運命と人間  アドルフォ・ビオイ=カサーレス『パウリーナの思い出に』
433604841Xパウリーナの思い出に (短篇小説の快楽)
アドルフォ・ビオイ=カサーレス 野村竜仁
国書刊行会 2013-05-30

by G-Tools

 ボルヘスと並び称され、短編の名手との評も聞かれる、アルゼンチンの幻想作家アドルフォ・ビオイ=カサーレス。日本でも数編の短編が訳されていましたが、ようやく本邦初の短編集『パウリーナの思い出に』(野村竜仁、高岡麻衣訳 国書刊行会)が刊行されました。
 バッカス神に翻弄される人間たちの物語『愛のからくり』、動物に生まれ変わった人間たちの顔が見えるようになった男を描く風刺的な『真実の顔』、時間の止まった屋敷に暮らす父娘とそれをめぐる詩人たちの物語『雪の偽証』など、力作が目白押しですが、集中でも飛びぬけた傑作として、表題作『パウリーナの思い出に』『大空の陰謀』が挙げられます。
 『大空の陰謀』は、テストパイロットの男が事故を起こして墜落し、自分の世界とは微妙に異なる世界に迷い込むという物語です。いわゆる「平行世界」を扱っているのですが、著者の筆致が非常に不気味な雰囲気をかもし出しており、悪夢のような幻想小説になっています。
 表題作『パウリーナの思い出に』では、幼い頃から自他ともに認める恋人として過ごしてきた女性が、結婚を目前にして、別の男のもとに走っていってしまいます。傷心の主人公は海外に旅立ちます。
 帰国した主人公のもとに、その女性パウリーナが現れ、かっての愛を取り戻したかに見えますが、やがてパウリーナは、恋敵の男の手で数年前に殺されていたことを知ります。あのパウリーナは亡霊なのか…?
 愛、幻影、分身…。長編『モレルの発明』の変奏曲ともいうべきテーマを持つ傑作小説です。
 収録作品のほとんどに、幻想的もしくはSF的な要素が認められ、広義の「幻想小説」といっていい作品になっています。文学性と物語性が高いレベルで結実した作品集となっており、幻想文学好きにはたまらない短編集でしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

幻影の恋  アドルフォ・ビオイ=カサレス『モレルの発明』
4891766964モレルの発明 (フィクションの楽しみ)
アドルフォ ビオイ=カサーレス Adolfo Bioy Casares
水声社 2008-10

by G-Tools

4796871322闇の国々II (ShoPro Books)
ブノワ・ペータース フランソワ・スクイテン
小学館集英社プロダクション 2012-10-31

by G-Tools

 先日、ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテンによる、バンドデシネ作品『闇の国々2』が発売され、早速眼を通しました。1巻に劣らず、素晴らしい画力です。
 なかでも気に入ったのが、シリーズの第1作である、『サマリスの壁』です。
 足を踏みいれた者が戻ってこないという噂の立つ、謎の都市サマリス。議会から調査を命じられた主人公フランツは、はるか彼方のサマリスへ旅立ちます。ようやく到着したサマリスは、まるで迷宮のような都市でした。都市に対する不審の念を拭えないフランツでしたが…。
 都市の幻影に踊らされる主人公を描く幻想的な作品なのですが、訳者の解説を読むと、アドルフォ・ビオイ=カサレスの『モレルの発明』の影響が見られる、とのこと。
 それならば、と積読していた『モレルの発明』を引っ張り出してきて、読んでみました。確かに通低するものがあります。
 『モレルの発明』は、こんな話です。
 罪を犯し、警察に追われる語り手の≪私≫は、放置された建築物があるという無人島の話を聞きます。その島では、奇妙な病が流行っているといいます。隠れ場所を求める語り手は、あえてその島に上陸し、ひっそりと生活を始めます。
 ある日、無人島であるはずの島で、複数の男女に出会った≪私≫は驚きます。中でもフォスティーヌという名前であるらしい、美しい女性に≪私≫は惹かれます。見つかる危険を顧みず、フォスティーヌの前に姿を現す≪私≫でしたが、彼女は≪私≫がまるでいないかのように振舞うのです…。
 なんとも魅力的な作品です。中心となる謎はSF的なものなのですが、全体にミステリのかたちで話は進みます。かなり早い時点で、謎の正体はわかってしまうのですが、そこからの主人公の行動がまた興味深い。
 恋とは何なのか? 他者とは何なのか? ≪私≫のとった行動の意味とは? 再読、三読に耐える、哲学的な深みを持った作品です。 

