森の奥深くであったり、湖であったり、塔の上だったりと、そこに共通するのは童話的な世界。しかも、その世界に違和感を抱かせることなく存在するファンタスティックな「機械」。何とも魅力的な世界を作り出しているのです。
 絵画とはいいながら、「機械」をはじめとする細部をじっくり眺めることによって、そこに物語が浮かび上がってきます。その意味で、まさに「見る物語」といっていいのかもしれません。
 ちなみに日本では、1999年に一度だけバロの展覧会が開かれており、その際に作られた図録は非常にすばらしい出来なので、機会があったら御覧になることをオススメします。

テーマ:イラスト - ジャンル:その他



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する