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

ドラマの天才  マリオ・バルガス=リョサ『フリアとシナリオライター』
4336035989フリアとシナリオライター
マリオ バルガス=リョサ Mario Vargas Llosa 野谷 文昭
国書刊行会 2004-05

by G-Tools

 ペルーの作家、マリオ・バルガス=リョサの『フリアとシナリオライター』(野谷文昭訳 国書刊行会)は、作者の生涯をもとにしたという半自伝的小説。とはいえ、その内容はシリアスなものではなく、スラップスティック風のコメディに仕上がっています。
 作家に憧れる18歳のマリオは、大学に通いつつ、ラジオ局でニュース担当として働いていました。そんなおり、局は、天才と言われるシナリオライター、ペドロ・カマーチョを招聘します。彼の書くシナリオは、あっという間にペルー中の話題をさらい、人気を博するようになります。
 一方、血のつながらない義理の叔母フリアが、マリオの叔父のもとに滞在することになります。離婚したばかりの、まだ若く魅力的なフリアに惹かれたマリオは、彼女と恋に落ちます。ところが親戚中の猛反対に会ってしまいます。
 時を同じくして、カマーチョの書くシナリオがおかしくなりはじめます。登場人物も筋も、常軌を逸したものになりつつあったのです。
 マリオとフリアの恋の行方は? そしてカマーチョのドラマの行方はいったい?
 主人公マリオとフリアのラブストーリーをメインとして、ラジオ作家ペドロ・カマーチョのドラマが、間にはさまれる体裁の作品です。中心となるラブストーリーもなかなか面白いのですが、作中作となるカマーチョのドラマが、これまた面白いのです。
 結婚式当日に突然倒れる花嫁と、花婿を殺そうとする花嫁の兄をめぐる物語、とか、巡回中に見つけた謎の黒人殺害を命じられた軍曹の物語、とか、愛する家族に襲撃されるネズミ駆除に執念を持つ男の物語、など、そのどれもが奇想天外なものばかり。主人公はきまって、鷲鼻で額の広い50男なのがおかしさを誘います。しかも、ストーリーは、がぜん面白くなるところで打ち切られます。「~はどうなってしまうのか」と、つづきもののナレーションのような文で終わってしまうのです。
 時を経るにしたがって、カマーチョの精神状態は不安定になり、ドラマも次第に変調をきたしてきます。他のドラマの登場人物が、違う役割で登場したり、死んだはずの人物がまた死んだり、挙げ句の果ては大地震で登場人物が全員死んでしまったりするのです。
 さて、このカマーチョのパートが、メインのラブストーリーにからんでくると思いきや、全くからんできません。2つのストーリーは平行線をたどるだけなのです。これが、もしSFやファンタジーだったなら、変調をきたしたカマーチョのフィクションが、現実を侵食する、といった形になるのでしょうが、この作品の場合、そういうことはありません。
 主人公マリオとフリアのラブストーリー自体は、それなりに面白いものの、とりたてて書き立てるほどのこともありません。それだけに、カマーチョのパートと上手く絡ませてくれたら、もっと面白くなったのではないか、と思わせるところもあります。
 作中では、マリオはカマーチョに憧れを抱いている、という設定になっているのですが、それもカマーチョの文学的な業績に対して、というわけでもありません。そもそもマリオはカマーチョの作品自体を評価しているわけではないのです。何しろドラマを実際に聞いてさえいません。ただ、周りの人たちからの絶賛や、カマーチョ自身のキャラクターに対して、表面上の憧れを抱いているにすぎません。結局のところ、主人公にとってカマーチョの作品は「文学」ではないのです。
 それが端的にあらわれているのが、結末の対比でしょう。文学に打ち込んだ主人公は認められ、メロドラマに精神をすり減らしたカマーチョは落ちぶれてしまうのです。主人公が、小説の習作として考えている短篇の筋が、いくつか作中であらわれるのですが、それらもわりと幻想的だったり、奇想天外だったりします。それらは文学というより、実際はカマーチョのドラマに近いものだったりするのです。そのあたりの皮肉が、作者の狙ったところだとすると、なかなか一筋縄ではいかない作品、といえるかもしれません。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

ロマンティックな妄想  イサベル・アジェンデ『エバ・ルーナのお話』
4336035962エバ・ルーナのお話 (文学の冒険シリーズ)
イサベル アジェンデ Isabel Allende
国書刊行会 1995-07

by G-Tools


 チリの作家、イサベル・アジェンデの長編『エバ・ルーナ』(木村栄一、新谷美紀子訳 国書刊行会)は、数奇な運命のもとに生まれた少女エバの生涯を描いた、大河小説でした。
 その主人公、エバが語ったという設定の短編を集めたのがこれ、『エバ・ルーナのお話』(木村栄一、 窪田典子訳 国書刊行会)です。最初と最後に、枠となる物語として、エバと恋人ロルフの物語が置かれていますが、基本的には、短編それぞれが完結したお話なので、『エバ・ルーナ』を読んでいなくても楽しめます。
 中には、結末が尻切れトンボというか、はっきり完結していないものも多いのですが、共通するのは、どの短編もその密度が尋常ではないということ。しかも濃厚な油絵のような筆致ながら、ロマンティックな甘さがあります。それも、トレンディドラマのような甘さではなく、現実の厳しさ、容赦なさを描きながらも、人間の愛がかいま見えるような甘さ、とでもいえばいいのでしょうか。
 そして舞台となる現実もまた、単なるリアリズムの現実ではありません。超自然的な現象こそ起こらないにせよ、あまりに現実離れした苦難が登場人物を襲います。見方によっては荒唐無稽としか見えない世界なのですが、アジェンデにかかると、そこに濃密なリアリティが生まれるのです。
 アジェンデの作品のパターンの一つとして、権力や富を持ちながらも人間不信に陥っている男の心を、愛をもって開かせる女、という少女小説的なものがあります。このパターンが露骨に出ている作品は、わりと陳腐なのですが、その場合でさえ十分に読ませられてしまうのは、アジェンデの恐るべき筆力のためでしょうか。
 この短編集の中で言うと『二つの言葉』『クラリーサ』『ヒキガエルの口』『判事の妻』『ある復讐』などがそのパターンにあてはまります。知恵遅れの娘が弾く音楽に惹かれ、娘を47年間も監禁する『心に触れる音楽』、老いた独裁者に同情した美しい大使夫人が、独裁者の心を開かせようとするが、すぐに飽きてしまうという『幻の宮殿』などは、そのパターンをひねったものでしょうか。
 どの作品も文句なく面白いのですが、特によかったのは『トスカ』『小さなハイデルベルク』です。

 『トスカ』 オペラの「トスカ」のようにロマンティックな妄想に駆られた人妻が、夫と息子を捨てて愛人と出奔します。しかし愛人は、女の夢についていくことができずに、現実の前で疲弊し、死んでしまいます。女は数十年後、元夫と息子を見かけます。二人の前に現れて、感動の再会をするという、またもやロマンティックな妄想が女の頭の中に浮かびます。しかし、二人の絆の深さを目の前に見た女は、現実と夢のはざまで揺れ動き、結局すごすごと引き下がります…。
 夢と現実、というアジェンデの最大のテーマが、上手く凝縮された一編です。

 『小さなハイデルベルク』 長年ペアを組んで踊ってきた「船長」とラ・ニーニャ・エロイーサは、40年間もずっと口をきいたことがありませんでした。「船長」は外国人のため、周りの人間と話すことができなかったのです。過去については誰も知らず、当て推量から、船長はフィンランド人だということになっていました。ある夜、外国の若いカップルがダンスホールに現れます。船長はカップルの話す言葉が、自分の母国語だと知るや、彼らに話しかけ、通訳をしてほしいと頼みます。そして船長が発した言葉はラ・ニーニャ・エロイーサへの結婚の申し込みでした…。
 40年間もその国にいるにもかかわらず、言葉が全くわからないのはおかしい、という疑問はさておき、結婚を申し込むために40年間も待ち続ける、という、あまりといえばあまりにロマンティックなストーリーにもかかわらず、アジェンデの筆は実に可憐です。

 アジェンデの描くストーリー自体は、かなり荒唐無稽であるにもかかわらず、その骨太な人物描写により、リアリティが与えられています。その豊穣な物語世界は、至福の時間を与えてくれるでしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

はかなさと強さと  イサベル・アジェンデ『精霊たちの家』
20060715212957.jpg
精霊たちの家
4336024715

 チリの作家、イサベル・アジェンデの作品は、どれもファンタスティックな設定や風変わりなキャラクターを持っています。それにもかかわらず、飽くまで現実に立脚したリアリティに裏打ちされているのが強み。
 物語自体は空想的でありながら、現実の歴史や政治的な要素が強いのも特徴的です。処女作である『精霊たちの家』(木村栄一訳 国書刊行会)は、そんなアジェンデの特徴がよく表れた作品といえるでしょう。
 デル・バージェ家の娘であり、緑色の髪をした絶世の美女ローサと婚約したエステーバン・トゥルエバは、彼女にふさわしい財産を手に入れるために、鉱山で採掘にいそしんでいました。
 一方、ローサの妹クラーラは、精霊たちと話をしたり、予言をしたりする不思議な能力を持っていました。ある日クラーラは、自分の家に死人が出るだろうと予言します。そして、その予言は実現してしまうのですが、死者とは、なんとローサでした! ローサの遺体の解剖を目撃したクラーラは、ショックを受けます。

 沈黙の世界に入りこんだ彼女は、わたし、結婚するわ、と言うまで、それから九年間ひとことも口をきかなかった。

 ローサの死に絶望したトゥルエバは、農場の経営に熱中し、かなりの富を手に入れます。しかし、経済的な成功とは対照的に、彼の個人的な生活は放蕩無頼をきわめる一方でした。母親との死に際の約束から、結婚を決意したトゥルエバは、再びデル・バージェ家を訪れ、そこで美しく成長したクラーラと再会します。
 九年ぶりに口を開いたクラーラは、トゥルエバと結婚し、夫婦は宏壮な館で結婚生活を始めます。クラーラに惚れ込んだトゥルエバの放蕩も控えめになり、子供が生まれるにいたって、二人の生活は幸せなものになるかと思われました。
 しかし、彼女とその子供たちには数奇な運命が待ちかまえていたのです…。
 不思議な能力を持つクラーラと、その娘や孫たちの時代までを描く大河小説。デル・バージェ家、およびトゥルエバ家の人間を描くとともに、変わりゆくチリ社会そのものをも描こうとする、壮大なスケールの物語です。
 登場人物たちは、みなアジェンデ自身の家族をモデルにしたということなのですが、どのキャラクターも非常に魅力的です。そして、デル・バージェ家、およびトゥルエバ家の人間が、これまたどれも風変わりな人間なのが興味を惹きます。
 自己中心的で傲慢なトゥルエバ、恋に生きるクラーラの娘ブランカ、極端なまでの愛他主義者であるクラーラの息子ハイメ、放埒な生活から一転して宗教的な情熱に取り憑かれるハイメの双子の弟ニコラスなど、どの人物もオリジナリティあふれるキャラクターになっています。
 そして、その中でも、ひときわ輝いているのがクラーラです。神秘的な能力を持ち、すべてを見通すかのような落ちついた眼差し。屋敷や家族を見守り続ける、慈母のごとき彼女のキャラクターは、ひときわ物語を彩り深いものにしています。
 作者が女性だから、というわけでもないのでしょうが、基本的には女性のキャラクターに対して、筆が多く割かれています。クラーラ、その娘ブランカ、孫娘アルバの三人が中心になって物語が語られていきます。
 ストーリーの方も、変わったキャラクターに負けず劣らず、奇想天外なエピソードがつぎつぎとあらわれ、全く飽きさせません。ことに前半のクラーラの結婚前のエピソードや、美女ローサにまつわるエピソードなどは、ファンタスティックな出来事が目白押しで楽しめます。
 物語の前半が、非常にファンタスティックな色調が強いのに対して、後半に至ると、物語は現実的・政治的な要素を強めていきます。舞台となるチリ社会が騒然となってくるのに従い、登場人物たちもその社会に積極的にかかわるようになってくるのです。
 議員となったトゥルエバ、医者になったハイメ、政治活動家の青年に恋してしまったアルバなど、彼らはいやおうなく社会の動乱に巻き込まれてしまいます。
 アルバに至っては、政治的な活動にかかわったために投獄され、拷問までされてしまいます。そのあたりの現実的な描写はかなり精細で、ショッキングです。
 これに限らず、性描写や残酷描写などが、ぼかされずに、はっきりと描かれるのが目立ちます。それだけでなく、作品中には、貧しい農民の実態、差別される女性、残虐な軍隊など、現実の矛盾をかなりどぎつく描いた部分も散見されます。しかしそうした現実世界の不条理を告発するのがこの作品の主眼ではありません。あくまで物語のなかに、空想的な部分と現実的な部分が矛盾なく同居しているところが、この作品の驚くべきところだといえるでしょう。
 あと目に付くのは、作品の語りの部分。物語冒頭にクラーラがノートに文章をしたためている、ということが示されます。これは後世の人間がクラーラの手記を読んでいるという構成なのか、と思いきや、途中にいきなり老人となったトゥルエバと思しい男の一人称が突然はさまれたりします。
 結末で、その語りの秘密も明らかになります。語られてきた物語そのものが、ある登場人物の人生を支えてきたものであることが明かされるのです。そして、冒頭へとループする最後の文章を読んだとき、あなたは感銘を受けずにはいられないはず。
 人生の美しさと残酷さ、はかなさと強さとが同居した、驚異的な傑作です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する